深さ

ポゼッション形式トレーニング【守→攻】

教授法:ポゼッション
戦術的意図:保持
技術的アクション:パス/コントロール/サポート
戦術的アクション:横幅/深さ
状況:5対5+5

トレーニングの概要

5人組3チームによるボールポゼッション。ボール奪取後にスペースを最大限利用しながらのポジショニング→ボール保持をトレーニングする。

もっとみる
ありがとうございます!何か疑問などありましたらご連絡ください!!
1

「美学を貫け。」

映画・「HEAT ヒート」を観た。

犯罪組織のボス・ニールと
ニールを捕まえる為に奔走する刑事ヴィンセント。
犯罪のプロと捜査のプロというプロ同士の戦いを描いた作品。
大切な何かを犠牲にしてでも目的を達成させるという想いを持った二人の描写は、孤独で寂しく切ないけど一本の筋がしっかり通っていて渋く格好良かった。
男ってこうあるべきだなと思った。
とにかくアルパチーノとデニーロが格好良すぎる。
約3

もっとみる
ぱねぇ大吉
8

器用で貧乏

こんにちは!せらです!
8月はnoteをサボりがちだったので、今日から9月ということもあり、また細々と続けて行きたい思います。

今日のテーマは、ズバリっ!

器用貧乏について

器用貧乏という言葉を知らない人の為にも軽く説明しますね。
器用貧乏とは

器用に何事も一通りこなすことが出来るが、何か秀でるものがない

こんな感じですかね。これを良い意味として捉える人いれば、悪い意味として捉える人もい

もっとみる

カミングアウトをしようと思っているんだ。(1)


出来るだけ、人を驚かせないような形で、
最近、カミングアウトをしようと思っている。

9月にアメリカに行くことが決まっているから、
その前に、笑顔の写真と一緒にカミングアウトをしようと思っている。



「僕、トランジション(転換期)を迎えました」ってね。



人の人生には何度か転換期があるのだと思う。

凄く好きだったものに関心を示せなくなったり、
前まで、好き好んで食べなかったものが

もっとみる

#230 物事の広さと深さ-自分が進みたい道はどこか-

広さと深さの話。

物事には広さと深さがある。

自分自身が広げていきたいことと、深めていきたいところを決めないとなかなかうまくは前に進まない。

仕事もカメラも知識の幅は最近どんどん広がっては来ている。その中で、どこを深く掘り下げていきたいんだろうか。

最近は少し、そういったところで悩んだりする。

もちろん、目の前のことに向き合って一歩ずつ、一歩ずつ進んでいくことも大事だけれど、立ち止まって

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
12

深い会話がしたい

世間はお盆休みから開けて、今日からお仕事なのでしょうか。

「もうやばいよ〜。9連休もしちゃった!社会復帰できねぇ〜」という友人に、「ふっふっふ、私なんて1月から休んでるんだぞ。もはや休みのプロだぜ」くらいにふざけて言っちゃうくらいにはなってきました。(私の周りは本気で笑い飛ばしてくれる友人ばかりで、控えめに言って最高!!です)

人間って、目に見える部分だけじゃないなーーーーっていう当たり前のこ

もっとみる
大吉('ω')ノ
34

すっごく洞察が深い文章を読むと、焦る。

あぁ、私、ここに文章書いてていいんだろうか、と今朝から焦っちゃいました。すっごく洞察が深い文章を読んでしまったからです。

深いんですよね。その文章。

投稿ではなくコメント欄だったんですけどね。

なんか読んでて、この人は本当にすごいなぁって感心しちゃって、そして私の文章どうなの? 大丈夫なんだろうか? って不安感が生まれました。

人の文章にはそれぞれの魅力があって、きっと椿のもそれでいいんだ

もっとみる
今日も楽しくね!
46

制約つき試合形式トレーニング【前進】

トレーニングの概要

3つのゾーンに区切られた状態で行われる、制約つき試合形式トレーニング。グリッド内に5対5、また前線のミニゴール間に2人ずつ選手が配置されている。

戦術アクション「深さ」と「3人目」を活用した前進を目指す。

もっとみる

ポゼッション形式トレーニング④

教授法:ポゼッション
戦術的意図:前進
技術的アクション:サポート
戦術的アクション:横幅/深さ/3人目
状況:6対3+1

トレーニングの概要

3人組3チームによるポゼッション形式トレーニング。上下2ゾーンに分かれた攻撃側の2チームは、敵のプレッシングの状態を観ながらゾーン間でボールを移動させ、ボール保持を狙う。

もっとみる
ありがとうございます!何か疑問などありましたらご連絡ください!!
2

子どもを子どもだとあなどってはいけない。

歳下を歳下だとあなどってはいけない。

子どもだから、自分より下?
歳下だから、自分より下?

そんなことは無い。

刮目(かつもく)して見ることが大事。

※刮目(かつもく)=注意深く見る。注視する。

スキなんて、べつに嬉しくなんてないからっ😒 神様ほんとは嬉しい😌
2