綺麗な景色を
綺麗と感じられないことが

何よりも
ツライことって

ね♡

これまで何度感じてきたかな…

でも
それを知ってるから

きっと
綺麗な景色を綺麗と感じられる♡

ただ
それだけのことが
ただ
それだけのことではなくなって

何よりも幸せな瞬間だなって
気付かされる♡

自然の偉大さが
時に…苦しかったりね♡

今日は綺麗な空でした✨

世界が違う

私は私の世界に生きている。

私の世界は、
銀色の桜と、金色の竹が
道の端を並んでいて、
煌びやかな服を着た人が何人か走っている。
最先端の空飛ぶ自動車が空に列を作っており、
地上を歩く人はあまりいない。

あなたはあなたの世界に生きている。

あなたの世界は、
赤と黄のチューリップがたくさん咲いていて、
白いTシャツと紺色スボンを履いた人が
何百人と座ってる。
空飛ぶ自動車なんて飛んでなくて、

もっとみる
ありがとう♪(#^ー゚)v
8

運転席から見る遊園地

こんばんは、オレンジの象です。

さて、大学4年生の私は、遊園地でバイトしています。
他にも色々なバイトをしていましたが、作業的にも環境的にも、遊園地でのバイトが1番楽しくて、就職活動のネタとしても大活躍でした。
ちなみに乗り物担当で、列車を運転したり、空中ゴンドラをぶん回したりしています。

どの仕事でもそうだと思いますが、消費者側と作る側では、見える景色が違います。
私のところも、例にもれませ

もっとみる
んふふふふ、うれし〜〜です!!!
2

思考の森こそ我が聖域

未来は今考えている。
否、いつも考えている。
 
なぜなら、思考の森を歩くのが好きだから。
 
「思考に囚われるな」なんて言葉に囚われるわけがない。
 
思考の森は、私の秘密の図書館。
今日も独りで、この森を歩いている。
 
木陰に潜むお化けに出会ったり、木の根元に隠された宝石を見つけたりしながら。
 
そして時には、「無い」を「無い」のまま、形にすることなく考えながら。

(2017-7-27)

フォルァ!!(ノ*゚Д゚)ノ 【愛】
3

ただいま!

私はパワースポットと呼んでいる土地がある。それは東京都港区台場。いわゆる『お台場』と呼ばれる区域のことだ。私にとって、唯一にして最高に元気を貰える土地なのである。

初めて訪れたのは多分10年ほど前だったと思う。何で訪れたのかは忘れてしまった。それでもあの日から私がここに“縁”の様なものを感じ、この空気と景色に恋をして、来る度に幸せになれるのは確かだ。

本当はあと2駅先が下車予定駅だったのだけど

もっとみる
貴方に響いた事が私の幸せ
6

生きる世界見える世界

人それぞれ、一人一人生きる世界が違うと思う。
見える世界も違う。

私の世界は、視線がうるさい。

最近余計うるさく感じるようになった。

視線がうるさいとは何か。
それは、人の視線がレーザーのように見えて私の心を乱す。
リアルに目からビーム。笑
人が多くなればなるほど、レーザーに当たらない場所が無くなってしまう。

私にとって外で過ごすとは、視線というレーザーに焼かれながら過ごすこと。

スキ嬉しいです💗
4
また遊びに来てください!

無題

正直ゆう。
もう関わりたくないんだ。
変な人にも。おかしい人にも。
何が変なのか。何がおかしいのか。
価値観が違いすぎる。
ただ、静かな山奥の洋館で、有り余る本を読んで過ごしたいだけなんだ。
誰とも出会わず、誰とも関わらず、誰の人生にも影響を与えることなく、ただ毎日毎日、昇る朝日と沈む夕日に感謝して。
どうかもう、これ以上、私の邪魔をしないで。
私の平和で安全な場所に踏み込んでこないで。

Thank you 🐰✨
4

「変わっていたい私」と「変わらない君」<4>

出逢いは15年前。
私たち3人は、同じクラスになり、いつからだったかもう覚えていないけれど、気が付けばいつも一緒にいるようになった。

 

確かリクとは、中1の1学期にクラス委員に指名されたのがきっかけで、そこからなんだかんだ私の世話を焼いてくれていた。

あの頃からずっと、見た目は厳ついし、口数も少ない。
けど、誰よりも優しくて、人の世話をするのが趣味のような奴だ。

 

一方のユウキはお互

もっとみる
ありがとうございます☺
2