種子島でロケットの打上げを見る話

はじめに

 職場の前所属先に、特殊な理由によって旅行を繰り返す友人がいました。もし、何らかの分類が必要ならば、彼は「追っかけ」というジャンルに属するのでしょうか。

ロケットの打上げは、いいぞ。

今回は、彼の力強い言葉で種子島を訪れた「ロケット打上げの追っかけ話」です。

旅行金額: 約 70,000 円(東京✈️鹿児島の往復航空券, 現地での食費除く)
旅行日数: 2018/6/8 から 2

もっとみる

教科書にも載っていない出来事

毎年この時期になると思い出す一つの話。
母から伝え聞いた「戦争」の話。
私は戦争を知らない。
けれども、この国で戦争があったことは歴然とした事実だ。

私の命は、戦時中に祖母が闘ってくれたお蔭で存在する。
生きているということは紛れもない「奇跡」の連続。

どこの文献も教科書でさえ、こうとしか書かれていない。
ーー太平洋戦争末期、アメリカ軍は沖縄に上陸し、いわゆる沖縄戦を展開した。
しかしながら現

もっとみる

種子島・「あずまや」へ

思い立って種子島にいってきた。40年近く鹿児島に住んでいるけど初めて。行こうと思って調べてみるとトッピー(高速船)で1時間半、近いものだ。

種子島の目的はイベントで知り合った建築家の方が関わった宿に泊まること。それ以上でもそれ以下でもない。名前は泊まれる植物館「あずまや」

フェリー乗り場から車で15-20分ほど、小さな集落の中にある。

中はこんな感じ

入って左

入って右

キッチンも素敵

もっとみる

4月26日種子島観光~2019年春クルーズ(九州)

昨日、西之表港漁港岸壁に艇を着けてから、北西の風が強くなってきて、1晩中、そして今日も終日吹き続けている(強風波浪注意報)。
この港は名前通り西に開いている港で、沖合には長く頑丈な堤防が配され、漁港自体も新たな堤防で囲まれているが、やはり西に開いているのでまともに風が当たり、港内は風による三角波でバタバタしている。

俵フェンダー4本に加え、白フェンダー2本を入れているが、フェンダーそれぞれも苦し

もっとみる

4月25日種子島~2019年春クルーズ(九州)

2019年4月25日(木)10時、種子島「西之表港」に到着した。「油津港」は予定通り霧雨の中7時に出港したが、海上は昨日の強風波浪注意報の名残もあってうねり0.5m~1mを残していた。想定外だったのは「大隅海峡」の強い潮で、向かい潮3~5ノット位が長らく続いた。

西之表港は大型フェリーが使用する新港と旧港に分かれるが、プレジャーボートが着けられるのは旧港(漁港)である。あらかじめ、漁協に連絡を取

もっとみる

鉄は熱いうちに打て 梅木本種子鋏製作所

前回、紹介させていただいたstudio KANROの内野さんが案内してくれた鋏の製作所です。普段はハサミを作っていらっしゃいますが、あずまやではカーテンレールや宿のサイン等いろいろ手がけていらっしゃいます。

「けっこうすごい職人さんで・・・しかもここの鋏は東京(おそらくごく一部の店舗)とスイスにしか売ってなくて」

けっこうすごい職人さん、、そんなところに気軽におじゃましていいものだろうか。カメ

もっとみる

studio KANRO  内野康平さん

先日紹介した種子島にある泊まれる植物館「あずまや」に滞在中に、ポートレート撮影会をさせていただきました。種子島の方々にあずまやにある好きな植物を選んでいただき、その前で撮影。

「これはとてもいい企画だと思ったんです!」と笑顔で言ってくれたのは、あずまやの管理人でありリノベーションを担当された、studio KANROの内野康平さん。理数系の一級建築士。どこか、なんとなく敷居が高い肩書き。でも内野

もっとみる

種子島にある泊まれる植物館「あずまや」

おだやかな坂道をゆっくりと車を走らせる。ある一角だけ植物たちがうっそうとしていたのですぐにここが泊まれる植物館ということがわかった。

指定された場所から鍵をピックアップして(と言ってもフロント係りのような人はない)ガラス張りの扉を開ける。

その瞬間子供に戻りました!わーい!

なんと目の前にブランコがぶら下がってるじゃないですか

荷物そこら辺にポイポイって置いて、速攻ゆられる・・・延々と。

もっとみる

渋谷deお国自慢

2019年5月2日(木)18:00-18:55放送

00:00 | 00:30

\令和最初の『渋谷deお国自慢』/
 第1木曜日は渋谷のシネマ🎬

ゲストは、喜多一郎監督と女優の南美沙さんです。

谷監督のオススメ映画
『ライフ・オン・ザ・ロングボード2nd Wave』(喜多一郎監督)をご紹介します。
5月31日 新宿バルト9ほかにて公開です。
http://www.lifeonthelongboard2.com/

📝トピックス
□ゲストの皆さんの撮影秘話
□映画の見ど

もっとみる