自分ごと

自分の立ち位置で見え方が違う。

香港の件にしても、ウイグルの件にしても、むしろなんにしても、それぞれの正義があって、それぞれの正義によって見える景色が全く異なる。自分事ではないことに対して、第三者がどちらかの側に立つことって不自然に思える。「自分事だと思って共感力を鍛えて云々」というのは本当に難しい。

香港の件

香港はデモ隊と香港政府側の正義がぶつかっている。デモ隊から見れば、政府警察が市民に催涙弾やゴム弾を発射することがシ

もっとみる

娘との関係を自分でなんとかできるって思っていた、そんな前提が間違っていた。

わっかという団体で居場所づくりをしているんだけど、その活動報告会で、活動をはじめた個人的な思いをしゃべった。まあ、ときどき喋る機会はあるので、はじめて話したというわけではないんだけど、ふだん僕のことを知っている人の前で話したので、知らない人たちの前で話すよりも、ちょっと緊張もした。

報告会を終えてみて、あらためて僕は、自分の娘と過ごす時間がしんどい、ということに気づいて、じたばたしていたことが、

もっとみる

書籍出版への道 その1

前々から自分が書いた書籍が欲しい!出版したい!と考えているにも関わらず、何から始めたらいいのやら・・・
ネットで検索すると出版に関する記事は色々出てくるのだけれども、情報量が多い!!
そして、関連記事には広告も多いので、疲労感半端ない!!
故にどんどん重くなる腰。。。

ああ〜どうしたらいいものか。

でも、今日はすでに3冊出版していて、失敗も成功も経験している方をご紹介いただき、色々とお話を伺う

もっとみる

不意に来た手の痺れを、私は"怖い"と思った

子どもの頃に見たドラマ。

その中で、何もなく平凡に過ごしていたのに、大人になってから急に病に陥るようなドラマがいくつかあった気がする。

当時の自分は、

それをただドラマとしてしか見ていなかった…

現在、23歳。もう私は大人になった。

今日は仕事が21時ごろに終わり、電車に乗っていた。

席が空いていたので、座ってぼーっとスマホをいじっていた。

そんな時、急に左手が痺れた。

何もしてい

もっとみる

ハンドルを握れば誰しも加害者になる可能性がある!

昨日のnoteがこちら

まぁ、1日経つと私も酷いことを書いてます。

殴ったところでどうにもならんのにね。

さて、決してあおり運転をした人に直接関係のない私がとやかく言う筋合いはないという事を踏まえて、私の考えの本質はタイトルの通りです。

という意味でも、昨日のタイトルと本日のタイトルは繋がってくるかと思います。

目の前で起こる事は「自分ごと」に考えることは当然だが、相手の気持ちに寄り添う

もっとみる

人は自分のプレーエリアのことしか、自分ごと化できない

昨日子供のサッカーを見てて少し理解できたことあったので備忘録に。

人間って自分にとってのプレーエリアがあるということに気づきました。サッカーで「ボールウォッチャー」という状態があるのですが、あれって本人はウォッチしてるというよりは自分のプレーエリアに入ってないから自分ごと化されてない状態なんだなと。やっぱり視野が広くフィールド全体を見渡せてる子、すなわち自分のプレーエリアが広い子の方が常にそのポ

もっとみる

「世界に対して伝えたい大きなVISIONが必ずある〜誰もが自分の軸で生きる境界線のない社会へ〜 WORLD ROAD代表 平原 依文さん」

今回は、WORLD ROAD代表の平原依文さんにインタビューしました。

◼︎プロフィール
出身地: 東京都目黒区
活動地域: 日本、世界各国
経歴: 「当たり前がない世界を探求するために」小学生から単身で中国・カナダ・メキシコ・スペインに留学。医療関係で仕事をしていた父親の影響でジョンソン・エンド・ジョンソンに就職。「自分にしかできない世界にもたらしたい価値とは何か?どんなことに一番情熱を持って

もっとみる

シカテ断捨離ランドとはなんだったのか(後編)

2019年5月18日に開催したシカテ断捨離ランド

開催前の段階から、内外問わず「それってなに?」みたいな声をたくさんもらっていた。
その答えを記録すべく、ここに書きます。
※この内容は2019年7月15日に開催した「シカテ断捨離ランドとはなんだったのか」を元にしています。

前編までで、この企画の開催までの流れを書きました。

後半はシカテ断捨離ランドとはなんだったのかを書きたいと思います。

もっとみる

The Article of the Day!今日本に必要なのは、ビジネスでもパーソナルでも、新しいビジョン。

日経新聞の記事からhttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO47884170X20C19A7EA1000/?n_cid=BMTR3P001_201907272100
AI革命、八百屋の執念で 孫正義氏が描く未来 【未踏に挑む】

ソフトバンクが、新たなファンドをリリースするという。その報道に対し、日経のインタビューに答えた孫正義氏の言葉を紹介します。

「やばいと認

もっとみる

シカテ断捨離ランドとはなんだったのか(前編)

2019年5月18日に開催したシカテ断捨離ランド

開催前の段階から、内外問わず「それってなに?」みたいな声をたくさんもらっていた。
その答えを記録すべく、ここに書きます。
※この内容は2019年7月15日に開催した「シカテ断捨離ランドとはなんだったのか」を元にしています。

私が追い求めていること

住まいのある地域に自分と他者とのつながりが欲しい。
しかも、
お金とか仕事とか関係のない楽しく、

もっとみる