依存症 逃避ぐせ

先日いつもの精神科に家族相談に行きました。

家族相談と言うより、私が今夫によって追いつめられていること。

思考能力がなくなっていること、会社も休みがちで死にたいと思っていることを伝えました。

先生から、私には何か困難があれば逃げる癖と、依存する特徴があるとのこと。

それは昨日今日始まったことではなく、成長過程でついたものであること。

依存に関しては私は人に依存しているとのこと。

自分で

もっとみる

【第3話】心の違和感を無視していたら心身が壊れたお話~俺は救世主~

自己愛性人格障害と思われるモラハラだった元カレAと、再婚を前提にお付き合いしていた3年間。

違和感を我慢して自分の心を見て見ないふりをしていたら、結果的に心身が壊れ心療内科へ駆け込むことになりました。

別れてからは憎しみというトラウマに心を囚われる日々。

そんな、私のお話です。

------------

第1話はこちら

SD(Post Traumatic Stress Disorder

もっとみる

夏の終わりに

noteも書き始めて1年
あまり前向きな話題でないながらも、少しでも悩んでる人の参考になればな、と思っている

半年程前から、毎月決まった時期に半分酔った勢いの留守録が入るようになった
その中には、私がいい意味で期待する文言が一切なく、彼の本性を出してくれている
そのお陰で、私は二度と同じ事は繰り返さないと戒めにもなっている(ありがたい...のかな)

内容は割愛するものの、やはり自分がしてきた事

もっとみる

先生の治療方針として、夫婦感の問題に固執しないよう、どうも子どもの話題に意識を移して、なし崩し的に解決させたいように感じる。でも確かに、主人は子どものためという名目なら、「良い父親像」を保とうとするし、素晴らしい自己像を誇示しなくてもいい。言動が「普通」に寄ってくる可能性はある。

とりあえず今世は離婚を我慢して生きたとしても、来世は絶対に主人とは結婚しない。自己愛性パーソナリティ障害の要素がある人とだけは、絶対関わらない。

がんばれって言わないで

もう、すでにいっぱいいっぱい。

これ以上ないやろってときに

がんばれって言わないで。

どうやってこれ以上がんばればいいのか。

昨日心療内科、飛び込みで初診で行ったけど

思考能力もない私に自分で決めるしかないなんて、言わないで。

言われなくても分かってる。それが出来なくて病院に行ってるのに。

NPDの夫に不当に傷つけられている。その想いに浸っても解決しない。頭痛や不調が続くだけ。なにを言われても、自分にも相手にも同じだけ価値があるんだ、と信じるだけ。そして自分の課題と向き合う。主人との関係に進展があるのなら、この方向にしかない。主人を変えようとすることに未来はない。

自己愛性パーソナリティ障害(NPD)の旦那に仕事内容について聞いてみた

詐欺ビジネス?とは言わないまでも、人の価値観は様々なため、世の中にはたくさんの種類の「ビジネス」が存在します。今回は。NPDの主人の仕事内容について。

1.妻が旦那の仕事内容を理解して尊敬できないのはおかしい

正直、私は主人の仕事内容がよく分からない。仕事を手伝ってはいるものの、いまいち疑問が尽きない。良いことをしていて、お客さんにも喜ばれている。それも事実。けれど、サービスの「中身」について

もっとみる

「自分は絶対悪くない」他責の自己愛性パーソナリティ障害

思春期の頃。友人に「嫌いなことってなに?」と聞かれたことがありました。

「誰かが誰かのことを嫌うこと」

今振り返れば、境界性の症状が明らかに表出してくる直前の時期、私は常に周囲で起こる小さな出来事に、いちいち傷ついていたのを思い出します。

自責と他責

傷つきやすい。これだけ聞けば「HSPでは?」とも思うのですが、実際はHSPの人のような「悲しみ、自責の念」という傷つき方ではなく、「誰も私の

もっとみる

悩みを解決する方法

一生これに苦しみ続けるんだろうと思っていた悩み事が「勉強と実践」でちゃんと解決するのだということがわかってきた。

問題を解決する方法は大きく分けて

・これはどういうもの?を知る
・だからこうしよう!を考える

のふたつだ。

たとえば今は心の状態について名前がついているものがたくさんある。ぼくはその中では「自己愛性パーソナリティー障害」の部類に入ると思っている。

自己愛性パーソナリティ障害と

もっとみる