「北齋漫畫」を見て来ました~ッッ☆彡【後編】

かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の生き様を描いた舞台ゆえ、甚だ程度は違えども(笑)絵を描く龍氏にとって、台詞のひとつひとつがイチイチ刺さること刺さることッッド━━Σ(ll゚艸゚(ll゚艸゚ll)゚艸゚ll)━━ン!!
※正確な台詞回しマデは覚えていないので、以下の台詞は雰囲気DEATH★彡

「たとえ誰かの真似をした絵しか売れないとしても、
自分にしか描けない絵を描きたい!!」
北斎

「絵や本なん

もっとみる
あなたのレベルが1から3に上がった!!※個人差あり。
4

「北齋漫畫」を見て来ました~ッッ☆彡【前編】

過ぐる6月15日の土曜日、学校安全情報メールから「不要不急の外出は控えて下さい。」とのお達しの出る勢いのド荒天の中(死)、TOKYOは新大久保にあります「東京グローブ座」マデ行って来ました~ッッ☆彡

電車が止まるやも知れないリスクを承知で(死)、出掛けた目的がコチラッッ☆彡

関ジャニ∞の我が推し♡横山裕きゅんの主演舞台☆葛飾北斎の生き様を描いた「北齋漫畫(ほくさいまんが)」を見て参りました~ッ

もっとみる

エリートの、ふりしてアート「北斎が引用されたモチーフは?」

LIFE誌が1999年に「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」で日本人で唯一選ばれたのが、葛飾北斎です!

今回は、葛飾北斎の作品が西洋にどのような影響を与え、誰に、どのように引用されたのか、画像で比較しながら見ていきましょう。

下記の記事にもあるように、アートを鑑賞する際、作品に含まれているモチーフを読み取り、それを繋ぎ合わせ、その作品を理解することが、アート鑑賞の醍醐味

もっとみる

フーリア美術館の北斎展

今日はすみだ北斎美術館の
「スミソニアン協会 フーリア美術館の北斎展」へ。
門外不出とされる肉筆画13点を
京都文化協会とキャノンが推進する社会貢献活動、
「綴プロジェクト」が高精細複製画として再現。

「玉川六景図」の研究の章から始まり、
畳に座って観賞できる「富士田園景図」など
最新のデジタル技術を駆使した作品の展示。
いつもとは違う趣でとても迫力があると同時に、
いつまでもそこで眺めていたい

もっとみる

はじめまして、まゆみめがねです。

街歩きガイド まゆみめがねこと、ふくだまゆみです。
今回はなぜ私が街歩きガイドを始めようと思ったのか、をお伝えします。

私が生まれ育ったのは三ノ輪という場所。
映画『万引き家族』で映っていたアーケード商店街、
といえばピンとくる方もいるかしら。
チンチン電車ー都電荒川線の走るのどかそうな場所ながら、
あしたのジョーで有名な山谷のドヤ街や(新)吉原、
南千住、三河島などが近い、どことなく混沌とした

もっとみる

全日本川柳大会

尾藤川柳先生が、北斎が400の川柳を残していると。卍などの名前で。当時の文化人のサロンに句会がなっていた。北斎。都々逸坊。いろいろな人たちの交流があった。
 それを知ると北斎の絵の発想が川柳のように感じられる。

小学校四年生の杉山優羽さん
お母さん胎児と握手動いたよ

小沢渡
背景の富士が気品を問うてくる

荒川霜石
イエスマンばかり選んだ泥の舟

などが印象に残った。

春画 部

今年2月末に「日本近代史のウラ側」という書籍を幻冬舎から出版しました。
明治期に、曾祖父祖母がハワイを中心に、大陸まで貿易業をしていましたが、非公開な(超レアな)歴史資料が多数残っており、それをひも解きながら、歴史家ではない僕の視点で綴ったものが、この書籍の特徴です。

おかげさまで好評です^^

それは置いておきまして・・・

やはり、歴史は面白い。

どこにテーマを置こうかな?と、天下分け目の

もっとみる

北斎4点セットがついてくるモノマスター7月号は優勝している

タイトルの通りなのだが、きょう駅前の本屋に立ち寄ったら北斎の神奈川沖浪裏トートが目に入った。モノマスター7月号の付録のサンプル。

もともと本屋にはトイレ目的で入ったから(駅のトイレはどうしても汚い)本を買う気、物色する気すらなかったけど 波富士バッグ持ちたくて買っちゃった。

よくみたら付録4点で1200円。升毅とおそろい。やったじゃん

ねえこれとっても可愛いよね。うえのほうがシースルーの切り

もっとみる

葛飾北斎とローランド・ハナ。異才の芸術家が訪れた長野県・小布施町

おそらくは歴史に残るであろう「10連休」。いつも計画性のない私ですが、今回も連休直前に予定を組んで、たまたま宿を取れた長野に向かいました。

訪れたのは県の北東にある小布施町。このところ大規模な展覧会で話題の葛飾北斎が80歳を越えて初めて訪れ、すっかり気に入った土地だと知って興味を持ったのです。

実際、魅力的なところでした。江戸時代に千曲川を利用した舟運のまちとして栄えたそうですが、立派な旧家が

もっとみる