30代会社員の佐藤と派遣社員の諸岡のコンビ「田中」がお送りする愉快なネットラジオ。Vol.02-2です。

7月も半ばに差しかかろうというのにGWの話題で申し訳ありません。今回は葬式ラッシュの佐藤に襲いかかる歯医者からのプレッシャーの巻です。

<今回の内容>
・怖い歯医者の話

「かなしいのはカレーばかり続くこと」では皆様のお悩みを募集しています。佐藤と諸岡が誠心誠意お答えしますので、以下のアド

もっとみる

【日記】中国でおばあちゃんのお葬式に行ってきた

6月半ば、おばあちゃんのお葬式に出るために中国に行ってきた。

おばあちゃんちは鄭州から車で2時間ほどのガチ田舎。
村の周りは見渡せる限り畑で、毎年小麦ととうもろこしを交互に作ってる。

写真は9年前、焼き畑農業の取締がきつくなる前だったから煙かった。
今は罰金が厳しいからだいぶ空気がよくなってる。

おばあちゃんが亡くなったのは金曜日の深夜で、わたしが着いたのは火曜日の夕方。
母はわたしより3日

もっとみる

19歳のお葬式

どうしよう。

あと数時間で19歳が終わってしまう。

実際なにも変わらないのは分かっている。何を失うわけでもないし、むしろ得るものの方が多いと思うけど耐えられない喪失感に襲われている。

「ない」という未来が奪われるのだ。それは不可逆でもう二度と戻れない。

今までに同じ気持ちを二度味わったことがある。

初潮とピアスだ。

前者のときに食べた赤飯は本当に味がしなかった。祝われるなんておかし

もっとみる

ヒューマン・コンポスト〜火葬という環境破壊〜

マンハッタンのDeath Lab(死の研究室)

ニューヨーク、マンハッタンにあるコロンビア大学に「Death Lab(死の研究室)」があるのをご存知でしょうか。

死を研究、と言っても、医療とか倫理とかではなく「建築」からのアプローチです。超高層ビルが立ち並び人間のひしめくマンハッタンでは、毎日数百人の方が亡くなりますが、埋葬するのに十分な土地がありません。そこで、都市における新しい埋葬のあり方

もっとみる

こんな人生来世に期待するしか他にない

僕は歌手になりたかった。けれど、無理だろう。

僕は小説家になりたかった。けれど、無理だろう。

僕は勉強が出来るようになりたかった。けれど、無理だろう。

僕は人間になりたかった。けれど、無理だろう。

きっと誰かが言うだろう諦めるなと努力していないからだと、しかし、僕も17年も生きていれば大抵のことに対して理解しているつもりだ。何がダメで良い事かの区別位は出来る。その立ち位置に立ってしまったの

もっとみる

生きる意味を考える

皆さんが、生きていると実感すると感じる時はいつでしょうか?

多くの方が、「人とのつながり」を感じた瞬間に経験するのではないでしょうか?

生きている限り、他の人とのつながりは切れるものではありません。

たとえ、その方が亡くなったとしても、想い出は心の中にあるはずです。

物理的なつながりがなくなる時、その方との想い出を形にするのが葬儀社の役割ではないでしょうか?

生きる意味を考えた時に、死と

もっとみる

弔いは祭り

先週末、祖母が亡くなりました。
日曜日に通夜、月曜日に告別式を行い、無事祖母を送ることができました。

うちでは10年ごとに喪がやってきています。
平成10年に祖父を亡くし、平成20年に母を亡くしました。
次は平成30年かなとふんわり思ってみたりして、いやいやいや元気でいてくれるならいつまででも長生きしてちょうだいと思っていたところ、気づけば30年は終わっていて、令和元年になりましたね。
結局なん

もっとみる

お葬式のCMに対する違和感

松山千春さんに罪はないけど、某会館のお葬式のCMがどうも苦手で、でもその違和感の理由が分からなかったので考えてみました。

お葬式なのに遺族がやけにすっきりした顔をしてるのが嫌なのかな、とか
故人がみんな体育会系だから嫌なのかな、とか
何か嘘くさいから嫌なのかな、とか

色々考えたんですが、どれも正解のような気もするし、不正解のような気もするのです。

例えば自分が故人だとしたら、お葬式に出てくれ

もっとみる

生前メッセージ動画サービス再び!

数年前に老人ホームに提案して粉砕した企画を今年から復活させております。

内容としてはご高齢の方などの配偶者やお子さま、お孫さま、お友達に対して動画のメッセージを残しておこうというもの。基本料金は¥50,000(遠方の場合交通費宿泊費別途)で、インタビューとそのインタビューに合わせて写真10枚程度が挿入されます。
 以前某老人ホームに企画を持ち込んだ時には「老人が亡くなるのを待っているようなイメー

もっとみる
スキありがとうございます!そんなマニアックなアナタ、大好きです!
20

明日病院に行きます

珍しく弟から連絡があったと以前に書いた。
ちょっとメールのやり取りをして、意外と危ないのでは、という結論に至った。連絡してくるくらいなのだから。

水曜日休みでその日まで延ばそうかとも思ったがやっぱり休みにしてもらっって明日行くことにした。

あ、この文章始めて読む人にはよくわからないですね。

めったに連絡し合わない実家の方から連絡があったんです。しかも弟からで、弟からの連絡なんてはじめてで、連

もっとみる