万景台観光記念品展示館

朝鮮を訪問する観光客の誰もがよく訪ねていく所がある。それは万景台観光記念品展示館である。

首都平壌の光復通りにあるこの展示館は、観光客に朝鮮の特産品をサービスしている。

展示館には、開城高麗原型人参、開城高麗人参茶、開城高麗人参酒などの開城高麗人参製品と、神仙炉、チェンバン(盆)、匙・箸、茶碗などの真ちゅう製器、民族工芸品である人形と刺繍、屏風、陶磁器、編組工芸品をはじめ150余種の特産品があ

もっとみる

旅をして『じぶんの暮らし』で思うこと

帰国後、街を見渡すと、ふと思うことがあります。

街にはたくさん

行動を制限し、注意を促す看板やサインがあることに。

高さに注意しないとならないときには見えない気もします。

注意がたくさんありすぎて、環境の1つになっています。

それはもう...『注意』していないのかもしれません。

いろんなものを禁止しています。

だから秩序や清潔が保てているのかもしれません。

ただ、はじめて訪れる方は

もっとみる

2019/6/16 午後16時15分頃のブラブラ

あまりに雨の日が続くので「このまま秋突入ありうる?」
なんてことも考えてしまっていたのですが、ようやく梅雨明けが見え…
天気予報が雨の時には可能な限り出かけないことにしている自分としては、「やっとでかけられる~」というのが本当に正直な気持ちです^^;

そんなこんな…
先月中頃、用事の帰りにブラブラして東京駅前の様子を見に行ったついでに撮影したものをド・マイペースでお送りいたします。

こっち側か

もっとみる
スキのリアクションありがとうございます!励みになります^^
1

『外国人観光客、過去最大!』を素直に喜べない理由

安倍政権も、観光業界も、そろいもそろって言うこの言葉・

「外国人の観光客が過去最高です!」

しかし、ちゃんと経済のことを知ると、これがそんなに喜ばしいともいえないことがわかります。この現象は、一言でいうと『日本の格安セール』に寄せられたお客さんが外国人観光客であるといえます。

貴方の給料が10年前30万だったのが、今は60万円ももらえている。だけれど、高級寿司は変わらず一貫千円だったとして、

もっとみる

日本人お断りのラーメン店の論点

沖縄のラーメン店の店主が、マナーが悪いとの理由で日本人の来店を禁止したことが話題となっている。賛否両論るのだが論点はそこか?と、言う話。

*写真のラーメンは話題のラーメン店のものではありません。

2種類の意見

反対か賛成か日本人のマナーが悪いのか店主に問題があるのか?という2つの意見ではなく、実は人のせいにするのか自分の反省にするのかの2種類の意見の対立だったりする。日本人のすべてがマナーが

もっとみる

外国人と外人の言い方について、

今の日本は外国人が沢山訪れ、あるいは日本に住んでる人もいる。

自分は海外に興味があり、YouTubeで海外の動画をよく見る。

自分が今まで見てきた動画で思った事は、外国は日本と比べて、差別的な事に敏感だ。

その差別的な問題が沢山ある中で、身近に直すべき事は、「外国人」と「外人」についての言い方だと思う。

外国人は、日本から見て国の外の人と言う意味で捉えることが出来やや柔らかい言い方だと思う

もっとみる

シモーヌの場合は、あまりにもおばかさん。----ヴェイユ素描----〈4〉

それぞれの場所や環境、あるいは人間関係によって、直面するその現実が「地獄と極楽ほどにちがってしまう」(※1)ような運・不運、もしくは偶然に労働者たちの日常のつらさや苦しさは左右されているのだ、ということ。しかし一方で、それを彼ら自身は「選べない」のだ、ということ。彼らに選択が許されているのは、「それを受け入れるか否かだけ」であり、もし受け入れないことを選択すれば、「もっとつらいこと」が待っている。

もっとみる

稼げる民泊事業が増加の一途

2018年6月15日に住宅宿泊事業法が施行されました。俗に民泊新法とも呼ばれるこの法律は、成立前から不動産投資家や不動産業者の注目を集めていました。同法上にもとづく民泊事業者の数は増え、当初の期待どおりに宿泊者数も伸び続けています。その背景には何があるのでしょうか。

もっとみる

「全国通訳案内士」の国家資格を持ち、京都の観光案内も出来るタクシー運転手、しまんちゅさんの体験談

京都でタクシー運転手をしている
しまんちゅさんの体験談!

全国通訳案内士の資格を持つしまんちゅさん。
この資格を持つ方は全国で約2.5万人(2018年時点)しかいないことを知りビックリしております。

全国通訳案内士とは、、
観光庁長官が実施する国家試験「全国通訳案内士試験」に合格して、報酬を得て通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内を行うこと)を行うことを業とする職業。

もっとみる
あなたはだんだん、タクシーが好きにナール、僕も好きにナール
7

チップの文化がない日本でも頂く機会の多いタクシー。そんなタクシーでのチップのエピソードを三つ紹介!

日本人にチップを払う文化はない。

普通に生活していたら
チップを払う機会なんてほとんどない。

そんな日本の中でも、タクシーはチップを頂くことが多いサービスだと思う。

そんなタクシーのちょっとしたチップのエピソードを3つ紹介

外国人観光客のチップ

外国で、チップが文化の一つであることを知っている人もいると思うが
外国人観光客はほぼみんなと言っていいほどチップを払う。

それも、豪快に!

もっとみる