誤報

いずれ明らかになる事実を先んじて報じる意味はあるの? - 朝日新聞誤報問題より - /2019/07/10 AbemaPrime出演まとめ

▼当日の記事

▼オンライン発言

▼放送中の発言

宮澤エマさん「勝負に振り切ったことによって得るメリットってなんですか?」

新田哲史さん(アゴラ編集長)「はっきり言って書いた記者の評価が上がるだけ。」

自分「実際問題その何時間後に方針自体が出てきちゃうわけじゃないですか。3時間早めてある意味大本営の発表を待たずして、メディアが報じて後追いで発表されたところで情報を受け取る一般人からしてみれ

もっとみる

昨日の香港・沙田デモについて 香港魂さんの投稿をシェアします!

facebookで日々香港の様々な情報を日本語で発信している香港の香港魂さんの投稿をシェアします!

7/15投稿 香港魂

遂に臨界点に対しています。
次にデモ隊か警察らから死者が出てもおかしくない。

そして、日本は相次いで誤報しています。
私は強く抗議します。

≪≪ショッピングモールを占拠しようとしたため、重装備をつけた警官らが催涙スプレーや警棒で排除に乗り出し、一部で激しく衝突した。≫≫

もっとみる

「雨傘運動は過激に」は毎日新聞の誤報でした。

わたしが「毎日新聞社取締役 小川一さんへ」で指摘した、小川さんの「雨傘運動は過激になって失速した」という発言は、毎日新聞外信部の誤報記事を発端とした発言であることがわかりました。こちらではその担当デスクとのやりとりをまとめました。

(このポストは、「毎日新聞社取締役 小川一さんへ」の続きです。やり取りの詳細はそちらに書きましたので、まだの方は先にそちらをご覧ください。)

●「雨傘運動が過激にな

もっとみる

「香港デモ=若者」の報道はやっぱり間違いだった

先週、香港で開かれたあるサロンで中文大学の李立峯教授が明らかにしたサンプル調査統計によると、

 6月9日(100万人デモ)の参加者のうち30歳以下は44.5%、
 16日(200万人デモ)では同57.1%、
 17日(政府ビル包囲)は同81.4%、
 21日(警察本部ビル包囲)では同91.7%、
 26日(夜間セントラル集会)は同75.8%

だった。

つまり、9日のデモの時に日本メディアの多

もっとみる

天安門事件で人はひとりも死んでいない?広場の外にいた逃げた記者の誤報、西側メデイアのフェイクニュースだった?

天安門事件

シェア大歓迎です。
天安門広場では「学生は1人も死んでいない」という池上彰さんの講演での発言を批判されるTweet が多いのを見て、現場にいた私はこれを書かないわけにいかないと思いました。
池上さんの発言は正しいし、広場内に残っていた私が知るすべてのジャーナリストに共通しています。
1989年6月3日夜に、まず軍が天安門に広場に入るところから始まります。最初に入って来たのは装甲車でし

もっとみる

書評:開拓使官有物払下げ事件、あなたは正しく理解していますか?-『明治史講義』を読む。

開拓使官有物払下げ事件、その教科書的理解

前回、『明治史講義【テーマ編】』(ちくま新書、2018年)の書評という形で、日本の開国年について論じた。一般に、高校の歴史教科書などに書かれた、通説にしか触れてこなかった人にとっては、目から鱗が落ちるような感覚を味わった方も多いのではないか。

そこで今回は、筆者も『明治史講義』を読むまでは誤解していた「開拓使官有物払下げ事件」をめぐる事実関係について、

もっとみる