【3】諦めるって悪いことだけじゃないよ(まとめの感想戦)

このマガジンでは、せらせらとオルくんが交互に1つのテーマについてエッセイを書いていきます。今月のテーマは「諦め」。

3週目の今週は、それぞれのエッセイを読んで振り返り、研究・検討をしてみます。

まずはこちらをどうぞ!

ーーー

ポジティブな諦め

オル:今回は「諦め」だったけど、ひとまず感想は?

せらせら:私たちふたりともだったけど、諦めって結構ポジティブなんやな!と思いました。

オル:

もっとみる

芸術の感性

折角のイメージを
表せないもどかしさ

すべての自ら感じた
素晴らしく美しく思う
イメージに
現在は
表すのが難しくても

いつかは
きっとと想い
続ける。

あのイメージを
表すことが出来たなら
それを考えることでも
楽しいから

私はきっと
諦めたくない。

努力しても叶わないなら努力すれば良い

こんにちは、冨田です。

「努力しても叶わないなら努力しない」「努力しても叶わなかった」きっとそれは努力の量が足りないからです。

僕自身、努力というワードは常に考えていました。「どれだけ努力すれば良いのか」「本当にこの努力は合っているのか」そんな気持ちでした。

僕は今、起業に向けて毎日奮闘中ですが、正直この努力は合っているのかどうか結果が出るまで不明です。ですが、努力しない事には何も変わらない

もっとみる

【3】捨てない諦め

ある想いを保持するという選択と捨てるという選択があったとき、諦めるというのは後者のことを指すのだろうか。諦めること=捨てることだけを意味するのかを考えてみたい。

過去の諦め
 僕は周期性ACTH-ADH分泌異常(現在はもしかしたら違う名前で呼ばれているかもしれない)という病気で入退院を繰り返していた時期がある。幼稚園の年長から小学校を卒業するくらいまでの時期だ。
 中学に入ると入退院はしなくな

もっとみる

「夢の力で未来を切り拓く」株式会社 和未コンサルティング代表取締役 小林未千さん

もともと無関心無感動で、「ダメです」「無理です」「できません」が口癖だった自分からこのままでは年を重ねた時どうなるんだろう!?と、そこから生き方を変え、気が付けば営業のトップセールスにまで昇りつめていき、今度は人を育てる所にまで至った自身の経験を生かし現在コンサルタントをされている小林未千さんにお話しを伺ってきました。

小林未千(Kobayashi Michi)さんプロフィール
出身地:香川県高

もっとみる

「成功する人=続ける人」です。

だからこそ「ネバーギブアップ」という言葉があるのです。

続けるには、いつも全力で走っていては途中で倒れてリタイアします。だから歩いたり休んだりしながらも、地道にコツコツと続けるんです。俺はどんな分野でも20年続けたら一流に成れると思ってます。

「消え天才シリーズ」日本代表FW大久保嘉人のライバル川田和宏

20年間のライバル関係

大久保といえば、高校サッカーの名門、長崎の国見高校出身で、日本代表としてW杯にも出場し、スペインリーグに挑戦したり、未だ現役で通算ゴールは184を記録するなど、日本を代表するストライカーです。その大久保は高校時代、ライバル視し過ぎて会話さえしなかったライバル「川田和宏」という存在がいました。名将小嶺監督も、その才能を天下一品だと認め、いずれプロとしての活躍を期待していたそ

もっとみる

【3】諦めてからがはじまり

このマガジンでは、せらせらとオルくんが交互に1つのテーマについてエッセイを書いていきます。3ヶ月目の今月のテーマは、「諦め」です。

ーーー

これまでに諦めてきたことは一体いくつあるだろう。たくさん諦めてきた気もするし、もう諦めたことさえ忘れてしまった。それでも諦めという感情は、深いところで私を突き動かしている。

諦めるのは悔しい

1年前、私はオーストラリアの聖地・ウルルに行くことを諦めた。

もっとみる

とことんアホだから諦めが悪いのかもしれない。

#すももタルト
.
.

昨日

税務署の
無料サービスで、
税理士さんが
来てくれてん。

帳簿の記入指導。

ない頭振り絞って
やって来た中で
やっと
プロに聞くことができた!

けれど
オープンして9ヶ月
やっぱりアホで
手をつけるべきこともわかっておらず
出来ていないことがたくさんで

また1月分から見直しております。

アホすぎて怒りを自分に覚える(T-T)

菓子だけ焼いて
必要な人に

もっとみる