身分制度

インド人とマウンティング

あなたはインドで水が買えるだろうか。本日のお題です。

売店で水を買う。そんな実になんでもないことが普通にできない。インドを知る人なら「ああ」とピンとくる事象かと思います。

1) 客がほかにおらず
2) 店員がスマホで動画に夢中でなく
3)商品の在庫があり
4)あなたが小額紙幣を持っている、または
5)店に充分な釣り銭があれば

それほど苦労せずに買えます。実際なんの問題もないことも多いです。

もっとみる

メタルと生産性とスクールカースト

面白い記事に出会いました。

★頭が良くなる音楽はモーツァルトではなく「ヘヴィメタル」だった!? 脳科学からいえるこれだけの理由

おなかの赤ちゃんにクラシック、特にモーツァルトを聞かせると、お利口さんになりますよ~ってのは、都市伝説です!っていう記事。

そしてこれによると、むしろモーツァルトより、へヴィメタルを聞かせた方が心身の発達やら何やらには良いんじゃね?っていう。

これね。実際そうして

もっとみる
ありがとうございます!また読んでもらえるよう頑張りますね♪
3

この国の身分制度とそれに伴う差別について

以前何となくぼやかして投稿したこと。
自身の作品に潜ませるような形をとりました。それを表立って書いていいのか不安な面がありました。
『傷を広げる人がいるかもしれない』
ただわたしは歴史を勉強する傍ら、やはり調べてきたこと。それをきちんと発信してもいいんじゃないかな、そんな気持ちになりました。

この国の特定の差別についての歴史です。
身分制度からの差別です。

鎖国が撤廃され、情報は様々な価値

もっとみる

貧民と旧家の娘は恋より先に性を知る

あの人と私は、普通に『親族の一員』としてならば、普通にお互いを好きだったとは思う。

私たちの間柄は『親同士が決めた許婚』だった。

そのことについて、あきらめの気持ちも混じりつつも

「本当は香港映画スターか向かいの高校のイケメンと結婚したいけどきっとそれはまぁ無理だしあの人もあの人の親も優しいから悪いようにはならないだろう」

としか思っていなかった。

だけど私は、処女のまま結婚することも、

もっとみる