選択肢を増やす

やりたいこと:可能性・選択肢を多くすること

どうも、南極に行きたいけどその後何をしようか迷っているライアンです。

その悩み解決に一筋の光明が下りてきたように感じたので、その経緯と経緯について言語化してみます。

今後記事にもしたいと思っているのですが、先日優秀な理系の先輩に進路相談をしてきました。

そうすると、やっぱり「ただ南極に行きたいじゃなくて、南極に行くことを手段としてとらえるような目的を見つけられたほうがいいよね」ということを言

もっとみる

読むことは、、、

おはこんばんにちは!

使える言葉が増えるから
本を読むように。と

昔、親に言われました。

最初は意味がわからず
嫌々読んでました、、、

でもあるとき
読む楽しさに気づいたとき

言われた意味がわかったんです

話に深みが生まれいつもより
楽しく会話ができたり✨

言葉を知るってことは
選択肢を増やすことなんだ

そう思って、
今日も本を読んでます♫

プロフィールページ

ご覧いただきありがとうございます!

当noteではトップバズ(バズビデオ)で稼いでいくためのノウハウ情報を主に発信していますが、以下のLINE公式アカウントでは元ノウハウコレクターで現役バズプレイヤー兼せどらーでもある筆者がネットビジネスをメインに大変お得な副業情報や稼ぎ方・せどり転売、経験と知識、お金に関する様々な情報を発信させてもらいます。

トップダスのお得情報満載なLINE公式アカウント

もっとみる
スキありがとうございます。トップダスワールドへようこそ!
4

『不登校でもいいんじゃない』(Kayメッセージソング)歌詞全文

※音源は最下部に記載しています!

『不登校でもいいんじゃない』
作詞・作曲 yu-ka/ 編詞 Kay

不登校でもいいんじゃない
心の針が指す
方角を選ぶことが できるんだから

(一番)
知ってるの?
生きている 世界の正解は
自分のこの両手で
決められること

選ばなかった方の道が
長く果てしなく感じても
あの場所に戻る 必要はなくてさ

不登校でもいいんじゃない
心の針が指す
方角を選ぶ

もっとみる

幸せとは「選択肢がある」ということなんじゃないかと思っている話

こんにちは。みく@リモートワークです。
今日は山の日ですね。

昨日友人とランチをしていて、彼女がYoutubeを始めてけっこううまくいっている、という話を聞きました。
彼女は性を中心に情報発信をしていて、10代の頃悩んでいた経験をもとに若年層教育をしていきたい!という想いがあるそうです。
もうフォロワーが200人超えたそう。すごい!

わたしも働き方について迷走していた大学生のころの自分のような

もっとみる

日常での小さな選択を変えてみる

自分の状態で見える世界の景色が輝いて見えたり、グレーに見えたり、真っ暗に見えたり。

すごく調子がいいな〜という日は、物凄く1日がキラキラ輝き、今日はいい日だったな〜と思える。

けど、なんだか調子が良くない、辛いな〜、きついな〜、めんどくさいな〜といった自分の状態が良くない時は、どうも人は「自分にとっての好き」という基準で物事や捉え方を選択できなくなる。

頭で考える癖が染み付いてしまうと、

もっとみる

「選択肢」という観点でキャリアを見据えるということ

突然ですが、何か重要な決断や迷った時にどのような選択をしますか??
もしやりたいことがこれ!と決まっている人であれば、そのゴールから逆算して最短で達成するものを選ぶと思います(通常は)。ただ、10年後や20年後に自分が何をしたらよいのだろう、、、と思っている人にとってそういう考えをすることは困難かと思います。
僕の場合は実際、今は未来で実現したいものがあるのでゴール思考になってはいますが、就活時は

もっとみる

見えていない、何かを知りたい

見えていないから、わからない。
見えていないなら、それを知りたい。
見えていないから、何かさえわからない。

僕は、何をやりたいんだろう・・・
そんなとき、僕の頭の中で、ネコちゃんが「ニャー♫」と通り過ぎていった・・・

量子力学という、ちょっと難しい学問の世界。その量子力学で有名な思考実験がある。「シュレーディンガーの猫」ってヤツ。

『生きている猫と死んだ猫の状態が重ね合って存在している』

もっとみる
「スキ」ありがとう! ハッピーな1日になるといいですね
9

常に複数の選択肢を持つということ

こんにちは!せらです!

今回は、最近読んだ本に書いてあったことを自分なりの解釈を交えながら書いていきたいと思います。

【常に複数の選択肢を持つこと】

このような事が読んだ本には書いてありました。詳しくいうと、
今、目の前にある問題を解決する手段は決して一つだけではないこと、正解は一つだけだという行き詰り思考から抜け出すことが大切と書いてありました。

まさにその通りだなと思います。
前のno

もっとみる

「働けるうちは働く!」ための仕事と人生の設計方法#33

「エイジレスで定年のない働き方」の実現をサポートする中高年専門ライフデザイン・アドバイザーの木村勝です。

<前回第32回から続きます>

幸いなこと?に周りの多くのサラリーマンはなし崩し的に60歳定年を迎え、何も考えずにそのまま再雇用に入りますので、もし55歳でマインドセットして60歳までの5年間で準備できれば、60歳定年時の選択肢を増やすことができます。

65歳以降も70歳・80歳までつなが

もっとみる