8月15日、令和最初の日本のいちばん長い日 武蔵稜墓地へ 19.08.15 12:26

靖国神社、明治神宮とまわって、都心から大移動して八王子。
武蔵稜墓地へ大正天皇、昭和天皇の墓参り。これも終戦記念日、毎年恒例の行事。

新宿から八王子も松任谷由実の歌に合わせて中央高速に乗ってしまえばあっという間。
街の雰囲気はすっかり地方の風景へと様変わりする。八王子で高速を降り、街を離れたなぁと思う頃に武蔵稜墓地の看板が。
甲州街道を離れて武蔵稜墓地へとカーブを切ると独特の景観に変わる。
駐車

もっとみる

8月15日、令和最初の日本のいちばん長い日 明治神宮参拝 19.08.15 08:32

8月15日。今年もこの日が来た。
終戦記念日。日本にとって特別な日。

英霊に頭を下げた後は、明治神宮へ。

九段から明治神宮へはあっという間。
四谷や原宿という有る種今の日本の象徴のようなところを通ってたどり着きます。
毎年恒例途中で千駄ヶ谷のホープ軒に寄ったことは空腹に耐えた英霊の手前、黙っておこう。

早朝の明治神宮。
こんな朝早くから参拝の人が結構います。
今日が終戦記念日だと知ってか知ら

もっとみる

8月15日、令和最初の日本のいちばん長い日 靖国神社 19.08.15 05:58

8月15日。今年もこの日が来た。
終戦記念日。日本にとって特別な日。

早朝暗いうちにヨコハマを出て、首都高を走って靖国神社へ。

朝6時の開門前に靖国神社について、閉門であることを確認して千鳥ヶ淵を散策。
開門に合わせて戻ってくるとさっきまでの静寂が嘘のように門の前に人だかり、マスコミだかりが。

一時ほど右翼の街宣車が減った気がするのは気のせいだろうか?
それも時代なのか?

順列を作り整然と

もっとみる

8月15日、令和最初の日本のいちばん長い日 千鳥ヶ淵 19.08.15 05:21

8月15日。今年もこの日が来た。
終戦記念日という日本にとって特別な日。

世界にとっても特別なのかと思ったら、思いの外そうでもなく、欧米的には戦艦ミズーリ上で戦争終結の調印を行った9月2日が終戦の日であり、中国台湾的には9月3日ということになっている。中台的には9月9日という説もあるらしい。ソ連の不可侵条約破りの満州侵略も戦争の一環としたいからそういうことにしたいらしいが、日本がポツダム宣言を受

もっとみる

綾瀬はるか 「戦争」を聞く シベリア抑留者たちの記憶

1945年8月15日、戦争は終わりました。
でも、そこから始まった
『地獄』があったのです。

寒さと重労働。そして、飢え。
極限のシベリア。
そこで人は、どう生き延びたのでしょうか。

京都・舞鶴。

この日、大学生たちは、
熱心に耳を傾けていました。
想像を絶する、その話に・・・。

安田重晴さん。98歳。
語ったのは、シベリアでの抑留体験でした。

「やっぱり伐採ですな。ノルマができないもの

もっとみる

8月15日 靖國にて。

仕事の合間に靖國参拝に行ってきました!
昨年までは8月のどこかで行っていたんですが、
今年は、、

日本の心を伝える会代表の
小名木善行先生のグループによる参拝イベントに参加させていただきました!
(詳細下部にURL掲載)

九段下の駅に着いてビックリしました。

学生の団体さんが、日本神道について、日本の素晴らしさをみんなで守りましょう!!とメガホン片手に
一生懸命活動されていました。

中国に

もっとみる

敗戦とオカピの話

1945年8月15日

日本は戦争に負けた。それから74年、日本は戦争をしていない。

「そう、日本は。」

大学卒業後、エンターテイメントの力で世界を1mm変えるために芝居をしていた私は特に特攻隊作品に出演することが多かった。実在のモデルがいる作品にも出していただいていた。

どんなに、どんなに努力したって当時の人達そのものになることはできない。それでも...少しでも近づくためにはできることは全

もっとみる

BON

昨日、寝る前になんだかしんみりした気分で投稿をしたせいで、その気分を心なしか引きずったままで朝を迎えました。

8月15日、終戦記念日、そして送り火の日。

昼間は、夫側の実家や親戚宅へ赴き、お線香をあげたり一緒に食事をしたりしてきました。
夜は私の実家へ行き、先日の迎え火と同じように、皆で送り火を。

いなくなってしまった家族や、
顔を見たこともない遠い家族のことを想う日。
そしてその傍では、こ

もっとみる

平穏な生活を守りたい

朝、目覚ましの音で起きて、ノビをする。
「おはよう」の挨拶をする。
顔を洗って、ご飯をたべる。
テレビのニュースを見る。
食事の片付けと洗濯。
「いってきます」「いってらっしゃい」

変わり映えしない生活に、不満を抱くことも多々あるが、6月から8月にかけては、このなんでもない生活のありがたみを強く感じる。

昼夜問わずの空襲警報。
空からは爆弾や銃弾が降ってくる。
防空壕でじっと恐怖に耐える。

もっとみる

8.15終戦の日 戦争ほどバカげた事はない

今から74年前の今日1945年8月15日

日本は敗戦した

先の大戦のことを美化してる人も多いし

日本は間違っていたと言う人もいる

自分は後者の考え

「歴史にif(もしも)はない」

これはよく使われる言葉

世界大戦があり日本も数多くの犠牲者を出したという事実があるならばその事実を踏まえてどう考えるか

記憶は風化していくし

生まれる前の話であれば風化どころか記憶すらない

なぜ戦前生

もっとみる