山崎和邦(作家、投資家)

証券業界の第一線で活躍し、現在大学教授として投機学を講授。バブルやリーマンショックなど乱高下する相場を好機と見て資金を増やし、現在約6億円を運用しています。直近の相場の概況と展望を語っていきたいと思います。
固定されたノート

【投資の心得】この記事を読まれる方へのご案内

はじめまして、山崎和邦と申します。
私は今、メールマガジン配信大手の「まぐまぐ」で、「投機の流儀」というレポートを毎週、配信しています。
おかげ様でご好評をいただき、かの堀江貴文氏(ホリエモン)と並んで2年連続「メルマガ大賞」を受賞、殿堂入りという栄誉をいただきました。

より多くの方にしっかり稼いでいただきたいと思い、今回noteに「投機の流儀」を掲載させていただく運びとなりました。
はじめての

もっとみる

【投機の流儀 セレクション】アベノミクス相場始まって以来この数年間で最も逆境に置かれたのは銀行業だ

今年に入ってから買ったものも、エルドアンの発言で通貨が6%戻したところへ債券価格が急騰したからである。②学生時代に憧れたエルネスト・ゲバラの出身地を訪ねて感傷的に買ったアルゼンチン・ペソ建て債券を「問題先送り」した。ペソが極めて安いところで償還になってしまうから、利率44%(ミスプリントでなく44%)の債券に乗り変えて時間を稼ぐことにした。

アベノミクス相場始まって以来この数年間で最も逆境に置か

もっとみる

【投機の流儀】アベノミクス相場始まって以来この数年間で最も逆境に置かれたのは銀行業だ

「動画」の要約報告
〈前編〉
〇愛称「街角景気」は「弱保合だ」。〇景気持続中での利下げ反復は後年ロクなことは起きない。例・80年代の日本(平成バブルへの道)、90年台の米(ITバブルへの道)、〇当面はサンドウィッチ相場だ。〇トランプの思う通りにはNY相場は動かない可能性あり。(江戸時代に徳川吉宗将軍でさえ大阪コメ相場を制せられなかった)。○景気調整に入ってからの消費増税は傷を深くする,〇米中摩擦は

もっとみる

【投機の流儀 セレクション】「七夕天井・天神底」の口伝

主として関西から来た口伝であるが、株式市場のアノマリーに「七夕天井・天神底」というのがある。野村證券時代の筆者の友人で大阪勤務が多かった人だが、これを本気で説き、かつて「天神祭りというのは夜から始まる。よって宵宮と言う。だからその日の後場から下がるのだ」などと時刻まで指定して本気で説く人がいたが、まんざら妄想でもないと筆者は思ったことが何度かあった。
7月初旬には6月末に支払われた3月期の配当金や

もっとみる

【投機の流儀】「七夕天井・天神底」の口伝

「動画」のご報告
今後、「動画」での話題を簡略化してご報告いたします。2週間分の報告。
先々週の「動画」の報告(G20の前々日、27日、収録の動画)。

前編:一般的見方
〇日本株は割安水準だ。先進国中で一番安い。〇日本株は世界一の世界景気敏感株だ。〇日本株は熱狂相場がなくも一人前に下がる。〇米中問題は根が深い。〇嘗ての米ソ冷戦よりタチが悪い。〇予防的利下げは後年暴落を生む。
〇消費税は景気を悪く

もっとみる

【投機の流儀 セレクション】「2000万円問題」金融庁の真意

麻生蔵相が「報告書を受け取らない」と対応したのは「不出来な報告書」
に対する担当大臣の対応として誠にまずかった。「受け取って良く読んでみたが、次の点で前提が稚拙である。①実態は年金だけで暮らす人は52%だが、それを100%と仮定したこと、②65歳以上は全員が年金以外には1円の収入もなく利子収入も配当収入も家賃収入も労働収入も相続収入もゼロ円と仮定したこと、③65歳の人は全員が95歳まで生存すると仮

もっとみる