アヘン

年間5万人 が死亡「鎮痛剤」! マイケルジャクソンも

つい最近死亡したメジャーのエンゼルス・スカッグス投手(享年27)。
★エンゼルス・スカッグス投手の死因はマイケル・ジャクソン氏と同じ? 地元紙が衝撃的な報道

 この死因として浮上したのが「鎮痛剤のオキシコンチン(オピオイド系)」の過剰摂取。麻薬のアヘン成分から作られ、効き目は100倍程度とも(汗)

 日本では、がんの強い痛みがあるときにのみ使用が認められていて、中毒万延の心配はありません。

もっとみる

2019.07.14 アヘン中毒にさせられた中国とされなかった日本:運命を分けた大英帝国の侵略術

幕末の志士が涙を呑んだ事件がありました。
1858年、開国した日本はアメリカ・イギリスと条約を結びました。
不平等条約の締結です。

その内容は、

1.領事裁判権の承認
日本国内で外国人が罪を犯した時に、日本の法律ではなく、その外国人の出身国の領事が自国の法律で裁く

というものや、

2.関税自主権の放棄
他国の商品を日本が輸入して売る際に、その商品にかける関税額を日本では決められない

とい

もっとみる

0224「現代のアヘン窟」

やったら絶対儲かりそうなビジネスを思いついた。思いついたけどあんまり自分でやる気もしていないので、是非最後まで読んで、やるぞ! という方は私に思いつき料をお支払い頂いて、やって頂くと良いと思う。

今週は真冬休みで子供たちがずっと家にいたので、長男のサタデースクールの送迎に妻を残して子供3人全員連れて出て、ずっと街をふらふらしていた。長男を送って、ユニオンスクエアの公園で下の2人を遊ばせて、めっち

もっとみる

"ケシ"で滅びる米国 「喜びの草」

古代シュメールの時代から栽培され「喜びの草」と呼ばれた"ケシ"。
そのケシの実を採集したものが麻薬「アヘン」。中国でのアヘン戦争でも有名ですね。

 米国で寿命短縮が著しい「貧困白人層(トランプ大統領の支持母体)」。ドラッグ中毒と自殺まん延がその原因。
 ドラッグ中毒の出発点は、オピオイド系鎮痛剤の乱用で、ヘロインへの移行者も多数。これらの死亡者数は、米国では年間数万人とも。

 製薬会社により、

もっとみる

聖杯伝説 ~我々を支配している者たち~ その2

COBRAの2018年5月31日の「Taiwan Conference Report and Planetary Situation Update」の記事で紹介された「The Holy Grail of Who “They” Are That Rule Over Us All」の一部を翻訳しました。長いので別けて翻訳してまいります。翻訳料は300円です。

前回: その1

次回: その3

元記

もっとみる

トヨタ自動車の女性役員は「堕ちた」のか?

トヨタ自動車<T.7203>で女性として初めて役員に就任したアメリカ人のジュリー・ハンプ常務役員が麻薬取締法違反(輸入)容疑で逮捕されたとの事で、同社の豊田章男社長が(2015年6月)19日に会見を開いて陳謝したのだそうです。

https://newspicks.com/news/1021565

(Reuters)

今回の容疑は、ジュリー・ハンプ容疑者(55)が、処方箋なしでは入手できない「

もっとみる