コンパクトシティ

エリート人材が考えるウォーカブルシティに住むことの価値

先進国では、高齢者への配慮、健康対策、エコの観点からも、街のウォーカビリティ(歩きやすさ)が重視されるようになってきている。実際に、歩きやすい街(ウォーカブル・シティ)には、他地域からの転入者や、観光客も多いという経済効果が確認されている。高齢者に限らず、若者の中には、運転免許を持たない者も増えていることから、都市のウォーカビリティを向上させることが、地域経済の発展や不動産価値の向上に繋がりはじめ

もっとみる
ありがとうございます。JNEWSサイトでも多数の記事を提供しています。
9

台湾、とても好き。

中国についての一次情報

中国語に激ハマりして以来、中国の一次情報をインプットする機会が増えている。大きく二つあって、一つは語学交換で出会う中国人の友達から。もう一つは中国へ旅行に行ったときに私の五感全てを通して入ってくる情報たちだ。その結果、中華に対する親近感が以前に比べて格段に増している。中華についてよく分かるようになった、中華リテラシーが上がった、ということなんだろうと思う。単純に、中国につ

もっとみる

移住先にブリスベンを選んだ理由

海外移住を決める場合、先ずは滞在先を選ぶ事から始まるのではないだろうか。
それが全てを左右するとまでは言わないが、この判断で出会う人たちや日々の過ごし方も大きく変わるので重要なポイントだと思う。

ここブリスベンで出会った移住してきた人の理由は様々で、知り合いがいたからや物理的な理由、紛争地の国から逃れてきたなど平和に暮らしていた私には予想していなかった理由を知り世界情勢の勉強にもなる。

それで

もっとみる

いつも笑顔と喜びにあふれ、多くの人びとが引きつけられる魅力的な場所

1、青森で会おうか

青森駅前に「アウガ」という施設があります。地下1階・地上9階。

アウガ=会うがとは、津軽弁で「会おうか」の意味。正式名称は「Festival City AUGA(フェスティバルシティ・アウガ)」。Attraction(引きつける力)、Upbeat(上昇、陽気)、Gusto(心からの喜び)、Amusement(娯楽、楽しみ)の四つの英単語の頭文字からつけられたそうです。「いつ

もっとみる

都市になるショッピングモール

夏本番を迎え、どこへ出かけるにも暑いですね。家から出るのすら億劫になります。そんな時にはショッピングモールが便利!家から車に乗ってショッピングモールに入れば、外の照り付ける暑さとは無縁の快適な買い物や食事、時間つぶしが楽しめます。

ところが、この便利で快適なショッピングモール、実はこれまでの都市計画の文脈の中ではあまり良い扱いはされておらず、むしろ悪者扱いされてきました。

社会の授業で、スプロ

もっとみる

【これからの日本】山を捨てよ町へ出よう!「当初予算書読破のすすゝめ」

結論から言ってもいいですか?
土地という資産を持っていても、それが山の中のものならば、
それを捨てて「まちに住もう」と強くおすすめしたい!
「田舎暮らし」が、その自治体全体の重荷になってくるのは目に見えてるから!
そして、いずれ見捨てられてしまうことも充分に考えられるから。

インフラ整備費が、市民生活を圧迫する

次の図を見てください。

「社会資本の老朽化の現状と将来│国土交通省」

これを見

もっとみる

このトークを見るにはマガジンを購入する必要があります。

このトークを見るにはマガジンを購入する必要があります。

このトークを見るにはマガジンを購入する必要があります。

このトークを見るにはマガジンを購入する必要があります。