依存症について知った結果、幸せを探さねばと思った話

依存症って何で起こるのかなと、長らく考えてはいたけど特に調べたりもしていませんでした。
ただ最近またちょっと考える機会が増えて、そんな時、ふと出会ったTEDを見たところ、自分のことを省みることになりました。
※見出し画像は pianoman555さんによる写真を写真ACからの拝借いたしました。 

0.久々にノートを

久々にnoteを書こうと思います。
初っ端からコーヒーのことについてばっかり書

もっとみる

【断酒160日目】先日依存症のセミナーに行ってきた。近々noteにもまとめたいなと思ってる。みんな依存性になりたくてアルコールや薬物に手を出してはいないということ。ゲーム依存の話も少し聞けた。

スキしてくれるあなたがスキ♡
2

#11 希望に向かえない病気

「ここを出ていくよ」

「そうか」

新しい依存先が見つかった僕の行動は早かった。

彼は至極アッサリしていた。

きっと、もう僕のような壊れた〈おもちゃ〉は必要なくなったのだろう。

ミカさんから請け負った仕事をこなしながら、新居を探し、家を片付ける。

調べることが多すぎて、毎日ほとんど眠れていなかった。

その上、彼からは「話し合い」という名目で何だかんだ時間を使わねばならなかった。

急ぎ

もっとみる

デジタルウェルネスが気になったので書いてみた話の件。

最近、ニート期間が半年に達してお暇が増えたためかスマホ中毒の病がどんどん進行中の小さいおっさんです。

中毒症状のレベルとしては、暇があればスマホ!!朝起きてスマホ!!ご飯にスマホ!!パンにスマホ🍞(笑)ラーメンにスマホ🍜(笑)

って感じの重篤なデジタル麻薬と言われてるスマホ中毒に陥っていますが。。。(笑)

スマホ中毒は薬物中毒よりもはるかに症状がヤバイよ!!ヤバイよ!!なので書いたら長く

もっとみる

<わたしの話>わたしも失踪しまして

兄がやらかした事、失踪した事を偉そうに書いてきましたが、かくいう私も失踪しておりまして。
東京で兄と再開するに至った経緯をこれから書くにあたり、自分がなぜ東京にいるのかも書いておきたいなと思った次第です。

初任給引き出し事件の会社を3年勤めた後、免許を取ってから転職しようと思い、わたしは実家に戻ることにした。
父は相変わらずで、母が頭を冷やして欲しい的な理由で出て行った為、わたしは父と2人で暮ら

もっとみる

<兄の話:13杯目>兄の失踪

兄の保証人問題がどうなったのか知らないまま、高校を卒業したわたしは就職先の社員寮に引っ越した。
実家と同じ市内だが頻繁に行き来きする距離でもなく、父の威圧感から解放されて毎日楽しく暮らしていた。
寮に入って何週間か経ち、仕事にも慣れ始めた頃に兄から電話があった。
今すぐお金を貸して欲しいと言う内容だった。
まだ給与も出ていないので、アルバイトのお金で用意した数万円しかないと伝えると、1万円でもいい

もっとみる

<兄の話:12杯目>失踪への序章

台風が去った後の月曜日。
兄の様子を見に行って来た。
水曜日の調子が嘘の様に、また両手を拘束されていた。
熱がぶり返したのか朦朧としており、わたしには見えない何かの話を、聞き取れない言葉で呟き続けていた。
担当医師が不在だった為、この日は詳しいことを何も聞かずに帰宅した。

タイトルの話に戻ります。

兄は教師になりたいと教育大への入学を目指してた。
残念ながら不合格となり浪人生として2年を過ごし

もっとみる

依存症の話

変わりたい。変わらないといけない。そんなことわかっているのにどうしても人間は変われない。こういうの恒常性維持機能とか言うらしいぜ。ホメオスタシスとも言うらしいが。人間にはどうやら変わらないようにする機能がついているらしい。

だからなんだって話だよな。私自身、自分との戦いは常に惨敗。今日も欲求に負けてしまった。どうしても依存症から抜け出せない。皆様も何かしら依存症であるだろう。

でもふと思ったけ

もっとみる

鑑定サポート、ご利用ください。

こんばんは。
鑑定師 ジューン・ローリング・サンマーです。

ジューンが代表の(といっても1人しかいないのよ)ココロにウルオイでは、

タロット・数秘術・姓名判断・九星気学・数理占術・カラーセラピー各鑑定(60分 5000円)の

【鑑定後3ヶ月間サポート】を
行っています。

⚠️1
有料鑑定を受けた方が対象です。
但し、占い会社などとの契約の縛りのない、
ココロにウルオイの個人

もっとみる

<兄の話:11杯目>わたし達が育った環境

わたし達はMゴロウ王国の所在地でもある某北国で生まれ育った。
父と母が2人で食料品店を始めた頃に兄が生まれ、その5年後にわたしも生まれた。
兄が小学校高学年、わたしが小学校1年の頃、それまで小さなスーパーの中に店を構えていた両親が、遅れてやって来たバブル景気の波に押され、店舗兼自宅を構えた辺りから父に余裕がなくなって来た様に思う。
多分に漏れず、社会に出てから”働いて家族を養う”ことの大変さが身に

もっとみる