画面の向こうで

LINEで自分の気持ちを伝える時。

「嬉しい」「めっちゃすごい」「ありがとう」「辛いよね」

相手の画面に映った時、その言葉は私が思ってるのと同じ熱量で届いているのだろうか。

話の内容や伝えたい気持ちによって絵文字をつける時もあれば、句読点だけの時もある。

「どんな絵文字を使おうか」

「でもこれだと使いすぎ?」

「言い方が冷たくならないようにどうしようか」

画面の前で格闘することもしば

もっとみる

褒めるレベル③:見えない価値観や考え方は見えていますか?

これまで生きてきた境遇や環境が違うので当然なのですが、人にはそれぞれ大切にしている価値観や考え方が異なります。

これらは
目に見えるものではなく
目には見えないものです。

だからこそ、大切にしている価値観や考え方に触れるには
日常的に相手の話を良く聴き、相手の表情や動作を見ておく必要があります。

フランス人小説家のサン=テグジュペリの代表作「星の王子様」にもこんな一節があります。

It

もっとみる

同感? 共感?

あなたは
どんな人と話すとき話しやすいですか?

答えは

自分の意見をしっかりと聞く人!

だと思います

逆に言えば、

意見をしっかり聞いてるよ!
あなたの話に興味があるよ!
意見をしっかり受け止めるよ!

このような態度を見せたら
話しやすい人、コミュケーションができる人に
なることができそうです

そこで大事になるのが
共感と同感です

今回は聞く力こそ最大の武器になる
この本を読みまし

もっとみる

“I(アイ)”が無くても“愛”がある?「監察医 朝顔」と日本語の奥深さ。

さて、皆さん「月9」というドラマ枠をご存知ですか?

ええ、まぁご存知ですよね(笑)。

改めて説明するまでもなく「毎週月曜日21時(夜9時)に放送されるドラマ枠。」のことです。

普段私はドラマをほとんど観ませんが、今回の月9枠で放送されている「監察医 朝顔」はチラチラとチラ見しております。

 理由は上野樹里が出ているから。

あと風間俊介が出ているからというのが5%位。

上野樹里を観るのは

もっとみる

【一行引用から140文字で紹介する実用書】『会話がとぎれない!話し方66のルール』野口敏

「会話は言葉のキャッチボール」ではなく「気持ちのキャッチボール」なのです。

「相手の気持ちをたくさん聞いて、自分の気持ちをちょっぴり話す」

会話が続く3つのルール。

●相手の話を聞く

「共感してほしい所」を間違えないように見極める。

●自分の気持ちを少し話す

「最近あったこと+少しの感情」で伝えてあげる。

●質問して会話を広げる

「5W1H+エピソードからの感情」を引き出す。

もっとみる
ありがとうございます!フォローもお気軽にお願いします。
4

機械じゃなく、人間だからできること【AI時代の対応策】

Q:これからドンドンAI・ロボットが私たちの生活の中に入ってきて、仕事がなくなる人も出てくると言われていますよね。ハルさんが思う「機械じゃなくて人間だからできること」ってなんだと思いますか? 今は会社員ですが、会社員であっても個人の看板を磨くというか、ブランディングは大事だと思うので参考にしたいです。

今回は、こんな疑問・お悩みに答えます。

このnoteマガジン「元公務員からフリーランスへ。ハ

もっとみる

6月25日猛獣塾入門講座開催

現在、全国各地で開催中の猛獣塾入門講座

お蔭様で、東京・大阪を中心に述べ400名以上の方に受講をいただいております。

今回はいかしあい隊様とタイアップにて開催しました。
(7月以降の開催予定は決まり次第HP、SNS等でお知らせいたします。入門講座は復習受講は1年間無料になっておりますので、ぜひご参加ください)

下記に当日の様子を紹介します。

「組織をまとめるために行った西田流のポイントを紹

もっとみる

Football is life- NFL スターQBの「人生を決める金言」

何か人生について考えるときに、クイックに、かつエモーショナルな気付きを得ることができるものと言えば、米国のMajor College/Universityの
 - Commencement Speech
の動画を探すのがベストだと思う。
あまりに有名なSteve Jobsの伝説のスピーチ=” Stay hungry, stay foolish”は 米国屈指の名門校 Stanford Univers

もっとみる

【無料記事】経験談から語る「応援される人」の3つの特徴

Q:最近クラウドファンディングだったり、オンラインサロンだったり人々とつながって夢や目標を達成する人が増えています。クラファン・サロン共に「応援してもらえること」ってすごく大事だと思うんですが、どういった特徴があると思いますか?

こういった質問にお答えします。

✔︎今回の記事の内容

・応援される人の3つの特徴

✔︎このマガジン著者の信頼性(少し自己紹介)

・元公務員歴14年(奈良県庁)。

もっとみる

共感・つながりを生む人生ストーリー制作に必要な7つの理論

〜この記事は無料で公開しています〜

Q:商品やサービスの内容よりも、それを生み出した人の価値観や思いを、密着ドキュメンタリー動画やインタビュー記事で伝えられるようになりたい。ゆくゆくはそれを仕事にしたいけど、まずはノウハウを学びたい。

そんなふうに思っていませんか?

このマガジンでは、4年10ヶ月の間、個人にスポットを当てた取材をおこなってきたぼくが、密着ドキュメンタリーやインタビュー記事を

もっとみる