場面緘黙

美容院

わたしは場面緘黙なので美容院がとても緊張する。
今通っている美容院は幸い優しい人が多いのでなんとか通えているが・・・
わたしは髪の毛の伸び方があまりキレイではなく毎回ショートカットにしなくてはいけないのでほんとは3ヶ月に1回とかが自然なのであるが、今回は延ばしに延ばし6ヶ月ぶりに行った。
わたしは髪の毛が伸びるのがとてつもなく早く量も多いのでそれぐらいのペースで行かなくては髪がけっこう大変なことに

もっとみる

かんもくの声・活動における気付きと指針

かんもくの声の活動について、これまでの気付きや指針、これからの方向性をまとめました。手書きで読みにくいかもしれませんが。。。もしも、活動したい方の参考になったらうれしいです。

私ひとりにできることなどほとんど何もありませんが、こんな活動ができたらよいなというイメージも含めて書きました。

また、「かんもくの声」って何だろう?というと、うまく答えられないです。私個人で始めたものではあるけれど、かん

もっとみる

「話せない私」を考える:第8話「新しい出会いと発見」

前作のハードな内容から比べると、展開が都合よすぎない…?と思われそうだなあと描いていて思ったのですが、
ここの職場にたどり着く前、場面緘黙を知らなかった時代にも漫画を描いてる人は職場にいたりしたんですよね。
でもその頃は仲良くなりたいなんて思えなかったし、そもそも自分が漫画を描いている事も絶対に隠さなくてはいけないと思っていました。

多分色んな状況が良くなって人と交流できるようになったのは、良い

もっとみる

かんもくの声 活動紹介

2014年から始まった「かんもくの声」は、今年2019年の5月で6年目に突入しました。おかげさまで、マイペースに発信・活動を続けています。以下、これまでの活動をまとめてみました。

過去の発信・活動・報告についてはfacebookを中心に行ってきましたので、関心をお持ちの方は、そちらものぞいてみてください。

かんもくの声 活動紹介

【2014年】
2月
「かんもく」を知っていますか? 企画・開

もっとみる

不登校の子供たちが来やすいコミュニティスペース! そうだ、二部構成にしよう。

前回は、素人がコワーキングスペースを作ろうと息巻いていましたが、
「それ、コワーキングスペースじゃないし、じゃあ、コミュニティスペースって
名前に変更!楽しいことが生まれるワクワクする場が作りたい!」
というところで終わりました。

じゃあ、どんな場を作ろうとしているのかを今回は、書いてみたいと思います。

*work timeとevent play time*

午前から午後の早い時間は、不登校

もっとみる

『素人だけど、コワーキングスペースを作ろう!と思ったはいいが、 素人なので、紆余曲折しまくってます』 後編

前回まで
『しょぼい起業で生きていく』に感化され、少し大変な育児をしているお母さん
たちの親の会を立ち上げた著者(s.akko)。
その時に来ていた楽しそうな不登校の子たちを見て、不登校の子供たちも来る
事ができるコワーキングスペースを作ろう!と意気込んだが、そこに来て欲し
い大人たちの「そこに行く理由」が見当たらず、最初の構想から練り直す事に。
原点に立ち返り、「お母さんたちが元気になれる場所」

もっとみる

『素人だけど、コワーキングスペースを作ろう!と思ったはいいが、 素人なので、紆余曲折しまくってます』 中編

前回まで
『しょぼい起業で生きていく』に感化され、少し大変な育児をしているお母さん
たちの親の会を立ち上げた著者(s.akko)。
その時に来ていた楽しそうな不登校の子たちを見て、不登校の子供たちも来る
事ができるコワーキングスペースを作ろう!と意気込んだが、そこに来て欲し
い大人たちの「そこに行く理由」が見当たらず、最初の構想から練り直す事に。

Let's 『エイガオ(笑顔)』!!

ヒヤリン

もっとみる

『素人だけど、コワーキングスペースを作ろう!と思ったはいいが、素人なので紆余曲折しまっくてます』前編

『しょぼい起業』に感化されて

はじめに。
これは、ただの主婦の壮大な妄想なのかもしません。
新しい事に挑戦しようとしているちょっと滑稽なお話し
かもしれません。

きっかけは、育児で大変な思いをしているママたちに何かしてあげたい!
そんな気持ちで今までの自分の持っているスキルでできる事を仕事に
活かせたらと色々な本やネットを読んでいました。

そして、たまたまタイトルに惹かれて買った『しょぼい起

もっとみる