優しさとは何かー段階が違うと何を優しさと思うかがかわる、そんな話ー

「発する言葉に優しさがない。攻撃的というか。」

そんな言葉を今日もらいました。

そして思いました。

『それは大変だ。私は世界平和を目指して生きているのに。

そして私結構優しいんだけどなー。』とw

また、それからしばらく時間がたつと別の疑問も浮かんできました。

『一体優しさって何だろう?』と。

今は書きながら、さらに別の考えも浮かんでいます。

『あの会話の中でお互いが“優しさ”という

もっとみる

「自分を許す」を思考する

こんにちは、みほです。

今日は、個人的な体験をひとつ
シェアしたいと思って書き始めました。

ご存知の方もいるかと思いますが
私は身体のことを専門に活動しています。

いまある姿勢や動き方は
これまでの思考やその人の歴史によって
形作られていく。

そして、生きてきた歴史が
自己イメージの形成に深く関わっている。

ということを
科学的にも信じているわけですが

「自己イメージ」や「習慣」は

もっとみる

39/1000 日本海からの越前海岸、麗し。実家解体のための移動日でした(福岡→小松→福井)

えとうともこ@福井←福岡 です。実家の建物(旧宅)を空っぽにして、解体する準備をずっと進めてきてまして、明日ようやく業者さんと打ち合わせすることになりました。その後すぐに作業していただくことになっています。ちょっとおセンチになってしまうけど、強い心で乗り切っていかないと。

福岡空港まで家人に送ってもらい、小松空港から福井駅まではバス、福井駅には叔母が迎えに来てくれ、スムーズに移動できました。…こ

もっとみる

戦いの土俵から降り続ける人生でありたい

日常の中で《無駄に戦ってしまうシーン》は結構あると感じる。

例えば、誰かの一言にイラっとして

そのイライラのまま反論してみたり、

意識的か無意識かは別として

『負けたくない、上でありたい』という気持ちから

ゴツゴツした対抗心を表に出したり見栄をはってみたり。

具体的な日常のシーンで言えば、

電車を降りたあとのエスカレーターへの道すがらで

狭いホームを我先にと急いだり、

横断歩道を

もっとみる

病の症状は3ヶ月後?

とても久しぶりに書きます。

実はこの1ヶ月間、Freeで受けられるコミュニティセンターやライブラリーの英語クラスを色んな所に行って体験したりして忙しくてnoteを書く気が起こらなかっただけでなく、謎の蕁麻疹(じんましん)が身体中に出て、ついにアレルギーか!と病院に行きましたが、先生曰く、ストレスだろうからと薬を渡されてそれを飲み対処しましたが、これまたこの薬が眠気を誘い日常生活がままならず、薬を

もっとみる

身体と心は繋がっている。一人の時間も大切。

風邪をひいた。

たったそれだけなのだけれど、
反省点がいくつもあるなと感じた。

きちんとした休養を取っていなかった。
連休中、ぎっちり予定を詰め込んでしまった。
バランスの取れた食事ができていなかった。
運動不足。

全て、自分の体の声を聞いていたら
回避できていたことなのに…。

悔しい気持ちでいっぱいだ。

ただ、運動は難しいなと思った。
1週間前にも風邪を引いてしまって、完治したら運動を

もっとみる

自然の中で身体と心の使い方を確認するーキャンプ初心者雑記ー

アウトドア初心者の私ですが、

8月は縁あって、娘と共に2回もキャンプを体験させてもらいました。

ベリーダンスやスキンドライブを中心に、

自分で学習したあれこれを通じて

ダンスに映える身体の使い方とは、

日本人に合った負担のない身体の使い方とは、

それに伴う心の使い方とは、

を、常に意識しながら過ごしていますが、

キャンプという自然の中で過ごす機会にはそれらを確認する場面がたくさん。

もっとみる

『心と体が軽くなるトラウマセラピー―自分を変えたいと悩んでいるあなたへ 』の紹介

本から一部引用

「今不安になっているけど、過去の感情が呼び起こされているんだろうな…だけど今は違う」
そう気づけることで、少しずつ過去の習慣が手放せるようになっていく

次第に、今までに体験したことがないような新しい行動がとれるようになる

新しい行動が増えていくと、高揚感を得られるようになるが、また新たな課題が出てくるようになる

相手の反応によって、新たな不安や苦しみが生じたとしても、最も必

もっとみる

病気について

私は、気分変調症と躁うつ病を患っている。
じわじわと不安感のコントロールが出来なくなり、遂には仕事を辞めてしまった。
仕事が出来ない状態でも減ってしまうもの
そう、お金。
私は色々とお金がかかる奴なのです。
そんな私への救済措置

障害年金

もうこれに頼らないことには生活が苦しい。
ということで、鬱が強い今日の体にムチを打ち
年金事務所へ。

予約でいっぱい60分待ち。

無理無理無理
その場で

もっとみる

身体感覚、そして女装(くとの/女装と思想 Vol.9)

筆者紹介

くとの
1977年愛知県生まれ。「作る」ことで本業の学問を拡張・進化させようと考えている。本業は思想系の研究者。初音ミク電飾ウェディングドレスに端を発する「作る人文学」をニコニコ学会βやMaker Faire、ニコニコ技術部などで発表。ニコニコ学会βでは運営委員長を務め、2017年4月に文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門)を受賞。
本務校では、ダイバーシティ・アクセシビリティ・キ

もっとみる
ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。
4