優れた耳をもちたい

数日前に、推敲をどうやっているかは、他人に話せないなぁ、なんて書いた。今日はそのつづきだ。

文字というのは、よく考えてみたら、記号だ。それだけでは文章にならない。読まれることによって、はじめて文章になるのであって、浮かび上がるのであって、読まれている瞬間にしか存在しないという感じもある。

ことばは、もともと「音」で存在していた、ということを考えると、音にして読む(朗読、音読する)ことによって、

もっとみる

推敲を支えるもの

「オトナのための文章教室」、再スタートの1回目(昨日)は3人参加で、じっくりやってきました。進め方、時間などを再考しつつ、またボチボチやってゆこうと思っています。

三鷹(周辺)でやってほしいという要望があるので、三鷹バージョンもたまにやろうと思いますが、何しろいまぼくは横浜に住んでいて、仕事は大田区を中心にやっているので、活動拠点はもう少し近場にもってきたいというふうにも考えていて、試行錯誤しな

もっとみる

書き直しと僕の人生

今日は、今書いている小説の続きを、マガジンの中に書きました。

実は、数日前にも書いたのですが、何度読んでも気に入らなくて…

一度削除した文章を推敲して、もう一度、書き直したというわけです。

これで少しは、以前書いた文章よりも、良くなったとは思うのですが、

それでもまだまだ、より良い文章にするために、推敲の余地がありそうです。

ちなみに僕の人生も、これまで何度も書き損じ、削除しようと思いま

もっとみる

『月蝕の鼓動』の1話から3話を大幅に推敲、修正しました。
申し訳ないです。
読み返して気になる部分がたくさんあったため、大幅に推敲、修正させて頂きました。
引き続き、読んで頂けると嬉しいです。

第六回金魚屋新人賞!

金魚屋新人賞の最終候補に残っていたので先ほど気になってチェックしてみました。

結果……

当然かすりもしませんでしたが(笑)、なかなか有意義な経験でした。

ところで、選考委員の辻原登先生の選評に、「推敲が甘い作品が多かった」というふうなご指摘があり、かなり思い当たるフシがありました。

今回の作品、実は私事(入院)でろくに推敲しないまま提出せざるを得なくなり、自分としてもかなり不満がありました

もっとみる

先日、この図解を色を抜いたシンプル版に差し替えました。図解としての「正解」をあえて外して差し替えた理由なども追加したので、図解やnoteとの付き合い方の参考としてどうぞ

【図解562,563】「今」とは過去と未来から切り離された時間
https://note.mu/yamadakamei/n/n533cfdfae409

以前投稿した図解を、思い出し図解で見返したのをきっかけに表現を調整して差し替えました(画像は差し替え後)

思考の流れなども書いてあるので、もしよければご覧ください

【図解430】礼に外れることには近づかない(「論語」読書メモ図解)
https://note.mu/yamadakamei/n/naa66e0f9b191

対談の文字起こしを見ていたら自分のしゃべりの下手さに落胆した

6月27日に対談なるものをした。大学の演劇サークルで似たようなことをした記憶もあるような気がするけれど、友だち以外の方と(それも仕事として)対談するのは初めてのことだったので緊張した。

対談相手だったテアトロ*ネネムの成井憲ニくんの雰囲気はとても心地良くて、対談を終えたあとは、柄にもなく上手にしゃべることができたんじゃないかなと、満足しながらおうちに帰った。

2時間ちかく、ずっとしゃべりっぱな

もっとみる

推敲しているときが好き

たった今、今日の分の仕事が終わった。
もうこんな時間だ。
あやうくnoteが書けないところだった。

ライターとして仕事していくなかで私が一番好きなのは、書き上げた文章を推敲しているときだ。
誤字・脱字がないか、表記ゆれはないか、集中しなければならない作業だ。
プレビュー機能があれば、実際の画面で画像と文章を最終チェックする。
私は集中はしているものの、やっと記事を書き終えたという達成感の中でリラ

もっとみる

伝わる文章を効率よく書くために。大事にしている基本の手順

小学生の頃、学校の先生に文章を褒められたことをきっかけに作文マニアになりました。それから15年以上の月日が流れた今もなお、私はこうして文章を書いています。文章を書くのが好きで比較的得意だったことは、受験でも就活でも仕事でも本当に役に立ちました。

ここでは私が文章を書くときの基本の手順を紹介します。もちろん文章の内容や執筆に費やせる時間の長さによって一部の過程を省略・変更することはありますが、自分

もっとみる