【新刊案内】『本日のメニューは。』特設サイト公開中!

web集英社文庫のHPで、新刊『本日のメニューは。』の特設サイトが公開中でございます。

 いや、なんかこういうのいいですよねえ。僕はわりと新刊の特設系とか無縁だったんですけど、苦節7年目にして初めて作ってもらえました。ありがたいこっちゃで。

 メインコンテンツと言っていいのかわからないですけども、特設サイト一番のウリは、表紙も手掛けていただいた杏耶さんのイラストがいっぱい見れますよ!というもの

もっとみる
【スキおみくじ】小吉です。現実逃避がはかどりそうです。
4

【新刊情報】『本日のメニューは。』発売日でございます。

本日、10月18日は、新刊『本日のメニューは。』の発売日でございます!

入院中の父に中華そばを出前したい二人の子どもと、変わり者の大人たちが起こした奇跡(「四分間出前大作戦」)。マズメシ母に悩まされる女子高生と、おむすび屋の女性店主の愛情(「おむすび狂詩曲」)。底なし大食い男の葛藤と、デカ盛り定食を作り続ける頑固親父の秘めた過去(「闘え! マンプク食堂」)。熱々の美味しい料理と、それを取り巻く人

もっとみる
【スキおみくじ】吉です! スーパーで、大好物に半額シールです!
4

『どうしても生きてる』 朝井リョウを読んで

私の好きな作家さんの一人である朝井リョウさんの最新作『どうしても生きてる』を読み終えたので、少しだけ感想残して置きます。

ネタバレあるのでまだ読み終わってない人は、読み進め無い方が良いかも。

朝井さんの小説って心をえぐらるものが多いと思うんだけど、今回も例に漏れず読みながら苦しくなる話が多かったです。

特に最後の『籤』が一番印象に残ってる。智昭との関係が描かれてるところで

自分が本当にその

もっとみる
嬉しい🥺
2

第二回「細谷正充賞」発表

2019年10月7日 - ニュース

1日に200冊も発行される膨大な書籍の中で、昨年の8月〜9月の間に出版された書籍から、書評家細谷正充氏の手によって選出された面白い作品、一推しの作品を5作品ご紹介し、表彰いたします。

第2回 細谷正充賞授賞作(2019年)
・『火神子(ひみこ)』森山光太郎(朝日新聞出版)
・『ファミリーランド』澤村伊智(早川書房)
・『髪結百花』泉ゆたか(角川書店)
・『マ

もっとみる

『真壁家の相続』が文庫化されました

私に初めて連載のお仕事をくれたのは双葉社の文芸誌『小説推理』でした。

「何を連載しようか」という話になった時、担当編集者さんがちょうどご実家の遺産相続を乗り越えたばかりだという話になりました。「僕は遺産相続の話なら絶対読みますよ!」と言うので、プロットを送ったところ、すぐ連載が始まりました。しかし、よく考えてみると、私自身は相続にそれほど興味がありません。初めての連載ということもあり、書きはじめ

もっとみる

【新刊情報】「本日のメニューは。」書籍予約票を作りました。

ということでございまして、10/18発売の新刊「本日のメニューは。」の書影が無事に公開されましたので、新刊発売前恒例の書籍予約票を作成いたしました!

■PC用書籍予約票

■スマホ用書籍予約票

 予約票作成は、毎度のことですがコチラの生成ツールを使わせていただいております。いつもありがとうございます。画像保存かプリントアウトして最寄りの書店さんまでお持ち込みいただければ、店員さんと上手くしゃべ

もっとみる
【スキおみくじ】中吉です! 割りばしがキレイに割れそうです。
2

増税前のお買い物は絵本と文庫本

来月から消費税が上がるという9月。私の普段の買い物は食べ物がほとんどだし、さほど気にせず娘のオムツを少し多めに買ったくらいだった。
しかし、9月30日に出かけることになり……「本当に何もないかな?」と考えたところ、「あ、本って消費税が上がる」「来年の手帳って結局、どうしよう!?」というのが2つ頭に浮かんだ。
手帳はまた別記事に書こうと思うので、今回は書籍編を。

私自身、絵本や本が好きだし、娘には

もっとみる
リアクションいただけるの、やっぱりうれしいです!
11

書きあぐねている人のための小説入門

ブックオフで『書きあぐねている人のための小説入門』という文庫本を買った。

 読んでいたら、
「とりあえず書きあぐねている場合じゃないからさっさと紙に書け」と言われた。

次の日、僕はその文庫本をブックオフに売った。
大丈夫、元は取れた。きっと名著に違いない。

67