【詩】春が立つ

寒さ厳しいこの時に
ついに春が立つ

空は霞んで遠くが見えない
でもその雲にはたくさんの光と色が
幾重にも重なるように揺れ動く

さぁいざ 旅立ちの時。

菜の花畑でつかまえて

いい歳こいたジジババが外でイチャイチャしてるのって、外から見てあまりカッコいいものではないけれど「あれこそ真のリア充だよなあ」とも思う。

 世の中の約三割の夫婦が離婚するし、していなくとも仲が冷え切っている場合も多々ある中で、何十年と連れ添って、外でもイチャつける間柄のなんと貴重なことか。

 仲の良いジジババで時折思い出すのが、春から初夏へと向かうこの時期に、沢山の菜の花が咲く川べりの道を

もっとみる
ありがとうございます!よければシェアもお願いします!
55

春がこんなに素晴らしいなんて知らなかった

雪解け水で錦秋湖の水位が上がり、カヌーに乗り始めたのは4月19日頃。
まだ山の木々の芽吹きが始まる前だった。

4/23撮影。この写真ではわかりづらいが奥の山は雪をかぶっている

4/27の朝カヌーは雪がちらついた。はーるよ来い、はーやく来い…

4月下旬でも気温が0°C以下になる朝もあって、桜の開花もまだまだの様子。でも山に近づいて目をよくこらしてみると…

足の踏み場もないほど、満開のカタクリ

もっとみる
ありがとうございます!西和賀でお会いできるのを楽しみにしています。
8

第1幕・第2部🎼

第1幕の第1部が終わり
少しナレーションが入ります💮

“日差しは美しく、私は忙しくて”
と夫へ向けた溢れる愛情を込めた
“春の到来を喜ぶ詩”である「春がきた」

“心なお 仄かに明るく 空に漂い”と
歌い上げる切なく心に染みるメロディー
「みやこわすれ」

2曲、続けてどうぞ。

ナレーションが終わり
新たに気を引き締めて
歌い始めるコーラスメンバーに
伴奏を続けるピアニスト
そして先導する先

もっとみる

令和元年🌸

noteしばらくぶりでした。

noteを始めよう、と思ったのは、ちょうど仕事面で次の一年の見通しが立ってしまったとき。

上司は変わるけれど、今までの延長で出来そうなイメージがついてしまって、どう意味のある一年にしよう、と思った時に、仕事そのもの以外でも磨こう、発信しよう❕と思ったんでした。

その時に鍵にしたのが🗝お料理と、note。

お料理は、日常生活でするのが好きだったので、そこから広

もっとみる