Part 23  早く!早く!

Child care and Self care of ui

Part 23 早く!早く!

保育園でも、児童館でも
正直、早く早くと急かして子供たちを大きくするのに、
なんの意味があるのか、
人より早く!と、競争心を持たせて....

果たして本当に今の子どもたちが生きる未来には、
まだ競争社会が続いているのだろうか.....
続いているところでは、続いているかもしれない。

けれど、競争社

もっとみる

みんな違って、みんないい。

金子みすゞは、なんて天才なんだろう。
この言葉、改めて素晴らしいと思った。

昨日、マウンティング女子についてお話しましたが、

今の韓国と日本と縮図が似ているね、という話に母親となった。

今まで謝ってきたり、お金をあげてきたりしてきた日本だが、
ここ最近の日本は、違う。
韓国の反撃に対して、日本が引かない。
それに対して、韓国が、たじろいているようにも見える。

韓国は、日本に対して劣等感を感

もっとみる

きっぷってなに?

先日、ニュースで越谷レイクタウン駅に「きっぷってなに?」というポスターが貼られているというのが話題になっていました。

JR東日本さんによると「ICカードが普及している中、切符の使い方を知らないお客さまが多いことを受けて越谷レイクタウン駅の駅員が作成しました。特に10~20代の若いお客さまに伝わればと」とのことで、今の若い人は、きっぷというもの自体を知らないという人が多いということで、「昔は、電車

もっとみる

Longing Love

1984年トヨタの新クレスタのCMソングでした。
覚えている方は少ないかしら?

George Winston(ジョージ・ウィンストン)の名曲
「Longing Love」

同じ曲でもアレンジ次第で こんにも変わるものなんですね~~

先月納車されて 会社の車 
トランクオープナー機能
(足を車の下にかざしてトランクを開ける機能)
がついていたらしいと 最近知りました。(-_-;)

納車の

もっとみる

Part 21 みんなと同じ

Child care and Self care of ui

Part 21 みんなと同じ...

次に児童館。

みんなと同じようにお遊戯が出来る子や
周りとの協調性(この場合の協調性は自分の意見を言わず周りと合わせることが出来る子)はうまく遊べるが、
周りとの関わりよりもひとり遊びを好んだり、
自己主張をするこは、とても悪いことをしたように、
周りの大人が子供をみたり、判断した

もっとみる

好きに忠実に生きる

こんにちは。刺繍作家のeriです。

頭の中を整理するために時々ノートに文字を書き殴るんですが、今日書いた文字の中にあったのは「少しの違和感に敏感になる」です。

わかっていたけど、わかっていなかった…少しの違和感がだんだん目を背けることができないぐらいに大きく目の前に突きつけられるんですよね。あぁそうだった、って気づけたのは幸いなこと。少しの違和感って本当に”少し”だから「まぁいっか」とか「あと

もっとみる

日本が変われば僕も変わる!

こんにちは!

本間です。

最近やっと日本も涼しくなってきて、過ごしやすい時期になってきましたね!

ただ、まだ暑いので、今日もカフェに逃げてしまうんですけど😂

今日は久しぶりに横須賀に行き、歩き疲れて近くのカフェに入ったのですが、一向に進む気配がなく、

何かあったのか確認したところ、お店側が英語に対応できておらず、なにを注文したいのかわからないとの事だった、

その時は僕が対応出来る範囲

もっとみる

時の流れ

結局、今年の花火大会は日程が全て合わずに1回も見る事が出来なかった。先日テレビでは最近の花火を紹介していて、私の知る花火とは全く違っていた。色が途中で変化したり、立体感が出ていたりと出来る事が増えている。ハッキリ言って、花火が進化した所で何かの役に立つかと言われると答えに詰まるがそういう分野でも時は流れているのだと実感した。

 前にお祭りのラムネの話を書いたと思うが、先日買い物に言った時に飲みた

もっとみる

転職について( ・ε・)

結局、人を見抜く力ってのは特別な訓練をしないかぎり50%っていうのを書きましたが、「面接官」にも言えてしまうんですよね( ̄▽ ̄)(笑)

「似た業界でやってきた」「学歴」「筆記テスト」「年齢」が実はその職場でのパフォーマンスになんの関係もないことがわかってます(笑)

もう ぶっちゃけちゃうと

やってみねぇとわかんねぇってこと( ̄▽ ̄)(笑)

だから自己分析して、あれ自分ってなに向いてるんだろ

もっとみる
すべてに勝つ僕はすべて正しい。僕に逆らう奴は親でも殺す。
9

大変なんだと

さて…ここは…キャッシュ・オン・デリバリーのコーヒーショップ。僕はカウンターから一部、厨房を見渡せる席に座っています。

僕の前の女性が注文したシフォンケーキ。カウンターの女性はトンクが上手く使えなくてケーキのクリームをグチャグチャにしていましたが、でも、彼女が気にしていたのは、脂っぽくなってしまった自分の指の方。注文主からは見えないところで起こった出来事だったからか、何も起こらず、店内はいたって

もっとみる