片麻痺

脳出血による片麻痺。

早いね〜もう5年経つのかぁ…2014年の今日、50歳の誕生日の2日前。人生が大きく変わったと思う日。
トラウマになってるからか、毎年10月は調子が乗らない。

東京・あきる野市の友人の店で夜勤が終わり昼くらいに起きた俺はメールが来てないかとiPodをチェックしてた。
すると、急に頭の後ろに暖かい水でも漏れたように感じた。そして、だんだんと身体が動かなくなってきた。右手に力が入らなくなった。そして、

もっとみる
thanxです。
5

脳出血の勝手なイメージ

俺の、全くの勝手なイメージとして、脳梗塞は、浅黒く陽に焼けて、酒ガブ飲みでタバコスパスパ、塩辛い漬物大好きの、全く融通の利かない田舎のガンコジイさんがなるもの、くも膜下出血は即、死に繋がるもの、そして、オイラの脳出血は、不幸にして生まれ持ったガラスのように壊れやすく繊細な心と時々吐血するような虚弱な体質により、都会に住む薄幸の美青年が世間の荒波に揉まれ、傲慢な奴らの犠牲になって、多大なストレスの果

もっとみる
salamat po

片麻痺の一生

このカラダで一生を終えると思うと、惨めな気持ちになる。
(愚痴)

thanxです。

パラ水泳・江島大佑選手取材のウラ話

「この辺りは、来年はたくさんの人で賑わうんだろうな」

ちょうど1ヶ月前の今頃のことだ。1年後の景色を思い浮かべ、あたりを見回しながら、真夏の千駄ヶ谷の街を歩いていた。普段はあまり汗をかかない僕でも、汗がタラタラと流れ落ちる。とにかく暑い。何年か前に、人間の身体の大半は水分でできていると、CMか何かで言っていたが、どうやらそれは本当らしい。

そして、この暑さのせいで、オリンピック・パラリンピッ

もっとみる
次も「スキ」をもらえるように頑張ります!
22

絶望の中に差した一筋の光。

こんばんは、蒼です。

今日は2017/12に退院してから2018/8で介護保険を卒業した間の話をしてみたいと思います。

長く私をフォローしてくださっているかたならご存じかもしれませんが、BADによって左半身の全機能を失った私に最初の光を与えてくれたのは病院(急性期)の理学・作業療法士さん、言語聴覚士さんでした。ただ、残念ながら、健側(右・利き手)一本で生きてこう、と私に決意させたのも病院(回復

もっとみる

当初は…

脳出血で倒れた当初はこうだったのだなぁ。

今はある意味片麻痺に慣れたな。



神はあなたに試練を与えた、とピーナは言うけれど、試練ばっかで、なんで生きてたんだろう。
満足に動けない片麻痺残して。
けっこういろんなことやったし、もうよかったよ。
あの先輩はガンであっけなく死んだのに。
老人ばかりの孤独。
どうしても、まだ受け入れられない。
俺みたいな障害の人はわんさといて、皆リハビリに頑張って

もっとみる
thanxです。
1

辛いリハビリ

ネットでは相変わらず、奇跡の回復、簡単なリハビリ法、驚異の治療法、海外では有名、〜〜式、脳の秘密、ついでに新薬誕生など、宣伝だと思うけど、こういった情報が流されてる。
で、覗くと、前置きが異様に長くて、肝心なことは、大したことなかったり、有料だったりする。

こういった情報に飛びつきたくなる気持ちはわかるが、そんなに簡単に苦労なく神経の再生ができるわけがない。麻痺が回復するわけがない。

リハビリ

もっとみる
thanxです。
1
salamat po

リハビリブログ。

50回目にして、こちらから移動してきました。

よろしくお願いします。

http://egate.sblo.jp/s/article/174741440.html
http://re-set.sblo.jp/

thanxです。