聖人と聖女 その2

COBRAの2019年9月25日の記事「移行」で紹介された記事「THE SAINT AND HIS VIRGIN」を翻訳しました。長いので2パートに別けてまいります。翻訳料は300円です。

その1はこちら

"アタルガティスは人魚の女神で、シリウス恒星系から何千年もの前に卵型の宇宙船に乗ってユーフラテス側の土手に到着しました。

アタルガティスの原型は、その後カバールによって歪められましたが、ア

もっとみる

男女の性質の違いを占星術的に考えてみる

秋ですね、世間では文化祭とかやる季節ですかね。まだもうちょい先かな。

文化祭とかって、「みんな一緒に盛り上げていこうね!」と団結する女子と、「だりぃ…」とばかりにサボる男子、という構図が形成されていませんでしたか?

で、たまに女子と一緒になって準備にいそしむ男子がいたり、女子の輪のなかで「合わせるのしんどい、やってられない」となるタイプの女子がいたりもしませんでした?あるあるじゃないですかこれ

もっとみる

男が女神を信仰すべき8つの理由!

COBRAの2019年9月25日の記事「移行」で紹介された記事「8 Reasons Why Men Should Worship Goddesses」を翻訳しました。翻訳料は300円です。

"光の勢力より、この地球の状況を安定化させるために、参加のお気持ちがある方はフラワーオブライフ瞑想を強化して4時間ごとに行っていただきたいと依頼がありました。

また光の勢力は、この状況を安定化させるために女

もっとみる

③/24【自分の性別であってはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~

【説明】
《自分の性別であってはいけない》のビリーフを持つ方は、心のどこかで「自分は違う性別で生まれてくるべきだった」と思っており、実際の自分の性別に対して違和感を感じています。
『女性(男性)が男性(女性)っぽい服装や、振る舞い、言葉使いをする」「同性や異性に対して、過剰にライバル心や攻撃心を持つ」といった症状を示します。
女性の場合、心因的な月経前症候群(Pre-Menstrual Syndr

もっとみる

その組織・コミュニケーションにエネルゲイアの時間はあるか?

私達は、どんな人でも何かしらの活動をしている。

事業活動、勤労活動、暮らしの活動、勉強等様々だ。

そして、活動には必ず、
「理想的な目的や目標」
「ゴールを実現したいという達成意欲」
が存在している。

そのため、コミュニケーションも
目的や目標に最適化されたものになりがちだ。

成したいコト・成りたいヒトを目指して
何が合理的かを客観的に議論する。実現のために当然のことだ。

しかし、このよ

もっとみる

12th:episode

突然、受け取ったレオからの手紙。

そこに書かれていた内容は・・・
これまで知らなかったレオの一面でした。

第12話:レオの幼少期。

もっとみる

私が男性と仲良くなれないのはなぜか

私は、性的指向は男の子でも女の子でもあるんだけど、基本は男の子。
でも、男の子との恋愛はことごとく上手くいかない。
一方で、女の子とは性的接触はしないけど、手を繋いでデートもするし、ハグもするし、信頼しあってる。

そして、基本的に女の子にモテるから「レズなの?」って声をかけられる。

でも、私は男の子とは距離を広げることしかできなくて
男の子のことも愛でていいのかよくわからない

というか男の子

もっとみる

少しずつ お勉強。

せっかくの有料ブログなので

読んでくださっている方にとって

ためになる事を、丁寧に綴っていきたいなと

考えています。

普段のFacebookへの投稿と違い

ここには時間をかけています。

今日は顕在意識について

少し説明したいと思います。

魔法の教室でも、お伝えしていますが

私たちには大きく分けて2つの意識があり

1つは顕在意識(思考)

もう1つは潜在意識(心・魂)です。

もっとみる

未熟な男性性がもたらす恋愛パートナーシップの問題

追記

ここに書いてある男性性、女性性とは“自分の内側にいるオトコとオンナ”のことで、男とか女の話ではありません。誰もがもつ2つの性質のことです。

『そんなに簡単に幸せになってはいけない』

『他人に幸せにしてもらってはいけない』

潜在意識でこのように思い込んでいるケースがとても多くあります。

『異性との関係で幸せになってはいけない』

このような呪縛を持ったまま、パートナーシップをなんとか

もっとみる

#MeToo運動は男女間の信頼を破壊しようとしている

COBRAの2019年8月18日の記事「Grand Cross」で紹介された記事「The #MeToo Movement Is Destroying Trust Between Men And Women」を翻訳しました。翻訳料は300円です。

"幼児虐待ネットワークの排除とともに、カバールが人類に強いてきた歪んだ性的プログラムについての認識も高まっています。

またカバールは過激派フェミニズム

もっとみる