私の人生哲学

就職アドバイザーを5年間やってきた私が、どうしても就活生に言いたいこと

私は、2013年から今までずっと、新卒エージェントのキャリアアドバイザーとして働いている。

会社の在籍期間は、丸6年と少しなのだが、半年くらいマーケティングの部署で働かせてもらっていたので、アドバイザー歴としては5年くらい。

今まで見てきた学生さんの数は、ざっと2000人くらいにはなるだろうか。

私のこの数は、マンツーマンで対面で話した人数だ。

世の中には、「これまで1万人の就活生と会い・

もっとみる

現代流ウパニジャッド入門編

【注意】

※本文はバガヴァッド・ギーター(上村勝彦訳, 岩波書店 (1992))やウパデーシャ・サーハスリー(シャンカラ著, 前田専学著, 岩波書店 (1992))を元にルリヤが考察して得られた知見でございます。

※こんなの絶対に間違ってる⇒悪魔を惑わしているヒンドゥー界隈のお釈迦様的存在と思って回れ右してくださるとありがたいです。

※スピリチュアルは主観で決めるものやと考えております。自分

もっとみる

わずか50日で収益化出来た「理由」と「想い」を伝えたい。

ポイントは、
「想いを届ける相手の選定」と、「どれだけ愛情を文章に込めれるか」、だけである。

優先順位の重要性

僕は収益化の優先順位がとても低く、第一優先順位に収益は入っていない。

それもそのはず、僕の第一優先は、会社内のある「特定の部下」に向けて、いつもブログを書いているからだ。

「いつか心に響く日が来れば、嬉しいな!」という気持ちで、毎日綴っている。

目的が部下の教育であって、収益化

もっとみる

愛の貯金

また、おじいちゃんラブ❤️

私のおじいちゃんは55歳の時に胃がんを患い、早期退職をした。

らしい。

よく知らないのが事実。

物心ついた頃からいつも一緒にいてくれた。

私の小さい頃の思い出のおじいちゃんはいつも一緒にいてくれて、遊んでくれて、常に家にいる事が当たり前の人だった。

静かに釣りをしたり、家庭菜園を楽しむ。

派手な生活をせず、出された食事をありがたくいただく。

近所のお友達

もっとみる

あなただけの「運命の人」に出逢うと、成長したくなる

成長したいのなら、運命の人に出逢おう

運命の人に出逢った瞬間は、とても分かりやすい。

本当に電流が走るくらいの衝撃と、懐かしさを感じるのが特徴である。

恋愛では今の妻であり、会社では今の上司である。

「この人の為なら、何でもしたい!」という衝動に駆られ、行動したくなる。

その人に感動を伝えたくなるし、感動してもらうにはどうしたら良いか、と自然と心の底から思えるようになる。

だから僕はあ

もっとみる

失敗に、ビビッていては成長など出来ない

失敗から逃げても、必ず失敗する。
それならば、勇気を持って一歩踏み出そう。

手っ取り早く、成長するには「とにかく失敗する」しかない。

第一線で働いているプロも、そこからプロがスタートし始めたのである。

そもそも痛い思いをしなければ、学ぶことなど出来ないのだ。

あなたを創ってきた何十年をいきなり変えることは不可能であるし、一回の間違いで完ぺきに直る人もいない。

つまり、何度も失敗して立ち上

もっとみる

「この人は何度言ったら分かるんだ!」と、思うあなたへ

断言するが、数回注意したくらいで、人など変わらないのである。

「何回、言ったら分かるんだろう」と、よく耳にするが、何回言っても分からないのが、人である。

あなたは、一回言われただけで、全身にイナズマが走るくらいの衝撃を覚え、学習していくかも知れない。

だからこそ、今の地位があるのかも知れない。

ただ、世の中には一回伝えたとしても、右から左の人が非常に多いのだ。

真面目なあなたは、「どうい

もっとみる

【気まぐれエッセイ】20歳を大人だと思っていた、あの頃の私へ

「もっと大人だと思ってたのに」と思いながら20歳を迎えた。

そしてまた同じような気持ちで、30代になった。

時は驚くほど早く、私はとてつもなく不安になる。早くしないと人生終わっちゃうよ。そうやっていつも私は焦ってきた。たぶん15歳くらいから、ずっと焦ってる。

いくつになっても、3歳の私が、9歳の私が、14歳の私が、15歳、16歳、17歳、18歳……の私が、心に棲みついたまま

「ねぇ、まだ?

もっとみる

圧倒的な情熱を持てば、他者を圧倒できる。

圧倒的な熱量は、人を魅了する。

圧倒的な時間を投下すると、どの分野でも必ず抜きん出ることが出来る。

それもそのはず、誰よりも時間を投入し、誰よりも執着を持ち、PDCAを繰り返しているからだ。

今の時代、そこまで情熱を持たれたら、多くの人が太刀打ち出来なくなる。

なぜならば、就業時間外に働く人が減ったからである。

就業時間外に遊んだり、趣味に没頭する人が増えたおかげで、圧倒的な差をつけるこ

もっとみる

成長の一番の近道は、社内で一番出来る人の真似をすること

【自己流は土台となる基礎が出来てから】

出世や成長の一番の近道は、社内で一番出来る人の真似をすること。

これが一番の近道である。

もし、「人の真似をしなくても出世なんて出来る!」という人ならば、そのまま邁進して欲しい。

それで突き抜けることが出来るならば、独立することをオススメする。

ただあなたが、普通の凡人であれば、出来ている人の真似をすること以外に成長する方法はない。

しっかりと守

もっとみる