育休を1年取得した理由

記録を残そうとは言ったものの、何から書けばいいのか状態に、私は既に陥っている。

こんな風に何かを書くのは、学生の頃になんとなく綴っていたmixiでの日記以来かもしれない。

アレか。
結局、時間軸なのか。
いいだろう、そういうことなのかもしれない。

私が育休を取得したきっかけは、嫁からの希望であったと思う。

諸事情によるNO里帰り確定、NO両親の助け確定という状況下の嫁には、ワンオペで育児と

もっとみる

ただの男性会社員、育休を1年取る

2019年4月25日、我が家に1人目の子供が生まれた。

10連休の大型GWを経た後、5月20日から子供が1歳になるまでの約1年間、育児休業を取ることにした。

どこにでもいる会社員(♂)満34歳。

育休も5ヶ月目に突入しようというある日、会社の友人に記録アプリを教えてもらった。

何か足跡は残しておこうと思っていた。

正しい使い方なんてのは、分からない。

どうせ育休中で自由に外出

もっとみる

「俺キャリア諦めるしかなさそう」と嘆く夫にとった対応

1年をかけてマイホームを買い、引っ越しすることが確定した矢先に、まさかの娘の保育園退園が確定することに……。

夫が育休をのばすということで一旦話は落ち着いたと思ったけど、問題発生。

もっとみる

ついに家を購入!そして娘の保育園退園が決定…

家探しを続けて1年。ようやく、そこそこ納得できる物件を見つけた。

都内のマンションから関東の戸建てに至るまで、軽く30を超える物件を見てきたし、なんなら契約寸前になった物件もいくつかあったけど、

結局のところ私たち家族にとっての決め手となったのは

もっとみる

労働一般常識まとめ①

労働一般常識はネガティブイメージ!?

みなさんは労働一般常識のイメージはどうですか?

恐らく大抵の方がネガティブなイメージを持っていると思います。

その理由は

1)範囲が広い、法律が多い

2)抽象的な話が多いので記憶の定着が悪い

3)一生懸命勉強しても、得点に結びつかない

4)テキスト以外の範囲から出題される(足切りにあう)

こういった所でしょうか?

私自身、一番嫌いな科目が労働

もっとみる

育児休業を思い立つまで(中編)

さて、仕事を年度末で辞めて実家へ戻るつもりが、実家がなくなってしまうという事態になってしまいました。さあ地元へ戻るなら仕事を辞める。しかし辞めてもたちまち帰る実家はない。そんなすぐに新しい住まいが手配できるか? さてどうしたものやら。

跡を濁したくはないのだけれど

さて、職場のある町に戻った1月末、すぐに上司には「転勤を伴う異動が出たら僕はいなくなります。異動が出なければ年度末で辞めます。引き

もっとみる

主夫にはどうやったらなれるの?【宿題】

「お母さん、○○君(僕)は怒られないと宿題しませんよ」

二十数年前、塾の面談で母に向けて伝えられた言葉。

確かに。
量が尋常じゃない塾の宿題は嫌いだった。
塾に行きだしてから放課後に友達と遊ぶ時間は皆無になっていったし。
怒られるから、って強制力がなければしなかっただろう。

そんな宿題嫌いだった僕なのだが、今、宿題を抱えている。
あのころとは違ったタイプの宿題を。

因みに、今でも強制される

もっとみる

育児休業を思い立つまで(前編)

妻がフィリピン出身のフィリピン人で、日本語はまだできません。日常生活では、英語と簡単なタガログ語と簡単な日本語で会話しています。妊娠がわかったとき、さて、まだ日本語ができない妻がこれから出産まで、さらには出産してから、どのようにサポートして行くのがよいかを考えました。

産婦人科での検診で先生が英語を話してくれるだろうか。先生が話せないなら私が通訳してあげないといけないけど医学用語が分るだろうか。

もっとみる

育児休業は無理だったので有給休暇でなんとかする

「父親 育児休業」で検索すると、育児休業中です!育児休業よかったです!という情報は割とあったのだけど、育児休業は無理でした、諦めました、という情報はあまり見つけられませんでした。

育児休業とりたかったけど

私も育児休業を申請するつもりだったのだけれども事情により断念し、代わりに有給休暇を使って育児のために仕事を離れる計画です。育児休業に理解のある職場や上司に恵まれず、なんとか有給休暇で育児をし

もっとみる

このまま終わって良いのか、わたしの育休。

ママになって1年と4ヶ月。
ずっと考えていた。

育休中に、子育て以外のことで何かできることはないか。

娘も1歳を過ぎ、ようやく生活リズムが整ってきた。もちろんまだまだ手はかかるが、一人遊びも少しずつできるようになり、お昼寝も同じ時間にまとまってとれるようなってきた。今は、少しだけ自分の時間が持てている。ほんの少しだけ。

このほんの少しの時間に何ができるのか。

今まで子どもと関わる仕事しかし

もっとみる