暑い暑い夏の終わりにー利子の効能ー

薄らぼんやりと考えてみました。この日本という国について。

きっと夏休みの思い出とか、楽しいことについて語れば人気も出るのでしょう。若者たちはどこにいけば、楽しめて、盛り上がれるのか、自意識を満足させることができるのか。そこに注力しているのですから。ですが、そういう事は他の人たちにお任せして、私は憂うべき事について書きたいと思います。

大人たちは金を勘定する事に四苦八苦しています。金が今までのよ

もっとみる

表現の自由についての覚書き

1/はじめに

この夏「あいちトリエンナーレ」の「表現の不自由展・その後」が、「平和の少女像」の展示などで炎上し、電凸や脅迫などを受け、閉鎖に追い込まれるという出来事があった。

この件に関しては、ツイッター上でも、多くの人が「表現の自由」の観点から、あれや、これや、と発言しているのが散見される。

「表現の自由」という言葉も、「民主主義」と並んで、みんなが好んで使う言葉だと思う。しかも、これまた

もっとみる

性悪説の真意

性悪説、と聞くと、キリスト教的厳罰主義に基づいた、人は生まれながらに全員が原罪を持っている、とごっちゃにしがちだ。

ところで性悪説は、紀元前三世紀頃の儒教家、孟子が唱えた性善説に対して、荀子が反対して唱えた説のことだ。

いわく(Wikipedia)

"「(人間は様々な意味で)弱い存在」という程度の意味であり、「悪=罪(犯罪あるいは悪事)」という意味では無い(「弱い存在」である人間が、犯罪や悪

もっとみる

表現の不自由展について         【私はロランバルト『明るい部屋』を曲解して語る】

遅ばせながら、私も多くの議論を呼んだ「表現の不自由展」について語りたいと思う。しかし、私は憲法については門外漢であるし、表現の自由についての議論など、およそ語ることができない。だが、私には憲法の問題などの次元とは別の次元に、この展覧会の核心が、この議論の核心があるように思えて仕方がない。そのため、私は「表現の不自由展」について、現在行われている議論とは別の次元で語りたい。

 私は「表現の不自由展

もっとみる

【レモネードスリーパー( )の評論( )】

(1)

鈴村健一=松本人志。ザベスさん=東野幸治。朝の情報番組『ワンモーニング』とは、ラジオ版『ワイドナショー』である。鈴村健一に関しては、以前から『ドキュメンタル』の声優版みたいなこともやっていたし、この評論に間違いないだろう。

サンキューベリーマッチ!!(もぎたてのラズベリーを頬張りながら!)
4

【選挙の投票増・論考】

例えば、アイデアとして『渋谷のラジオ』で企画をやるなら、朝活×選挙の投票というサンプリングで「投票は朝の7時~♪」というCMキャンペーンを自治体含めて実践するとか。ピチカートファイブ的な。野宮真貴さん的な。アイデアは色々、あると思う。これは、投票増の話。

サンキューベリーマッチ!!(ナポリタンのソースだけ飲み干しつつ!)
6

「僕らはそれに抵抗できない」

アダム・オルター著作の「僕らはそれに抵抗できない」を読みました。これを踏まえて「行動嗜癖」について書こうと思います。

行動嗜癖とはどんなものか分かりますか? 依存症とか中毒と言えば、少し理解が容易いでしょうか。薬や酒、タバコなど嗜好品など、快楽を生じさせる物質に対して依存が起こる事は広く知られています。しかし、現代では必ずしも、これらのような物質的なものだけでなく、特定のサービスや行動そのものに

もっとみる

「酒に酔っていたので憶えていない」は単なる言い逃れなのか?

・その言い訳は真実なのか?

主として「おっさん」が酒の席などで、暴力沙汰やら、セクハラやら、あるいは、ご自身の立派なイチモツをご披露したとか、何らかの不祥事を起こしたとき、その後一夜明けて

「酒に酔っていたのでよく憶えていない」

という言い訳をすることは、世上よく聞くところであろう。

仮に、身近でそんな場面を直接見聞きしたことはなくても、ニュース報道などで当の人物がそういう言い訳をしている

もっとみる

ボクらがいま喫煙者に対してしていること

・2020年4月からの喫煙規制

「来年(2020年)4月からバーでもタバコを吸うことができなくなるみたいなんですよ」

「え? 嘘だろ? なんでバーでタバコが吸えないの?」

「少なくとも従業員を雇っているとダメみたいです。うちは、いまはひとりでやってるんで一応大丈夫みたいなんですけど」

「そうなんだ……」

先日、行きつけのバーでのマスターとの会話である。

その後、ネットで調べてみると、こ

もっとみる

人生ー意味について

哲学的なことって、皆さん興味はありますか?

大抵の人は、楽しいことや喜ばしいこと、得することに興味があることでしょう。一方で、哲学って気難しい感じがします。まあ気難しいのが哲学なのですが、実は出発点は世界がどうなっているのだろう?とか、人生ってなんだろう?ってことに通じていて、誰しもがどこかで関係する事なのです。

ここで、いろいろ引用して紹介することも可能でしょうけど、シンプルに今の自分がどう

もっとみる