monzoってやつがすごい/駐在妻のお金と仕事についておもうこと

monzoがすごくすごく便利だ。

日本で私が使ってたLINE Payに似ている。monzoにお金をチャージして、あとはクレカのように使う。プリペイドカードみたいなものだ。
入出金はmonzoアプリで逐一見れる。monzoユーザー間の送金もできる。

私は現在専業主婦である。日本の企業に勤める夫の海外転勤に帯同するため、日本の仕事を辞めてきた。いわば無職だから、住所証明もむずかしいわけだが、それで

もっとみる

健康診断@マレーシア

マレーシアで初めて健康診断に行ってきました。昨年は10月に夫と渡航前検診に行ったから、あれからもうすぐ1年経つんだなぁと感慨深い。

今回は7月頃に夫の勤務先から案内が来て、会社指定のいくつかの病院の中からAmpangにあるHSC Medical Centerを予約して2人で行ってきました。前日の23時から固形物飲食不可(水はOK)、当日の持ち物は検便、パスポート、保険証券のみでした。

HSC

もっとみる

9ホールのゴルフコース@マレーシア

マレーシアに来てから学生時代に少しだけかじったゴルフを再開したのですが、今日は2度目のコース練習でした。

18ホールは実力的にまだまだなので、前回に引き続き9ホールだけのコースのThe Club @ Bukit Utamaでプレーしました。

The Club Bukit Utama Golf Resort
Persiaran Surian, Bandar Utama, 47800 Petali

もっとみる

台風  引きこもり  誰ともふれあっていない  駐在員について【每天投稿プロジェクト-2】

今月から平日は中国語塾のサマースクールに通っているのですが、今日は台風の影響でお休みでした。台湾では台風のときは政府から直々に「明日は台風ひどそうだから通勤通学しちゃアカンやで」って全休のお触れが出るのです。
引きこもりにこもりました。正確には家の中の、ベッドの上にずううっといました。
全休というので昨日慌てて買った食糧さえもベッドの上で食しました。(キッチンもレンジもポットも冷蔵庫もないので頭を

もっとみる

海外赴任帯同までの道のり⑤

そろそろ完結しますね。

●マレーシアに持って行ったほうがいいもの

意外とマレーシアでは日本のものが色々と揃います。DAISOもAEONもあるからだいたいのものは手に入る、但し輸入品なので日本で買うよりも割高。なので良く使う調味料や常温保存可の食品(肉類はNG)、化粧品や薬等は持っていけるだけ持っていきましょう(しかし規定数量オーバーしたり新品の高額品は入管で課税されるので注意が必要です)。

もっとみる

駐妻生活中に出会った困ったさん

マウンティングとかは日本でも遭遇するトラブルだと思いますが、駐妻生活中ならではの人間関係とかトラブルもありました。

困ったさん①こちらの人間関係を広めようとしてくれる人

海外生活では日本人同士という縁でつながることが増えます。
時々その中に良く言うと「リーダーシップがある」「お世話好き」
悪く言うと「おせっかい」な人がいることも。
私が遭遇したのはお茶会やBBQを主催して、知らない人同士を知り

もっとみる

海外赴任帯同までの道のり④

今更ながら、赴任までに要した費用なんかをきちんとまとめておけば良かったなぁと思います。会社負担になるものもありますが、そうでないものもあってなんだかんだ色々出費がありました。また気が向いたら家計簿を遡ってまとめてみようかな。

●国際免許証の取得

日本にいる間に国際免許証も取得して行きました。運転免許証があれば免許センターで即日発行してもらえます。私の場合はマレーシアに来てパスポート以外のID(

もっとみる

海外赴任帯同までの道のり②

なんか①は個人的エピソード多めですみません。まあ夫は仕事だし自分で希望したところもあるので淡々としてましたが、私は配偶者に人生振り回されるということに「結婚ってこういうことなのか。。。流石に海外赴任は想定外だったわ。。。」という気持ちで正直最初は複雑な心境でした。

●会社との交渉

で、最初は海外赴任について行くなら仕事は辞めなきゃ行けないのかなと思っていたら、どうやら会社によっては辞めなくても

もっとみる

海外赴任帯同までの道のり①

マレーシアに来て7か月目になり現在夏風邪をひいてます。暇なので、備忘録を兼ねて夫の海外赴任に帯同するまでのことを書いてみようと思います。

●渡航までのスケジュール

ざっくりな時系列だとこんな感じでした。

7月 海外赴任内々定

9月 赴任時期と国が決まる、渡航手続開始

10月 夫渡航

11月 有給消化、下見渡航

12月 引越、休職開始、渡航

夫は正式な辞令から数週間で着任しなければな

もっとみる

日本人で旦那さんの業界や会社が全然違う駐妻さんよりも他の国から来てて旦那さんが同業の駐妻さんの方が、意外と待遇とかで共通点あったりして気楽に盛り上がることがある