ひょんるん♪ 心のままに…

119
ノート

思いやりが通じなくてガックリくること

実は今回の台風で、親が千葉で被災しました。
親には積年の複雑な思いがあり、それが嵩じてとうとう本まで書いてしまった私ですが、
こういう時には必死になって守ろうとします。

恨み言は横に置いてなんとか助けようとしてしまいます。
ところが

親はやっぱり、そういう想いがわからない人で
人の思いやりを感じ取れる心が足りないようです。
またもやガックリさせられました。

でも

それでも
自分の想い

もっとみる

助けるとか相談とか…

Twitterのプロフィール文
中々ビシッと決まらない
これまで何度、書き直したことだろう

今回は悩んだ末に
「助けるべき人を」という言葉を入れた

これは思いっきり私の個人的主観だ

苦しんでいる人、困っている人を助けたくなる

でも、誰彼構わずというわけにはいかない
好き嫌いも相性もある

どんな人をどんな形で助けたいのかは
私が決める

それは誰にも譲れない

大体「人を助ける

もっとみる

『再生の時』

『再生の時』

何かを復活させようと思う時は
どんな心境になるのか
私は、昨日の夜から今日一日の間に

   強烈に実感しました!

そして必要なことを痛感しました
それは以下です

「このままじゃダメだ!」と強く思うこと

絶対欲しいものを強く思うこと

そのために今のままで大丈夫なのか
厳しく問い正すこと

まだ可能性のあるものを
「どうせ無理」と放棄してしまってはいな

もっとみる

自分が"何者"なのかを知るキッカケ

私にとって大仕事だった 夫の両親達とのキャンプ旅行、無事終了です。

人によっては簡単にこなせる事なのかもしれません。
でも私には相当に気合の要る仕事です。

しかも、年々辛くなっています。

今一番言いたいのが
自分に対して
「よく乗り越えた、お疲れ様」です。

一休み、というか3時間くらい爆睡(笑)してから

これまでの振り返りをやってみました。

自分が何故頑張ってきたのか
その

もっとみる

頑張らなくては

明日からのキャンプに備えての心構え

自分達家族だけではなく、夫の両親と一緒

これは恒例行事である

泊まったり泊まられたりが年に何度かある家だ

私の実家はそう言うことが少なかった

母がそう言うのを嫌ったから

母の力が絶大だったから

私も本当は物凄く苦手だ
何と言っても私が特殊な病気
(病気そのものはメジャーだけど、重症を乗り越えてきたから、一般人と同じには出来ない状態)
だから尚更

もっとみる

見ず知らずの人からブロック?!

見ず知らずの人にブロックされたことのある方っていらっしゃいますか?

知っててうるさくしちゃったり、意見が合わなくてなどなら納得ですが、そうではなくです。

もしかして何処かですれ違っていたかも知れないですが、全く記憶に無い方から、です。

気になってそういう事例がどの位あるか検索したら、結構あるみたいですね。
なんか世の中荒んできてますね
世間の縮図を見た気がします
でも、何というか、ドラ

もっとみる

嫌われるのは悪いこととは限らない

嫌われるのは悪いこととは限らない

その人の心に「この人嫌い」という意識を生じさせた事は、一つの貴重なメッセージだから

それを気付きに変えられるかはその人次第なのだけど

私も誰かを嫌いと感じた時
それは私の心の奥からのメッセージと受け取る

その気持ちの理由には大事なものが詰まってる
活かせばいい

例えば活躍している人を疎ましく思ったら
それは私がその人を羨ましいと思っているから

もっとみる

人間さなぎはその後…

私はさなぎ状態になっていた時期がある

   人間さなぎ ね

(※ 別ペンネームで本にもした)

そこからは必死に這い出して
普通の生活に近いものが送れるようになった

でも、普通の人達と比べると
まだまだ追い付けていない

そこに行き着くことが出来るのかな

生きているうちに間に合うのかな

動き回れる時間は少ない

自分的にだけど
凄く体の調子のいい時に
一気

もっとみる

服と私

服と私

私、実は
洋服屋さんに行くのが凄く苦手なんです
服の事を考えるのも苦痛

…いや
自分の姿に自信があった時は
服を考えるの好きだった
楽しかった

子供の時はよく服のデザインを考えたりしていた

元々はそういう人間だったのに

変わった理由は二つある

親からの否定と病気、アトピー

今は親との事より病気が主

先ずは自分の肉体からなんだ

肉体が綺麗なら
何を着ていて

もっとみる

闇から救い出したい相手

最初は番組の感想を書こうと思っていた

でも、私の書きたいものはそれではなかったようだ
途中で変わってしまった

今回は奇妙な独り言です。

今回NHK教育TVの「100分de名著」で紹介されたのは
小松左京の「ゴルディアスの結び目」だった

私はこの番組の哲学的アプローチが大好きなのだ
毎回楽しみに観ている

先週、次回はこの作品と聞いて検索した

どんな話かおおよそを知った

そして今日番

もっとみる