Goodpatch Anywhere

9
ノート

新規事業を立ち上げるときに気をつけるべき地味なこと [Goodpatch Anywhereの場合]

Goodpatch Anywhereを立ち上げて半年以上の期間が経ち、ありがたいことに事業は順調に成長しています。メンバー数も40名を超え、超大企業からベンチャーまで、幅広いクライアント様に恵まれ、社内的にもそれなりに注目されるようになって来たのではないかなと思います。そして社長が「めっちゃ伸びてる」って言ってます。

これまで「個人的にやりたいこと」と「必要なこと」をまぜこぜにして走ってきました

もっとみる

インターネットの中で働く

リモートワークというと「人と会えないとコミュニケーションが〜」「誰が何やってるか見えないと不安〜」という懸念がつきまといます。私たちGoodpatch Anywhereはこのような制約を超えつつあって、むしろ物理環境から開放されてインターネットで働くメリットを活用する段階に足を踏み入れています。

いつでもどこでも繋がる

この半年で私はすっかり旅するUXデザイナーになりまして、月3〜4営業日は自

もっとみる

Goodpatch Anywhereの近況報告

不覚にも体調を崩して眠り続けた週末の成果として、久しぶりに文章を書こうと思います。

どこにいても、デザインの力は証明できる「Goodpatch Anywhere」の記事を書いてから八ヶ月、本格的に立ち上がってからは半年が経過しました。外部から見ていると何をやっているのか、はたまたちゃんんと活動しているのかすら危うかったAnywhereですが、先日ようやくGoodpatchのサイトにもAnywhe

もっとみる

Figmaでできる、UIデザイン。-ワークショップ編-

こんにちは、Goodpatch Anywhereのささやんです。
先日はFigmaに恋してる!特に共同作業にぴったりだよ!というご紹介をしました。
じゃあ具体的にどんなことができるの?について今回はお話できればと思います。

第一弾はUIワークショップについて、です。
ワークショップというとUXデザイナーがやってるものじゃないと思われがちですが、UIでもできるんですワークショップ。しかもリモートで

もっとみる

ラバブルなプロダクト&サービスデザイン

この記事はGoodpatch UI Design Advent Calendar 2018の11日目の記事です。

最近はOOUIなどのUIデザイン分野での盛り上がりがすごいので、補完関係となりそうなUX分野での議論もしたいなぁと考えてMLP:ミニマム-ラバブル-プロダクト(Minimum Lovable Product)について書いてみようと思います。Goodpatch内部でUIとUXの議論の

もっとみる

Figmaで実現できる “いっしょにワークする”

この記事はGoodpatch UI Design Advent Calendar 2018の19日目の記事です。

こんにちは、10月からGoodpatch Anywhereにジョインしたささやんです。
リモートワークでわくわく楽しく活動しています。
師走ですね、すっかり寒くてお鍋が一段と美味しいですね。

今回は2ヶ月前に導入してすっかり惚れ込んだ、Figmaのおすすめ機能についてUIデ

もっとみる

Figmaを使ったリモートワークショップの可能性

昨年末に書いた「できる!リモートワークでのUXデザイン」という記事に引き続き、今回はUXデザイン界隈の実践者に向けて、主にスマートルアーとGoodpatch Anywhereでの業務で見つけた「Figmaを使ったリモートワークショップの可能性」について語ってみます。

※この記事に書かれている「ワークショップ」は、基本的に「UXデザインの現場におけるワークショップ」に限ったものです。

ワーク

もっとみる

Goodpatch Anywhereに半年Joinしてわかった、リモートチームの魅力と楽しさ

こんにちは、ささやんです。
今回はGoodpatch AnywhereにJoinしてちょうど半年が経ったので、働き方の特徴であるリモートチームの魅力と楽しさについてお伝えできればと思います。
最近はリモートワークもだいぶ認知はされて来ましたが、「いやいや実際成果はどうなのよ」「リモートはできてもチームは無理でしょう」と考えている会社の方や、リモートワークに興味があるけど不安。。。と考えているデザイ

もっとみる

Anywhereという、新しい働き方

実は最近、デザイナーとして新しい働き方に挑戦中。
とにかく楽しいので、紹介したいと思います!

ちょうどデザイナーとしての働き方に関して少し悩んでいた時期に、Goodpatch Anywhereを見つけ「フルリモートのデザインチーム!?私が探してたのはまさにこれだ!!!」と思い、即応募をしました。

Anywhereにjoinしてあっという間に約2ヶ月が経ち、ちょうど1つ目の案件が終了しました。個

もっとみる