スター・ウォーズ アイデンティティーズが個人的にどハマりした理由

10月の中旬から下旬にかけてお休みをいただいて、家族で東京に行ってきました。期間内は家族優先で観光しておりましたが最終日はちょっと時間をもらって、表題にもあるとおり「スター・ウォーズ アイデンティティーズ(STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition)」へ。

映画で実際に着用された衣裳、小道具、模型などが約200点も展示されている展示会でした。展示品は、今後ロ

もっとみる

「在日朝鮮人ってどんなひと?」

在日朝鮮人とは、日本の植民地支配の結果として、日本に居住することになった朝鮮人とその子孫のことだ。

想像力の全くないバカ連中が、単純なレイシズム思考をもって、多くは自分の鬱憤バラシで攻撃するが、俺も知らなかったことがいっぱいあるけど、いろいろ歴史を読むと、日本特有の曖昧な戦後処理と各国の権力者の思惑で犠牲となってしまった“難民”であることがわかる。

日本にいながら国籍も持てずに様々な制限を課せ

もっとみる
thanxです。
3

実は僕は発達障害?苦手なものは苦手だっていいと思う。

みなさんおはようございます、ユシアです。

ここ数日「発達障害」に関する話をよく聞くので
昨日こんな話を書きました。

「『発達障害』という名前にこだわらなくてもいいんじゃない?」
というお話。
興味がある人は読んでみてください(*´ー`*)

さて今日は「僕自信、実は発達障害なのでは?
と感じることもなくはないよ」というお話。

僕は「発達障害」ではありません。
正確には「『発達障害』と診断され

もっとみる
このハートを明日のおやつにする!
9

「発達障害」と病名をつけることに意味があるのだろうか

みなさんおはようございます、ユシアです。

ここ数日、チュートリアルの徳井さんの騒動があってから
「ADHD」に関するツイートをよく目にします。

僕は、どんな理由で徳井さんが「ADHD」と疑われているか
詳細は把握していませんし
もちろん専門家でもないのですが
今日は「発達障害」に対して、個人的に考えていることを
書いていこうと思います。
(徳井さんのことではなくて、飽くまで「発達障害」のことね

もっとみる
このハートを明日のおやつにする!
8

自分の見つけ方。

こんばんは。

本日のテーマです。「自分の見つけ方」です。

とてもありきたりなテーマですが本当に大切なことです。だからこそ、僕が実践していることをシェアしておきたいと思いました。

それでは早速本題に入っていきましょう。

自分を見つけるということは、ブランディングをするということです。自己のブランディングができることによって、人生の方針や何かの決断に迷った時など起点に立ち返ることができます。人

もっとみる

identity とは

こんばんは。

いつも読んでくださる方々。今日の記事に惹かれて読んでくださっている方。本当にありがとうございます。

改めて僕の自己紹介をさせていただきます。

こういちろう 18歳 現役の高校3年生です。

近頃、「自分とは?自分の考えの根本とは?」と頻繁に考えるようになったのです。それらを考えついた先に見つかった一つの方法が、このNOTEでした。

もう一つの大きなテーマは。

アイデンティテ

もっとみる

イデオロギーは悪なのか〈3〉

一般に、人間の現実的な生活においてイデオロギーがどのようにして影響を及ぼしているかを考えてみよう。
 社会的な生活を営むそれぞれの人たちは、彼らのそれぞれの現実生活において、自分がその社会のなかのどこにいるのか、また自分は社会のなかで誰と何をしているのか、そしてそのような自分はその社会において何者なのか等々というようなことを、その社会の「支配的なイデオロギー」の現実化でもある、さまざまなイデオロギ

もっとみる

オーバーフェンス

前回書いた記事に続く今回。

アイデンティティーを見失ったこの頃に、たまたま観た映画。

オダギリジョーと蒼井優主演の「オーバーフェンス」。

離婚を機に北海道へ移り住んだ男と、昼は遊園地、夜はホステスとして働く女の出会いは劇的ではなかったけれど、何もかも平行線だった日常に突如訪れた、朝日のような優しい出会いから物語は始まる。

家庭を「壊して」しまった男と、自分自身を「壊れている」と評価する女。

もっとみる

【お知らせ】Locketsのロゴをリニューアルし、大幅なリニューアルが始まりました!

2016年11月11日にスタートして約3年弱。
Locketsのロゴをリニューアルしました。

以前のロゴはこちら。

今回のロゴはこれまでに蓄積された思いやこれから実現したいことを凝縮し、濃厚でありながら、スッキリとした印象にまとめ上げました。

特にアプリのアイコンとして、faviconにもなる正方形アイコンでもある、こちらのシンボル。

Locketsの冒頭の“L”を使い、”ビルや家といった

もっとみる

ネオンの神の汎神論

ネオンの神の汎神論。
ネットの海は広大でも、個別のデバイスに流れ込むタイムライン、区切られた井戸はあまりに狭い。
そしてその小宇宙は、流れ込む「ゴースト」にいつも満たされている。

…言葉遊びです。

でも、情報化社会と呼ばれる現代における「個人」の「自由意志」について、僕が感じたことをコンパクトに、生々しく表現できているかなと勝手に思っています。

ネオンの神

「ネオンの神」という表現は、サイ

もっとみる
Vielen Dank:D
13