ファミリービジネス

家業を継ごうと思った理由

ぼくはいま、妻の父親が経営する会社で働いている。
ヒューマンリソース部で採用をメインに担当していて、新卒中途、海外での採用、人事制度設計や人材配置などヒト系の仕事と一部ビジネスサイドの仕事もしている。今日はぼくが今の会社で働こうと思った理由を書こうと思う。

◆何でもできると自信を持っていた大学時代

大学時代から振り返る。
地元の高校を卒業後、スポーツ推薦で京都の佛教大学文学部英米学科に入学、英

もっとみる
ありがとうございます、うれしいです!
16

グラフトプレナー#4 米屋を家業に持つ、小澤佳奈さん

家業があって、それを自分に合った形でサポートしたり、進化させたりしている人のことを、僕らはグラフトプレナーと呼んでいる。いったいみんな、どんな活動をして、どんな毎日を送っているんだろう。第四回目は、東京都府中市の米屋を家業に持つ、小澤佳奈さんを紹介。

【プロフィール】
名前:小澤 佳奈
年齢: 29歳
何代目:4 代目
家業 :米の小売
事業承継の予定 :今のところ継ぐわけではないが両親だけでは

もっとみる

グラフトプレナー#3 祇園の旅館を家業に持つ、影山直毅さん

家業があって、それを自分に合った形でサポートしたり、進化させたりしている人のことを、僕らはグラフトプレナーと呼んでいる。いったいみんな、どんな活動をして、どんな毎日を送っているんだろう。第4回目は、祇園で旅館・ホテル業を家業に持つ、影山直毅さんを紹介。

プロフィール
名前:影山 直毅(かげやま・なおき)
年齢:28歳
代:3代目
家業:旅館・ホテル業
事業承継の予定:弟が継ぐが、影山さん自身も関

もっとみる

「星野佳路と考える ファミリービジネスマネジメント」を読んで

言わずと知れた「星野リゾート」代表、星野佳路さん。NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」の記念すべき第1回目放送の人物で、リゾート、旅館、ホテルの再生請負人として今や大注目を集めていますよね。

この本は星野さんが考えるファミリービジネス(同族経営)の、特に継承について書かれた本です。

国内の全企業数の99.7%が中小企業と言われ、その5割以上が同族内で事業承継を行っているといいます。今回は

もっとみる
読んでいただいて、ありがとうございます!これからも楽しんで投稿します!
9