メンタルハック

ディックのマインド

いい女を抱きたい

金がほしい

結婚したい

SEXしたい

今までどれだけそう願ったにも関わらず、なぜあなたはそれに見合う努力をしないのか

準備をしてない

まだその時じゃない

自分では無理

そう考えていてなにか変化することはあっただろうか?

ただ待ってるだけでは意味がない。

考えていても何も始まらない。

考える前に行動する

それだけが成功する秘訣だ。

俺はナンパの考え方もやり

もっとみる

「素人の体験談」を参考にするときの注意点

SNSが普及したことによって、個人の体験談が明るみに出る時代になりましたね〜。

テレビか新聞しか情報源がないときは、下手なこと書くと専門家からツッコミがあっただろうから、まだマシだったかもしれない。

でも今はハッキリ言って、有害な情報も溢れかえっている時代です。では、どうやって有害な情報と無害な情報を切り分ければいいんでしょうか?

「病気で切り分ける」のは間違い

私もうつ病に関する情報発信

もっとみる

父との最終決戦を終えて

note初投稿記事は、父との最終決戦への決意表明でした。(記事はこちらから)

その決戦が終わりました。

というより、土俵に上がっていたのは私だけでした。

そんな父との最終決戦の話を、記録として残そうと思います。

みなさんにとって、何か有益なことが書いてるわけでもないので、気が向いた方だけ読んでください。

決戦は、自分との決戦だった

私は、初めてのnoteに書いた文章を、ほぼそのまま父親

もっとみる
よければ、シェアしてくださると嬉しくてジャンプします!
18

自己肯定感は低いけど、自信はまぁまぁあります

タイトル読んで「は?何言ってんの?」と思われるかもしれませんw

というわけでまずは、辞書を引いてみましょう。

自己肯定感とは?

自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する語。 自己否定の感情と対をなす感情とされる。

引用:https://www.weblio.jp/content/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%82%AF%E5%A

もっとみる

昔に戻りたいなんて1ミリも思わなくなった理由

衝撃的なエピソードがあるんすよ。しかも体験したのは昨日ね。

うだるような暑さの中、タオルケットに巻きつくほどキンキンに冷やした部屋の中で、眠りに落ちた。夢の中で15年前に戻った。現在の記憶を持って

次に何が起こるのか、なんとなくわかってしまう。大きな出来事は覚えているので、サブライズ感まっったくなし。

同じ空間にいながら、まるで自分だけが異空間に存在しているかのような違和感。

相手の本音も

もっとみる

【ねこやま便りvol97】100点ではない85点ライフって最高!厳選レシピ付き

皆様、こんにちは(*‘∀‘)
100点満点より及第点が好きな、ねこやまです!

子供の頃、学校のテストで何点を取られていましたか?
私は30点の算数のテストを、家の隣の田んぼに埋めたことがあります。

学校の先生から手渡されるテストに刻まれた、三桁の名誉。
思わず周囲に見えるように持ちながら、席に戻るあの瞬間…。

テストにおける、100点満点。
あの幸福感と達成感は、子供ながらに最高でした。

もっとみる

話の通じない相手は無視しましょう

話が通じない相手で特に多いのが、自分の考えが絶対に正しいと思って相手の考えを受け入れない頑固タイプ。

このタイプの人は客観的に自分を見れないので、相手の気持ちを推し量ることができない。

人の気持ちに配慮するなら「誰だって自分の話は聞いてほしい」ってことが理解できるはず。傲慢で人の話を聞かないってことはこれに気づいていないので、かなり手に負えない状態ですわ。

こういう人に対して「注意してあげた

もっとみる

精神疾患における『身体症状』は、シャレにならない地獄である。

こんばんは。速水真ほ です。
復職期間なのに、全く出勤できなくて
毎日、頓服を飲んで震えています。

さて、本題に入りますが
精神疾患、というと

落ち込み、とか
自殺願望、とか
情緒不安定、とかが
取り沙汰されがちですが

なかなかどうして
「身体症状」のエグさは
あまりクローズアップされてない気がします。

身体症状、とは
文字通り、肉体にあらわれる症状のことで

精神疾患の場合、どのような身

もっとみる

パートナーが疾患を抱えた時の対処法が少な過ぎる件

こんばんは。速水真ほ です。

このタイトルは、私が note を始めた理由といっても、過言ではありません。

現在メンタルをはじめとした疾患については、様々なメディアを通じて情報提供が進んでおり、
こんな言い方もアレですが、少しずつ認知されてきているのかな、と思います。

しかし、そのパートナーが「どう接したらいいのか」「何を気をつけた方が良いのか」の情報が、全然少ない気がします。

いや、少な

もっとみる