入門書

2冊目の本『絶望しないための貧困学』が発売されました!

本日(7月9日)、僕自身にとって2冊目の単著となる『絶望しないための貧困学』が発売されました。

この本は、2015年に初単著として刊行した『すぐそばにある「貧困」』を、新書化したものです。
新書化にあたり、一部、加筆しているほか、データ等をアップデートし、巻末で表紙のイラストを描いてくれている漫画家の柏木ハルコさん(小学館ビッグコミックスピリッツで『健康で文化的な最低限度の生活』連載中)と対談も

もっとみる

著書「[新版] デザイナーになる! MdN」の特長! デザイン入門書。いま、デザイナーを目指す、すべての人へ。確実に「デザイナーになる」には??

「いま、デザイナーを目指す、すべての人へ。」 ようこそ、永井弘人(アトオシ)です!

さて、今回は、確実に「デザイナーになる」には? そもそも、「デザイナー」とは?? というお話をします。

そして、その話しをわかりやすくするため、「2019年5月27日(月)」に、MdNさんから発売される、私の著書「[新版] デザイナーになる! 伝えるレイアウト・色・文字の大切な基本と生かし方」の特長をお伝えしな

もっとみる
私も大スキです! スキスキスキスキ、イッキュウ入魂。
57

「デザイナー」とは、「自ら目的を定め、目的を形にできる人」。

ただいま、私の著書、「[新版] デザイナーになる! 伝えるレイアウト・色・文字の大切な基本と生かし方」の特長紹介noteを執筆中です✏️

【 ◎絶賛、予約受付中!】→ https://amzn.to/2USvPvi

大当たり! 今日も明日もその先も、笑顔のままで過ごすでしょう☺️!
23

中級者の受難

プログラミングを始めるのにamazonさんで検索。

入門書はある。
5冊ぐらい。

専門書もある。
2〜3冊程度。

でも中級者向けがない。

手芸や洋裁の本も同じ。

入口はある。階段がなくて二階のフロアが頭上に浮いてる。

先に進むには、
大枚はたいてスクールに入るか、
Google、YouTubeを駆使して独学するか。

なかなか道は険しい。

中級者向けがないのは、8割がた脱落者というこ

もっとみる

PICマイコンを使うのにあたっての入門書

後閑 哲也さんの新刊がでた。

アマゾンに平成の最後の日に発注して令和の最初の日に受け取って、ぱらぱら見てたんですけど、入門者には難しい感じです。(待ちきれずに紙の本を買いましたが、電子書籍になる予定はあるそうです)「108のレシピ」と108のトピックスがあるのですが、これが約300ページに詰め込まれていて、一つのレシピあたり平均3ページ弱しか割り当てられず、ここに回路図とプログラムが書いてありま

もっとみる

読書感想文『教養としての哲学』

たかでございます。

平成が今日で終わりますね。ただ仕事柄,日付の感覚が無く「月が変わる」という認識の方が大きかったりします。

ただ,今回の退位についていろいろと議論すべき点がある「生涯在位のありかた」,「皇位継承のこと」などむしろそちらの方に興味があったりします。今後,政府内で議論されることもあるそうなので注目したいと思っています。

さて,そんな平成最後の日に読書感想文を書いてみました。

もっとみる

『人間交際術』

アドルフ・F・V・クニッゲ
服部千佳子 訳 『人間交際術』

200年以上も前から世界で読まれている本書。

人間の性格について細かく書かれている章があり、
自分の身近な人がどのタイプに当てはまるのか考えて
読む事が出来ます。
また、自分はどのタイプで、傾向を知ることにより
これからの人との付き合い方を考えるのも楽しいです。

どんなふうに生きていきたいと思っていても、
生きていく以上は人と関わら

もっとみる

『平常心のコツ』

植西聰『平常心のコツ』
この『コツ』も好きな本のシリーズで、
よく購入しています。 『コツ』シリーズは見出し語+副題があり、
その内容は全て2ページで書かれています。

ページをめくると、次の見出し語(1/93の言葉)になるので
開いたページだけで完結し、読みやすいのが特徴です。

さらに、その詳しい文章中にも
大事なワードが太字で書かれているので
読書が得意でない方にも試し読みしてもらいたいと

もっとみる

『あなたがなりうる最高のあなたになる方法』

ジェリー・ミンチントン  和訳 弓場隆
『あなたがなりうる最高のあなたになる方法』

最近は出版社の中で、
この出版社ならこうだろうな…という傾向が
大体掴めるようになってきて、
それを予想しながら読む楽しさも出てきました。

その中でも特にDiscoverの書籍が
そういう意味では楽しいです!

この本の和訳出版は2015年にされているので
比較的現代よりの自己啓発本になっている
印象があります

もっとみる

司馬遼太郎さんの勉強法が凄い!

かなりまえに、「竜馬がゆく」「翔ぶが如く」で有名な日本最大の歴史小説家の、司馬遼太郎さんの勉強法について書かれていたものを読んで、感銘を受けたことを思い出しました。

 司馬さんといえば、「竜馬がゆく」を執筆したとき、坂本龍馬に関する資料を3000冊集めたそうで、その時神保町の古書店では、坂本龍馬の本が全て消えたという伝説を持っています。

 書庫係だった秘書さんのエピソードでも、街道をゆくを作っ

もっとみる