新しい視点をゲットだぜ!

少し前、埼玉県にある芝園団地の事務局長・岡崎 広樹さんの講演を聞きに行ってきました。
岡崎さんのプロフィールはこちら。

https://www.mskj.or.jp/profile/okazaki.html

芝園団地は、約5,000人が暮らす巨大団地です。
それをまとめるだけでも大変そうですが、
そのうち半数以上、約2,700人が外国人だそうです。

住民同士の生活問題の軋轢、外部からを差別活

もっとみる

西洋と東洋のシェアリング🤝

ビル群の中に神社や竹アートがあるのを見ると、何だかカオスだなと思います🏙⛩🎍


ビルは西洋社会でできたものですが、神社や竹アートは日本社会でできました。


かなり違う文化なのに同じ場所にあるのが不思議です。

在日外国人の知られざる現状とその闇

品川の入国在留管理局に行って来ました

実際行ってみて、
感じた事・学んだ事がたくさんあるので、
それを皆さんとシェアしたいと思います⭐️
  
  

在留管理局とは?

まずその前に、
在留管理局について簡単に説明します
    
日本にはいくつか(品川、牛久、長野)の在留管理局があって
そこでは、外国人が在留資格の更新をしたり、難民・移民申請等色々な手続きをしています
   
実はその隣の建

もっとみる

あなたがどんな色だとしても、きっと一緒に生きることができると思うんだ。

「個性」とか「存在意義」といったような言葉をよく耳にします。そして、「俺は誰なんだ」「私は、何もできていない」「私って、どんなカラー?」という相談を受けることがあります。

私は、その問いかけに対して、「私からはこんな素敵な色に見えるよ」とか、「あなたはあなたのままでいいんだよ」と伝えることは出来ても、なんだかずっと、自分が紡ぐ言葉が薄っぺらく感じて嫌でした。

私がアカリノタネの大家になっている

もっとみる

新しい消費体験 〜ゆるく、明るく〜

このあいだこちらで書かせていただいたのですが、消費モデルが「AISAS」から「SAUSE」へ変化したという記事を見つけたとき、どんどんと持続可能な循環型社会への進化が進んでいることを嬉しく思いました〜。

消費スタイルは「所有」→「共有」に移行しているって。

ワクワク*

そして、このことは、ABD(アクティブ・ブック・ダイアローグ)を体験したときにも思いました!

もはや、本(知識)を

もっとみる

さぁ、これからだ!

初の上智大学へ行って来ました。

チャイムの音が鳴り響き懐かしい感じです。夕刻、授業が終わりこれからバイトでしょうか? 学生たちが下校しています。

長年の眠りから覚めた世界

さてそんな中、6号館で開催された「映像が伝える、東京1964パラリンピック -当時の躍動感が 今 上智で蘇る-」に参加してきました。 無料でいいのっていうくらいの上映付き講演、学生たちも交え授業のような嬉しいイベントで

もっとみる

今日も歩いて、企てて

ナイフで身を切られるような事件、事故、自然災害…、急かせか時短社会…、隣の芝生は青く見える的な比べるから生じる格差社会などなど…

先日、ふと海を無性に見たくなり家から近いみなとみらいの海へと足を運んだ。

帰り道…

神奈川県のJR関内駅に、ピアノがポツンと置いてあった。

あっ、まさにBS番組の街ピアノだ。 ついに世界の駅から身近な日本の駅に来たか、と静かに頷いた。

白髪まじりの初老やダブル

もっとみる

胸を張って「生きづらい」と叫ぶ権利は、ぼくにあるのでしょうか

「生きづらい」とか「助けて」って言うことは、勇気がいることだなと思います。それは、自分で自分を「弱い」と言ってしまうようなことだと思うから。だから、とてもこわいなって思うんです。

でも、どうして「弱い」と告白することがこわいんだろう、とも思うんです。弱いと、だれかに狙われるから?

いや、それとも、「強くなければいけない」「自分の責任は自分で」という誰かのメッセージを自らのうちに内在化させてしま

もっとみる