00:00 | 00:30

今日のガイダンス情報~

夏至前で、すべての過去は赦されたようです。

全体的に夏至以降の今は、人がフォーカスしたところが活性化するみたい。

2019/6/10〜22 Twitter星読みまとめ 振り返り

★現在星読みは不定期更新。

6/10 空はまだまだ上弦の月モード。グランドクロスや長方形が浮かび心揺れる星模様
ずっと見ない振りをしていた心の傷。再度湧き上がる想い。自分で自分を縛っていたことことからの解放。罪悪感も解き放ち、泣きたいときは思い切って泣きましょう
見えないものこそ大切に
#乙女座上弦の月 #星読み

精神的に「キツい、苦しい」と思うことも多々ありそうですね。自己矛盾と葛藤も。

もっとみる

変化は見える世界より少しだけ早く、静かに、でも確実に、はじまっているんだ

人を変えられない、というけれど
あれはもうちょっと言葉を足す必要があって

「自分の思い通り」には、変えられない
というのがほんとうのところだとおもう

誰かに対して
変わってほしいとか
影響を及ぼしたいとか
そんな思いに駆られたときは

「自分の思い通り」に変えたい
と願う自分の気持ちの根っこにある「恐れ」に
気がつくときなのだとおもう

そのことが、そのひとが
「自分の思い通り」に変わってくれ

もっとみる

2019年 夏至、小暑

梅雨の晴れ間。

モノクロ。

蒼の世界。

それぞれの一歩。

旬、真っ赤なルビー。

裏山寺。垂水遺跡。

もっとみる

この一週間のこと

盛りだくさんでありました。

●夏至祭

フィンランドでは夏の訪れを祝います。夏至祭の前日からAskolaに住む友だちのカリタさんとミッコさんのお家に滞在し、庭の植物を見て回ったり、自習したり、ごちそうをたらふくいただいたり、自習したり、当日はLoviisaという街へ行ってフリマ巡りを楽しんだり、自習したり、翌日はOrimattilaに住む彼らの友人を訪ねたり、自習したり、最終日は私の好きないちご

もっとみる

夏至を超えて2

大事なこと書きわすれてた!

23日の夜中、それはそれはお腹がいたくて、
横になってうずくまっていたときに聞こえてきたのは、

本当はわかっているのにどうしてちゃんとやらないの?
まだ周りから浮かないようにしているの?

という声。
誰の声かはわからない。ハイヤーセルフからかな。
でも、これ統合のことだ、とすぐにピンときた。
理由は特にないけど、そう思った。
その声に対する私の答えは、

そうなの

もっとみる

トーベとオーランド、メッツァのミッドサマー

フィンランドとスウェーデンの中間に位置する島「オーランド」をテーマにしたメッツァの夏至祭―ミッドサマーフェスティバルが、6/22から7/7まで開催中です。

北欧の人々にとって、夏至はクリスマスと同じくらい重要な行事の1つで、1年で一番日の長い夏至をお祝いするその週末は、都市部を離れ、パーティーをしたり、のんびりしながら友人や家族と過ごすのが一般的です。
同じ北欧でもスウェーデンでは、メイポールと

もっとみる