【20190816】寝る前に、その日あった楽しいことを3つ書き出すと幸せになれる

1.息子の添い寝での寝かしつけに成功

最近はご飯の後にミルクを飲んで
そのまま寝落ちすることが多かったけれど
それでも寝ない場合はずっと妻が添い寝をして寝かしつけていた。
僕が添い寝しても泣きながら妻を求めてなかなか寝てくれなかったけれど
今日は僕にくっつきながら寝落ちしてくれた。
一日中一緒にいて、
たくさん笑わせてもらって
たくさん困らせてもらって
たくさん優しい気持ちにしてくれた。
おやす

もっとみる

スグ効くおやすみ絵本がほんとに効いた話。

とても久しぶりの投稿です。近況も書きたいところですが、興奮冷めやらぬうちに本題を。

0歳の娘の話です。今まで大きな病気をすることもなく、ご飯もよく食べ、少しの間ひとり遊びもできる比較的手のかからない子です。

ただ一つ寝かしつけを除いては…

生まれたての昼夜逆転が落ち着く生後3,4ヶ月の頃は授乳やオムツ替えを済ませ、暗いところに連れていけばひとりでに寝てくれていました。手こずる日でも少し抱っこ

もっとみる

4ヶ月突入の気付き

0歳児の成長速度がオカシイと言うのをヒシヒシ感じてます。

最近のむすめっこちゃんダイジェスト

・一時期哺乳瓶拒否で完母になってしまうかと思いきや、鼻吸いして、乳首消毒をミルトンやめたらまた飲むようになったのでギリギリ混合キープ
・湿疹は薬で落ち着いた、けど暑い日外に出るとダメだ…
・斜頸のしこりはまだあるけどぐるんぐるん好きな方向は向いていそう
・首はすわった気がする、疲れちゃうとだらーん

もっとみる

【20190728】寝る前に、その日あった楽しいことを3つ書き出すと幸せになれる

1.山間の寿司屋を三兄弟で満喫

兄2人が新幹線の時間があるのであまり長く滞在できなかったけれど
僕がすきな寿司屋に2人を連れて行けてよかった。
相変わらずのコスパの良さ。
何度来てもなぜあの場所で、
こんな新鮮な魚が安く食べられるのか不思議だ。
次回は近くの温泉宿に泊まって、
この寿司屋でビールを飲みながら満喫しよう。

2.仕事で2物件見たけれど、やっぱり我が家がすき

ほぼ同世代のひとが

もっとみる

小さい子のあやし方

赤ちゃんは泣くのが仕事、といいますが、うちの娘は激しく泣くと無呼吸発作を起こすということが、産んですぐわかりました。

新米ママだった私は、娘が発作を起こさないように、あやし方を必死に工夫する日々・・・

という、経緯のせいか、小さい子をあやすのが、ちょっと得意になりました。

1、おむつが汚れていないか

2、お腹が空いていないか

3、もしかして具合が悪いのか?(熱計ったり、身をよじったり変な

もっとみる

息子へ「愛しているよ」と伝えて眠る

僕は息子を寝かしつけるとき、息子に愛の言葉を伝えている。

「パパはきみを愛しているよ」
「今日も楽しい1日をありがとう」

枕に頭をつけ、目を閉じて眠りそうな息子の背中をトントンしながら、僕は息子にそれらの言葉をかける。

すると息子は、僕の手を握ってきたり、手のひらに唇をつけてきたりする。
彼は僕が発する言葉が、自分への愛情だとなんとなくわかっているのだろう。

最近では、「パパ、チュー」と言

もっとみる
いいね!をありがとうございます。よろしければツイッターもご覧ください。
8

睡眠と発育

日本の乳幼児の睡眠時間はずば抜けて短いです。
何人かの専門家は子供の発達障害を含めた問題行動や学力低下との相関性をかなり古くから指摘し続けてきました。

欧米では2歳児あたりまでは19時に寝かせる習慣が徹底しています。
(絵本に出てくるベッドタイムが日本の絵本と欧米の絵本で違います)。オーストラリアでは一般的な家庭では小学生あたりまで19時に寝かせています。
息子が三才手前の時に21時に毎日寝かせ

もっとみる

おやすみ小さなひと

我が家の2歳児を寝かしつけるため、色々な歌を歌っている。

小学生の頃、音楽の授業を真面目に受けている自分に対して、なんでそんなに真面目なのかと自問自答したっけ。

真面目なやつってカッコ悪いって、皆ちっちゃいくせに冷笑的な雰囲気でさ。

まあ単純に歌が楽しかったとかその程度の事だったのだけれど。もしあの頃の自分に会えるなら、ちゃんと将来役に立ったぜって言ってあげたいね。

童謡や唱歌のレパートリ

もっとみる

【子育てhack】新米パパに教えてあげたら大絶賛だった寝かしつけ方法

寝かしつけに苦労していた新米パパメンバーに教えてあげたところ大絶賛だった寝かしつけ方法。
誰かの役に立つかもしれないので共有させていただきます。

お風呂に入れたら寝室直行!

コレだけ。
ホントにコレで寝るの?ウチは寝たんです。
私がワンオペ育児をしながら、いろんな情報から試行錯誤を繰り返して行き着いた方法なのですが、自分なりの分析も含めてご紹介しておきます。

1:体温が下がる時に眠りに入りや

もっとみる