敏感肌

秋めいてきましたねー。
季節の移ろいで、私のお肌も変化しています。
近々、基礎化粧品のその後を更新予定です。(ただ今、新アイテム検証中。)

エステサロン時代のショッキングな舞台裏3(ニキビ肌のころの写真アリ)

前回までのお話はこちらです^^

前回までのお話の出来事があったころ、私のニキビ肌は人生史上ピークを迎えていました💦

日本の大手化粧品業界第4位のエステサロンにいても、そこの化粧品を使っても、治るどころかひどくなる一方だったんです。
お客様のお手本にならなければいけないのに、恥ずかしくてしょうがなかった!

その頃の私のおでこニキビの写真がありますので、公開させていただきます!
きれいな写真で

もっとみる

エステサロン時代のショッキングな舞台裏2

第1話はこちら↓

さすがに私はお客様との信頼関係においてこのままでは…
と危機感を感じ、独学で化粧品成分の勉強を始めました。

それだけでは納得できず、食べ物や食事法についても勉強を始めました。

その過程で得た知識から、お客様が使っている化粧品の成分を見てはアドバイスをし、他社さんの化粧品であっても成分の内容がいいと思ったものは継続して使っていただくようにアドバイスしていました。

もちろんそ

もっとみる

エステサロン時代のショッキングな舞台裏

今でこそ肌の仕組みや化粧品成分のことを語れるまでになった私ですが

2度目の妊娠・出産を経験してから数年間、ホルモンバランスが変わったせいか、それまで悩んだことのなかったニキビや頭皮の猛烈なかゆみなどに長期間悩まされていました。(当時のニキビ肌の写真は第3話で載せますね!)

そういうこともあり、2人目が2才になったころ、かねてより興味のあった美容と健康についてもっと深く知って肌悩みを改善したいと

もっとみる

スキンケアについて

私は現在36歳なのですが、
30歳を過ぎてから色々な方に
【アンチエイジング】についてのご質問をよくいただきます。

そんなに大した事をしていない
&もっと詳しい方が沢山いらっしゃるので
私が発信するほどではないのでは?と思っていたのですが、
先日、Twitterで皆様にお尋ねしたところ
思いのほか反響があったので
noteにまとめる事にしました。

オンラインでもオフラインでも1番良く聞かれるの

もっとみる
ありがとうございます✨リクエストもお待ちしております😊💕
15

3 病院という手段を知った日

自分は強いと思いながら生きてきたけど、何も強さを表せる事なんてなくて、ただひたすらダメージを受けないように生きてきただけ。

肌が人より薄いらしい。
粉はたいたら、水分がぶっ飛んでなくなる。
かゆい
かゆい

ほんで粉ファンデーションは受けつけなくて、いつしかクリーム状の色付き日焼け止めに切り替わっていた。

アイライン、マスカラ、クリームチーク
クマ隠しの少しのアイシャドウ。
それでここまでやら

もっとみる

2 肌の悩みとの心理戦。

ちょっとずつ自分の大丈バナイラインが動き出してからは、さてどのように対処していこうか考えました。このあたりは40婦人部皆さん一緒の考え方でしょうね。私の場合はこうです。

・高い基礎化粧品

ド○ホ○ンリ○クル
○Kツー

これは実際過去に手を出していた商品。どちらも素晴らしいものでした。ただ、安いモノより高いモノのほうが効くに決まってると頭にあったからってのが半分と、残りの半分は肌がビックリして

もっとみる

1 お肌の悩み

私、39歳。

このくらいの年齢って、悪あがきの年齢じゃあないですか?

服装や髪型に気をつければなんとか年相応、もしくは無理のない若さはまだ保てるはず。

と、私はおもってるんです。

仕事や環境で個人差はあるけれど、まだなんとかなるでしょ、っていう。

私の場合はそんな感じです。

だけど徐々に大丈夫と大丈夫じゃないラインがじわりじわり、そろりそろりと移動し始めてます。

それを感じるのが顔の

もっとみる

敏感肌デビュー

こんにちは。Lichico(@lichiconote)です。

30歳になって約1週間が経ちましたが、どうやら本格的に敏感肌デビューしてしまったようです。思えば皮膚トラブルの多い8月でした。

毛虫皮膚炎?

毛虫皮膚炎で検索して出てくる症例写真のごとく、脇や腕、鼠蹊部や足に湿疹が出ました。痒みはほとんどなかったのですが、すごい見た目になっていたため皮膚科を受診。虫刺されが原因のアレルギー反応かも

もっとみる

お肌が乾燥する方へ。その原因は何?

こんにちは♪
スキンケアコスメアナリストのあおいです。

今日は乾燥肌になる原因をまとめてみました。

原因と対策がわかれば
「空気が乾燥しているから仕方ない」
と諦めなくてもちゃんと解決できますよ♪

乾燥肌になる原因

・スキンケア・メイク化粧品の成分
・間違ったクレンジング、洗顔
・紫外線対策不足
・体内外の水分不足
・ある食品の摂取不足
・ある食品のとりすぎ

など色々と原因があります。

もっとみる