映画原作

【映画】 「ジョゼと虎と魚たち」を見て原作も読んでみた

暑くて寝れなくなった深夜1時、逃げるようにリビングに降りてきて
お決まりのNetflixを開いた

そうして、何を見ようかと物色し、
ふと田辺聖子さんが亡くなった記事を思い出した

そして選んだのが『ジョゼと虎と魚たち』。

久しぶりに「この映画好きだーー」と思った
こんな形の愛を見たことがなかったから
こんなに口が悪くて可愛らしくてまっすぐな弱くて強い主人公を
見たことがなかったから。
そんなジ

もっとみる

「マイ・ブックショップ」は地元セレブの勝手な村興しに巻き込まれた本屋さんの話

あんまり知られてないんでどこにも言及したことないんだけど、実はペネロピ・フィッツジェラルドという作家はずっと好きな1人。イギリス独特のちょっと皮肉混じりで穏やかなdisりが特徴的なんだけど、そこに人間に対する愛が感じられる彼女の言い回しが心地よくて。マーガレット・アトウッドといい、私はこういうウィットのある文章を書く人が好きなんだなぁww

ペネロピは学生結婚したアル中のダンナを支えて文芸誌やって

もっとみる

※原作フリー素材※

原作が欲しい方、
無料でお使いいただけます。
(作品数220点以上)

こんな方に。
・絵を描くのは好きだけど、物語をつくるのが苦手な方。
・SNSに載せる「四ページ漫画」の原作が欲しい方。
・同人誌を企画したものの、原稿が集まらない方。
・依頼した原稿が間に合わず、穴埋め用の原稿が入り用な方。
・自主制作映画やアニメをつくりたい方。
・演劇の原作を探している方。
・小説創作AIなど、人工知能の機

もっとみる

読んでない本の書評46「キャロル」

234グラム。なかなかボリュームのある青春恋愛小説と思って読んでいたら途中からまさかの大陸横断ロードノベル。

19歳のテレーズと美人人妻キャロルの恋物語。
 巻末の解説によれば「『キャロル』が発表された1951年はマッカーシズムの赤狩り旋風が吹き荒れるまっただなかであり、同性愛者もまた、国家の人間の健康を心身ともにむしばむ、犯罪予備軍とみなされ、苛烈な弾圧を受けていた時代でした。」
  当初は別

もっとみる

マルコとの夜 5

「そう。おかげで連中は掌を返したように我々を尊敬するようになった。街でも一躍名士扱いさ。しかし、わしはそんな暮らしに嫌気がさす一方だった。三年間はどうにか我慢したが、とうとう耐えきれなくなって、今度はわし一人で再び東方への旅に出たいと思うようになった」
「おお…」少年は小さく感嘆の声を上げる。

「ただ、その当時、ヴェネッツィアはエジプト貿易を巡ってジェノヴァと小競り合いを繰り返していた。そして、

もっとみる

この夏はカメラを持って外に出よう♪

#夏に見たい映画

『世界でいちばん長い写真』
この作品は実話を基にした誉田哲也さんの同名小説の映画化で今週末から全国順次公開になるらしい。イオンでチラシを見かけたのでほぼ全国で公開されると思っていいと思います。文部科学省選定だし。

原作者の誉田哲也さんといえばストロベリーナイトなどの姫川玲子シリーズが有名で個人的には推理小説(しかもダーク系)作家のイメージ。例外的に武士道シリーズがあるが...

もっとみる

才能ってなんだろう?まっすぐな主人公と歩く、羊と鋼の森。

才能について悩んだことがある全ての人に、読んで欲しい。

裏方にいて、自分のしていることって意味があるのかなと悩んだことがある人にも、読んで欲しい。

そんな本が、宮下奈都の「羊と鋼の森」だ。

深い調律という森の中で、自分が正しい方向に進んでいるのかもわからず、その森にいて良いのかもわからず、悩む主人公が少しずつ調律されていく。

調律を森に例える美しい描写につられて、私はそのストーリーに少しず

もっとみる

6月1日公開! 映画「ビューティフル・デイ」監督リン・ラムジー、原作を語る

監督・脚本・製作:リン・ラムジー/ Lynne Ramsay
1969年12月5日、スコットランド・グラスゴー出身。
イギリス国立映画テレビ学校の卒業制作として制作した短編『Small Deathes』(未)で、96年度カンヌ国際映画祭審査員賞受賞。長編映画デビューとなった『ボクと空と麦畑』(99)はカンヌ国際映画祭ある視点部門で上映され、エディンバラ国際映画祭ではオープニングを飾り、ガーディアン

もっとみる

リチャード・コネルの『最も危険なゲーム The Most Dangerous Game』

「右に寄った方に――どのあたりだったかな――大きな島があるんだ」ホイットニーが言った。「ちょっとミステリアスな話で…」

 「何て島なんだい?」レインズフォードは尋ねた。

 「古い地図には『シップトラップ(船罠)島』とある」ホイットニーは答えた。「どうだい、思わせぶりな名前じゃないか?船乗り達はあそこに妙な恐怖心を持っていてね。理由は知らんが。何か迷信でも…」

 「見えないな」レインズフォード

もっとみる