木の器

六月二十五日火曜日

ウォールナットの器に胡桃油を塗布。

久しぶりの本格的な磨き作業。

最初の工程で抜けがないか気をつける。

透明感がでてくると、もう一息で完成。

峠を越えた安堵感が出る。

ミスがないよう最終段階の仕上げ。

六月二十一日金曜日

今はだいたい三本の鑿で製作しております。
平鑿、丸鑿、極浅丸です。

以前はもう少し多く使っておりました。
小刀も使っておりましたが、今はほとんど使うことがなくなりました。

今、作業台の道具箱には、三本の鑿と毛引き、差し金、鉛筆、消しゴム、ラバー付き手袋などが入っています。

夕方から雷雨になるそうです。
日が陰り、部屋を抜けて行く風が少し冷たくなりました。

6月18日火曜日 ツバメの巣を見上げたりして。

こんにちは。本日は朝に商品発送をしまして、そのあとツバメの巣を見上げたりして、スプーンとトレイ皿を作っております。

先日ツバメの巣が落とされ、数日後に再建されましたが、この新たに作られた巣は、以前の持ち主(ツバメ)さんが再建されたのでしょうか?それとも、まったく別のツバメさんなのでしょうか?
とりあえず、立ち入ったことは聞きにくいので、静かに見守ります。

写真のトレイ皿は無塗装ですので、パン皿

もっとみる

桜の木のスプーン。小。デザートなどに。

しばらくの間、スプーンを作ることをやめていました。4年以上作りませんでした。趣味で始めた木工で最初に作ったのがスプーンでした。趣味とはいえ、200本くらい作ったのではないでしょうか。

時たま、クラフトフェアに出たり、雑貨屋さんに納品したりもしましたが、あくまでも務め仕事をしながらの製作でした。アパートの居間で音をたてないようにしながら作っていました。

仕事や家庭の事情で作ったり作れなかったりで

もっとみる

円い皿

ここのところ、いつも四角い皿ばかり作っていました。たまにはと思い、久しぶりに円い皿を作りました。

円い縁の線と鑿の刃の大きさが気持ちかみ合わず、少々てこずりました。細かいところに目が行き過ぎると、泥沼にはまってしまうので、あくまでもざっくりざっくりと彫り進めました。

力の抜けた感じに仕上がったので、とても満足しております。

お菓子やパン皿にお使いいただけそうです。

木材の仕入れ

こんにちは。昼から暑くなり、夕方は雨が降りそうな黒い雲が出てきました。

午前中の所用が終わった後に、お昼から木材の仕入れに行ってきました。材木屋さんは岡山市内で、美作市からですと1時間半といったところでしょうか。ですから半日がかりの仕入れになります。

今日は栗の木を目当てに行きました。所狭しと並んでいる木材の間を歩いて好みの木を探していると、あっという間に時間が過ぎていきます。今日も途中で材木

もっとみる

青空木工舎 ~木の日用品~

青空木工舎では主に無垢の木と胡桃油を素材に、カトラリーやうつわ、トレイなどの木の日用品を製作しています。

 

場所は岡山県美作市。県北の小さな町です。

山が近いため、陽が傾きはじめると、あっという間に黄昏時をむかえます。

秋から冬にかけて霧が多く、山に登ると雲海を見ることができます。

 

青空木工舎の手作りの木の日用品が、お客様の日常生活の豊かさにつながれば幸いです。

なにとぞよろし

もっとみる