クリスチャン・ボルタンスキーにプレゼンの極意を見た!

少し前の話になりますが、国立国際美術館にてクリスチャン・ボルタンスキーを見てきました。

皆さんにとって芸術とは、アートとは一言で言うとどんなものでしょう?noteご利用の方なら自分なりのご意見をお持ちの方も多くいらっしゃると思います。

私自身はと言うと、これまでそういった首題に向き合ったこともなく、考えたことすらありませんでした。要は「わかりまへん」が私の答えでした。

今回、妻が見てみたいと

もっとみる

22歳なんて、夢と希望しかないじゃん。

写真を撮る習慣がなさすぎて、自分の写真がない。(約1年前のお写真あげるスタイル)

こんにちは、おたまです。
最近、ちょこちょことワークショップを開いています。今回はその思いや感じることについて少し。

内容は、どれも「自分」「生きる」に関するもの。
・過去の自分
・未来の自分
・人との関わりのなかから見える自分 等々。

それは、
今のわたしが考えたい・向き合いたいテーマであることが大きいこと

もっとみる

言語化する

だいぶ休憩を挟みましたね。。。

本題を書こうと思います。

タイトルにも書きました
言語化するということ。

これがかなり大切だと改めて思わされました。

私はコミュ障です。
SNSや文を書くのに苦はなく
伝えたいことが伝わってると思います。

自慢じゃないですが、佳作に入選したこともあります。

ではなぜ、対面だと話せない聞いてもらえないのか。
それは感情が話にのっていない。
思ったことをすぐ

もっとみる

風邪と花粉症

花粉症シーズン中は、風邪の引き始めをミスることが多い。

引く前のなんとなく風邪引きそう、というタイミングでエキナセアを飲めばかなりの確率で回避出来るのに、気付くのは抗ヒスタミン剤が効かなくて、これは…というパターン。ちなみにエキナセアは風邪を引く直前に気付いて取れれば最強です。

幸い今回は3日くらいで良くなったのですが、感覚的にあまり食事を取らなかったのが良かったのかもと思っています。絶不調の

もっとみる

今、自分の父親を振り返ってみることが必要なひとのためのリーディングメッセージ(男性向け)

男性視点で読んでいます。女性の場合は自分のなかの男性的な面として読んでください☆彡

父親、という存在は男性にとっては鏡のよう。もうひとりの自分として向き合うことで、今のあなたの人生に必要なエッセンスを解いてゆきます。

選択肢4択あります。①~④から選んでください。
数字、もしくは絵からビビッドに感じるものを選んでください☆ ( 注:絵とリーディング内容は関係ありません )

下段にリーディング

もっとみる

あなたにコーヒーを入れてくれた社員に、「ありがとう」と言おう

「ありがとう」の大切さ

会社内で、コーヒーを入れてもらった際に、「ありがとう」と言うのは、誰でも出来ていると思う。

ただ、お客様や業者の打ち合わせ際に、入れてもらった時はどうだろうか。

コーヒーやお茶を入れてくれる社員を、「空気のような存在」として扱っていないだろうか。

どんなに熱弁していても、「ありがとう」と言うべきである。

中には、「話を遮ってまで、するべきなのか?」と思うかも知れな

もっとみる

「この人、伸びるな!」という人の共通点

社内営業

僕の勤めている会社は、転職組が98%を占める。

そのおかげもあって、即戦力になる人には「ある共通点」があることに、気づいた。

その共通点とは、「年齢問わず社内のスタッフに対して、謙虚な姿勢を貫いた人」であることが分かった。

つまり、前職でどれだけ偉かろうが、まずは謙虚な姿勢で社内とのコミニケーションを図るべきである。

謙虚さに欠ける人は、社内営業が出来ていない。
社内営業が出来

もっとみる

私の夫は私が夜でかけても怒らない。

月刊マガジン「京都くらしの編集室」に記事をいれるため、有料にしていますが、最後まで無料で読めます。

月刊マガジンでは、こんなことをつらつらと書いています。

1ヶ月500円で約20記事くらい読めるので、月額購読の方がずっ〜とお得になっています。

よかったら、ご購読お願いします〜!

✄------------✄-----------✄

「お母さん」というものは、夜出かけることがあるなら、夕飯

もっとみる

自炊連休、満たさ連休

三連休、遠出はせず終わってしまった。27歳の貴重な時間。家にいたら、なにも楽しいことに出会えない。

と、思っていた。

けど、出会った。

♢♢♢

自炊に出会った。エンカウントした。
自炊って良いもんだわ。自分のために、作ってあげる。上手にできたら、自分のこと褒めてあげる。

自炊といっても、カット野菜をふんだんに使うんだけど。笑
美味しければおっけ。あと野菜取れればおっけ。

キャベツのコン

もっとみる

「呪い」になったアドバイス

今(2019年7月)、ニュージーランド在住のナラティブ・セラピストである国重浩一さん=コウさんが日本に一時帰国されています。 ワークショップや学会で、全国各地を回られた模様です。

(ナラティブ・セラピーとは何か?については、こちらをご覧下さい)

幸いなことに、7月11日と12日の2日間、コウさんと時間をともにすることができました。たった2日間、時間数にすれば4時間+6時間=10時間のことでした

もっとみる