夜用ホルダータイプ、布ナプキン。

こんにちは。

今日は、

【夜用ホルダータイプ布ナプキン】のご紹介です。

パンティーライナー、から冷え予防用のポカポカライナー。日中帯の生理用ナプキンを日常的に使っている人も、夜はやっぱり、長時間取り替え出来ないので漏れが心配。

そんな方の為に、お尻まですっぽりカバー。夜用ナプキンができました!

ロングタイプよりも、更にお尻部分をまんまるにデザイン。 

こちらも全て、ラオス🇱🇦の女性

もっとみる

月経カップの正しい消毒方法、知っていますか?

月経カップの正しい消毒方法、ご存知ですか?

ネットでは正しくない消毒方法や洗浄方法等が結構紹介されていてびっくりしています💦
一番正しい消毒・洗浄方法は購入した月経カップのブランドが紹介しているものに基づいて実施することですが、どこの月経カップでも基本的には煮沸消毒が推奨されています!

煮沸消毒の仕方
1. 鍋に水を入れ、沸騰させる
2. 月経カップを入れ、3-5分ほど煮る
※煮ている間、月

もっとみる

私のおりもの事情

ほんとおりものシート付けないと下着が黄ばむ。
何でこんな体質なんだろうと恨んだし今でも恨めしい。

動かないとあまり汚れないが仕事してると動くよね。蒸れるよね。
だから守るために出す・・みたいな。出すなや。

おりものシートって化学繊維で出来て裏側は接着面だから風通し悪く余計おりものの臭いが悪化して布ナプキン購入した。

使って洗ってると黄ばみが染みついて取れなくなる。

・・・干してると悲しくな

もっとみる

【生理の味方】月経カップ1回使うと快適すぎて手放せない!使い方や本音を徹底的に解説する

ぬーです。

生理ナプキンの蒸れから解放されたいと思いませんか?

膣に挿入するタイプの生理用品、月経カップ

月経カップを知った当初はそういうイメージでした。
そこから色々調べて知識はついた、けど実際使ってみないとわからないこともやっぱり多いですよね。
使い始めて3周期くらいたったので、感想をかいてみようと思います。

月経カップ気になってるなー

って人はぜひ読んでみてください!

【生理の味

もっとみる
今日の運勢は中吉!無理せずほどほどに頑張ってくださいね!
4

『お尻を守る ―ナプキンとの戦い―』

ある年齢までやってくる。
女性に。

だいたい月に1回。
期間は1週間くらい。

そう。
お月さま。

生理である。

その期間の体調の変化は人それぞれ。
ひとくくりにできないのだ。

男性諸君は経験することがないため、それは分からない。
当たり前だ。

目の前でその期間、苦しんでいると察知したら、さりげなく温かなお茶など渡してくれたらありがたい。

さりげなくだ。

でないと「セクハラ!!キィー

もっとみる

月経の悩みと偏頭痛。

台風の気圧の影響で偏頭痛になり、季節の変わり目は自律神経を整えることが出来ない。昔から風が強く吹いている日は、偏頭痛になる。薬飲んでも痛みは変わらない時もあるから、寝込む。

1番の悩みは季節の変わり目が怖い。
それと同時に女の子日が大抵重なる…
身体はだるく、頭は痛いしお腹は激痛、腰激痛になる。貧血になる前に鉄分補給も欠かさない!

今月は2日遅れてる。毎度のことだけど。
なんとなく、予感は的中

もっとみる

生理休暇について

今日は、いつもと趣向を変えて(?)
多くの女性の悩みの種であると思われる、
生理(月経)について、私が伝えたいことを
書きます。

ぜひ、女性だけでなく、男性の方にも読んで
頂きたいと思います。

目次
1.生理は、女性が毎月生まれ変わる為のもの
2.現代女性の月経トラブルの2大原因は、
 「コリ」と「冷え」
3.少子化対策は、女性が明るく元氣な社会
 であってこそ
4.生理ナプキンが誕生する前は

もっとみる

使ってみたい生理用アイテム、5選。

とにかく生理は憂鬱だ。

私はPMSがひどく、月のうち数日は全快で働けないことがある。関節痛やむくみといった身体面、抑うつや不安感といったメンタル面の症状によるものだ。

特にメンタルの症状では、「怠けているだけではないのか」「本当はもっとできるはずなのに」と自分を責めがちになる(「自己否定」もPMSの症状とされる)。

しかし、フェムテック市場の成長とともに、"生理"界には新しい風が吹いている。

もっとみる

ブルーな周期をミニマムに

多くの女性に毎月やってくるブルーな周期・・・

自分の匂いが気になったり、うっかりスカートを汚していないか気になったり、そもそもお手洗いに行くのが億劫になったりしていました。

これらの憂鬱をかなり軽減してくれたもの。

それは「月経カップ」です。最近ではかなり知られるようになっているようで、少しずつ店頭販売も始まっているようです。

私は使い始めて4年ほどですが、今では、なくてはならない存在にな

もっとみる