安倍晋三と山本太郎 街頭演説を変えた二人

恒例になったラスト演説地 秋葉原

 2009年に民主党に政権を奪取された自民党。3年以上も雌伏の歳月を要して、2012年の衆院選で大勝を収めて政権を奪還した。このときの衆院選最終日、安倍晋三自民党総裁が街頭演説のファイナルの地に選んだのが、秋葉原駅の電気街口だった。

 自民党のみならず、秋葉原駅で街頭演説をする場合、それまで多くの議員・候補者は中央口を選んでいた。実際、2010年の参院選におい

もっとみる

ぎばさちゃん福島第一原発へ!

2017/3/30に福島第一原子力発電所に視察に行った時のレポートをぎばさちゃんが主人公のマンガとして描きました!これまでマンガを描いたことがないので拙い内容ですが。

事故の報道は繰り返し行われても「どう改善されたか?」はメディアにはあまり出てきません。2019年7月現在はまた様子が変わっているところもありますが、「どう前に進んでいるのか?」はわかる内容になっていると思います。

元々はコミケで

もっとみる

選挙いきましたか? 期日前にいった方が空いてて楽です☺️ 誰でも簡単に投票先を決められる方法をお教えします🗳

だいぶ前に、将来の人々のために選挙に行きました🗳

投票日は混むと思うので、空いているうちに済ませました。

投票いくのがめんどう

誰にも投票したくない

投票したい人がいない

政治に興味ない

政治よくわからない

わたし/おれが行ってもどうせ変わらない

選挙いっても意味ない

白紙投票という選択をしている

誰が政治家になっても国民の生活はよくならな

もっとみる
私の記事をスキしていただいたあなたに送ります。スキ!
7

福島に芽生える2つの復興とは

Yahoo!ニュース個人でこんな記事を書きました。読んでもらえると嬉しいです。

2年ちょっと前、福島第一原発に視察に行ったときと今がどう変わったのか、どんなものが生まれ、復興を目指しているのか、この目で確かめたかったので、久々に行ってきました。

紹介したJヴィレッジと東京電力廃炉資料館はもとより、少しでも多くの方にこのエリアを訪れてほしいと思います。

もっとみる

ロシアバレエの歴史(メモ)

50000年前:ロシア・アルタイ山脈デニソワ洞窟でティアラ?が見つかる
ネアンデルタール人とデニソワ人さらにサピエンスの交流
みんなで仲良く輪になって踊っていたかもね♪

1712 ピョートル1世が帝都をモスクワからペテルブルクに遷都
1738 サンクトペテルブルグ舞踊学校創立
1760 フランツ・ ヒルファーディングの演劇バレエ
1841『ジゼル』フランスで初演、作曲はアドルフ・アダン、振付はジ

もっとみる

7月6日(土)中央競馬予想(福島6,12R・中京3,10,12R・函館8,11R)◎カメリアテソーロ☆ユイノチョッパー◎キンショービコー☆オールウェイズゼア◎メイショウヤシャ☆ワンダーエカルテ☆ジャズファンク

<お知らせ>
①仕事とのバランスが中々取れないので平日の南関予想については大井・川崎は基本毎日、浦和・船橋は不定期で継続していきます。
②見解や短評については時間の関係で省く可能性もあります。
③南関競馬は全レース自信度を(高・並・低)の3段階で記載、
中央競馬は勝負レースの有無を記載しております。
④(南関競馬予想のみ)各レース毎に記載している【馬券】項目はあくまでも推奨ですので、実際に購入され

もっとみる

フクシマからの報告 2019年春    原発事故難民3人を再訪       帰郷・失望 単身帰還 隣町避難    8年後の今も事故前の暮らしは戻らず

ここに一枚の写真がある。福島第一原発事故から約半年後の2011年9月5日、山形県米沢市で撮影したものだ。原発事故直後から撮りためてきた写真アーカイブを探してみたら、出てきた。

 木幡(こはた)竜一さん(左)と但野(ただの)雄一さんが写っている。当時、二人は福島県南相馬市から避難して、米沢市の小さなビジネスホテルを避難所として割り当てられていた。そこを訪ねた時のものだ。

 それに先立つ2011年

もっとみる

北海道無料旅行・5 福島第一原発の近くにあったパチンコホール

長かったレンタカー回送旅行も最後。仙台の謎カプセルホテルから一般道をギリギリまで南下し、回送レンタカー返却地の千葉県新鎌ヶ谷駅を目指します。

福島と宮城の県境で見た津波の跡

仙台から千葉へ向かうには常磐道を使います。原発事故以降しばらくは常磐道も通行止めでした。東北道二本松インターから何時間もかけて南相馬まで行ったものです。

現在は常磐道だけでなく一般道の国道6号も通れるようで、下道をどこま

もっとみる

自作詩『紅』(Kurenai)

自作詩『紅』(Kurenai) ※第26回え〜ほん絵本原画展出展作品

あふれ出すおもいでは弄ばれて 行き場もなく彷徨い

ただ人だけが 何もなかったかのように 忘れたふりをする

都合のいい言葉を並べて演出しても そこかしこに廃墟は立ち並び

美しき花とフレコンバッグのコントラストは より一層虚しさを呼び覚ます

もうこれ以上 おもいでをこわさないで。

もっとみる

福ちゃんと島ちゃんの故郷を訪ねる旅~請戸漁港・請戸小学校・慰霊碑③~

浪江町の請戸漁港へ行かせて貰いました。
見晴台にあがり周りを見渡すと震災前の街はなく爪痕が今もなお残っています。

(上)被災前の請戸

(下)現在の請戸

反対側を向くと漁港があります。漁船が何隻もあり思わず嬉しくなりました。東日本大震災の津波で被災し、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が2017年3月まで続いた請戸漁港。2018年1月に復活したそうです。

津波で被災した福島県浪江町の請戸

もっとみる