私だけの図書館の意義

きっと世界中の人が知ってる、今更なことを言います!
「図書館って便利だね♡」
ついでにもう一つ。「サラダって美味しいね♡」

はい、図書館の便利さとサラダの美味しさを最近再確認した、ヤスコです。
図書館の何が便利ってね。読みたかった本を読めることが便利なんじゃないんです。読みたかったはずの本だけど、手に取って借りただけですっかり満足してしまえて、「本当は読みたかったんじゃなかった」ということに気づ

もっとみる

積ん読中にブックガイドを買うという功罪

ブックオフの活字単行本200円コーナーでブックガイドを発見。普通なら気軽にカゴに入れるのだが、現在我が家の積み本の数は漫画、活字本合わせて数百冊‥(150を超えた辺りから数えるのをやめた)さらにこのところ激務が続いていて本を読むペースはめっきり落ちた。

そんな状態でブックガイドを買う事など積んである本たちが許してくれるわけがない。でも‥これ200円は安い。ここでスルーしたらもうこの値段で二度と遭

もっとみる
ありがとうございます!この「スキ」で今日も頑張れます!
10

No.205:それにしてもそのセレクトは

仕事でくたびれてくると、本を読むことは癒しなんだけど、どうしようもないくらいすくわれない話とか、自分の波長に合わない話をじっくり読むことが難しくなる。少なくとも自分はそうだし、何人かのリアルの友人たちからそういう話を聞いたことがある。

段々くたびれて、もう何もしたくない…というくらいになると、本当にバカバカしいくらいの勧善懲悪のラノベとかそういうのしか読めなくなる。ネガティブなことを受け入れるキ

もっとみる

考える技術・書く技術

本書では、考える技術について、考えるプロセスを間違えると、相手に自分の言いたいことを明確に伝えられないだけではなく、自分でも自分のいいたいことを不明確に解釈する可能性があり、時間の無駄かつ、無意味な伝達で終わる可能性があると注意喚起しています。
 そのために、さまざまな情報(事実や行動)を整理して要約(結論・示唆・推測・結果)し、アウトプットした思考の箇条書きを、関連性のあるロジックに基づいてグル

もっとみる

積ん読してる本は今すぐ処分したほうがいい

どうも、こんにちは

noteやTwitterのプロフィールに読書が好きですと書いてますが最近は全く本を読んでおらず活字に触れる機会といえばFGOのテキストくらいです。

全く趣味とかもないし、ほしい物が無いので本ばっかり買ってますが全然読んでないです。

最近は紙の本を買うことが多いです。つい先日までは電子派だったのですが電子だと読まないし、買ったことも忘れるし、面白くなかったら売れないので紙の

もっとみる

ときには文豪のように〜避暑地における合宿に関する一考察〜

きっかけは「積ん読」

本を読むことが好きだ。
2018年は183冊読んだ。2019年も、8月時点で110冊を超えている。

なかなかのペースで読んでいるはずなのだが、本棚にある未読の本は減らない。なんなら増えている。なぜなのか。

・ついつい買いすぎる
・買ったものの、ページを開くまでのハードルが高いものがある
・読み始めたが、いまいち進まない
様々な理由がある。一番目の理由が全ての元凶だという

もっとみる

タイトルは140字ないものねだから買えるしそれでおしまい

誰の味方でもありません #気ままに読書感想文

「まあ、こんな感じでいいかな」と思ったとき、誰もが「おじいちゃん」になってしまう。

古市さんの言葉はまっすぐと私たちの悩みに刺さる。

====
▶︎今回読んだ本はこちら

▶︎以前書いた、古市さんの別の本はこちら

「正論」を疑ってみること。いくら「正論」といえども、時代や環境が変われば「正しさ」は変わってしまう。完全無欠に見える「正論」に穴がある場合もある。

正論は諸刃の剣。
振り上げた方

もっとみる

読みたいことを、書けばいい。  #気ままに読書感想文

自分が読みたくて、自分のために調べる。
それを書き記すことが人生をおもしろくしてくれるし、自分の思い込みから解放してくれる。
何も知らずに生まれてきた中で、わかる、学ぶということ以上の幸せなんてないと、私は思う。

この本はnoteに書き尽くせないほど素敵なことばばかりで、それでも少しでも書き留めて、この温度感を残していたくて、書き連ねた。

=====

わたしが随筆を定義すると、こうなる。

もっとみる

なぜ、あなたの話はつまらないのか?

話は「フリオチ」があると面白くなる。

フリ:話の導線(前提)、聞き手に「こう進むだろうな」と思わす。
オチ:話の火薬(結果)、想定を裏切るような結末である。

面白い=共感

面白く伝えるために、必要な情報や要素をチョイスするようにしよう。
チョイスした要素をより面白く伝えるために順序を立てよう。
経験したことを話すと共感を生みやすい。