父母へ、私は元気です。  ありがとう。

誰にも言えなくて苦しいので書く。

昔離婚した元旦那の家族のことを思い出してばかりで寂しい。元旦那に対しては何も気持ちが無いけど、その家族が今でも好き。

当時は一人でしょっ中義親の家に遊びに行き、友達も連れて旅行に行ったり、弟や妹と出かけたりしていた。自分の家族は遠くにおり、旦那は途中から単身赴任になり、結構孤独な状況にも関わらず楽しく暮らせていたのは、楽しく温かい義家族と弟妹たちのお陰が大きい

もっとみる

10月13日

台風一過
多くの被害が出ていて
メディアを見ると
苦しくなるのに
気になって
追いかけてしまい
しんどくなる
という悪いクセ。
今日はなるべくノーメディアで生活した。

そんなこんなもあり
両実家に帰った。

夫が義父を小バカにした発言で
義父が珍しく怒っていたが
それを見て義母が
(義父がいなくなったあとに)
「なんかいつも突然キレるよね…」と一言。
私からしたら、確実に夫が悪いと思うんだけど…

もっとみる
ありがとう☆

【1】「許す」ことと「諦める」ことは違う。

最近、自分の中で大変根深い問題だった、「母を許せない」という問題と、「夫を許せない」という問題が、それぞれ小さいことかも知れないけれど、ひとつずつ解けた。

まずは、「夫を許せない」問題についての、事の顛末。

私は結婚前に義母に初めて会った時、「ああ、この人とは決定的に合わない」ということを理解していたけど、紆余曲折あって結婚する少し前に私が折れる形で義実家に同居を始め、そのまま入籍した。

もっとみる

義実家の連鎖図(雑)

寝る前にモヤモヤを吐き出したいので、書く。乱文なので、あしからずm(_ _)m

つい最近、義実家に行った。

義実家は、60代の義父母、80代の義祖母の2世帯家族だ。

義祖母がね‥うるっさい‼︎!笑

前々からちょこちょこ言われてたけど、「連れてこないから下の子が顔も覚えないで泣くさ!毎週末 来なさい!!」って‥今回10回は言われたぞ。

あのさぁ、月1でも多いんですけど。私自分のおばぁちゃん

もっとみる
うわぁ!ありがとうございます(o^^o)

解体新書 3

自身が得たインプットは使ってナンボ。自分の言葉・自分の血肉として得たものを活かす。そのアウトプットの場としてnoteに週5更新という目標を立て100日の継続を終えました。

節目という事もあり、ここらで改めて、自分のルーツ「ごとうはなぜ子育てを熱く考えるようになったのか」「ごとうのしたいことは何なのか」を振り返る機会を何度かに分けて作りたいと思います。

これまでも自己チューだった本noteが更に

もっとみる
ありがとうございます!また読んでもらえるよう頑張りますね♪
2

ダブルスタンダードという名の諸悪の根源

三十代になって心の底から思う‥というか思い知ってしまったこと。

おそらく、「何ひとつ問題のない家族」なんてものは、マジで存在しない。

煮詰めて煮詰めてドロッドロになった恨みつらみ墨汁を吐き出す前に、次々と問題がやってくる。いや、やってきたんじゃない。元からそこに存在していたのだ。ただ、その姿がくっきりとかたちとして浮かび上がってきただけ。

今回の件は、まだ直接被害を受けないと思うけど。という

もっとみる
うわぁ!ありがとうございます(o^^o)

おひるね

週末は義実家にいました。
前々からパパが泊まりで不在の予定で気が重かったので、
どうするか迷ったけれど、頼れるのだから頼ろう!という思いでやってきたのでした。

結果、多分失敗した。

もちろん義実家に来て助かる部分はあった、
でも今回は義実家に来たことで悪化した部分の方が大きかったように思う。

例えば、むすこがお昼寝できなかったこと。
「寝ない」というひとつの現象にたいして、わたしの感情はふた

もっとみる

フリーダム夫は帰省先でも自転車のり

そこに山があるから。

そう、それは仕方のないことなのです。
夫的には、ね。

◇◇◇

今年のお盆は久しぶりに夫の実家へ帰省した。

というのも、これまでサービス業だった夫と休みが重ならず、息子と夫だけで帰省してもらうことが多かったのだ。

正直、親戚付き合いが苦手な私は、気楽で助かるなぁと思っていた。帰省時における正しい嫁のあり方がわからないのだ。
色々情報はあるけれど、結局ケースバイケース。

もっとみる
心も晴れちゃう!
16