30分で書きました

はじめてのひとり旅をまだ覚えてる。

あのとき。2015年の10月、わたしは大阪から高速バスで香川へ向かった。そこからフェリーに乗って、小豆島へ渡った。しょうどしま。どうして小豆島を選んだのだったけ。

ひとりで旅した。はじめて、ひとりで。孤独はちょうどよかった。

カメラはGXR、そいつだけが相棒の旅だった。

まったくのノープラン。観光案内所で「どう観光したらいいでしょう」と聞いて、おばちゃんの言葉を参考に観光プランをその場で組ん

もっとみる
よろしければ、また明日もお会いしましょう。
16

なんども同じ本を読むこと。

十二国記の新刊、『白銀の墟 玄の月』の1〜2巻を引き続き読んでいる。これで、4回目。やっといろんなことの理解が深まってきた。ネットに転がっている善意の解説や図解(官吏たちの位や、軍の組織図など)なども照らし合わせながら、過去の作品も読み直していく。

わたしはひとつの作品をなんども読み直すのがすきだ。毎回、違った発見がある。それは読み落としていることがあるというのもあるけれど、読み手のわたしの状態

もっとみる
よろしければ、また明日もお会いしましょう。
11

あのね、って電話をかけて。

心に余裕がなくて、なかなかLINEの返事ができてない。なんならメッセンジャーもあんまり動かせてない。インスタに至っては使いこなせていないので、もう……。ブラジルに行っていたとあからさまな嘘をついて謝ったりする今日このごろ。

無職なのに。降り積もる罪悪感に肩身がせまい。糸が切れた凧以上のポンコツだ。

この世には二種類の人間がいる。即レスができる人間と、できない人間だ。
あなたは即レスができる側の

もっとみる
よろしければ、また明日もお会いしましょう。
20

秋と冬のことを考えてしまう。

少し冷えはじめた秋、朝カーテンを開けると、鈍く光る曇天が広がっていた。まだ秋、とはいえすでにどこかに冬の気配が忍び寄っているような気がして、気が重くなる。

どの季節がすきか? なんて友だちと雑談したりするけれど、わたしは春と秋がすきだ。薄着でいると、気持ちも軽くなる。花々は咲き、窓を開けている時間も増える。家にいても風を感じる時間も増えて、気持ちがいい。

やっぱり冬は、すきじゃない。まず日が暮

もっとみる
よろしければ、また明日もお会いしましょう。
12

わたしに十二国記が還ってきた。

18年ぶりに『十二国記』の書き下ろし長編が発売された。小学生のころからずっと読んできたファンのひとりとして、胸が熱くなった。

『十二国記』は多くのかたがご存知と思うけれど、ご紹介します。

1991年から読み継がれる小野不由美の代表作!
日本のファンタジー界に衝撃を与えた壮大な物語!

我々の棲む世界と、地図上にない異世界〈十二国〉とを舞台に繰り広げられる、壮大なファンタジー。
二つの世界は、「

もっとみる
よろしければ、また明日もお会いしましょう。
11

本を読んでる時間の心地よさ

こんにちは、こんばんは。くりたまきです。

朝、できるだけ早起きを心がけるようになって、本を読んでます。まずは本棚にある本を、読んだことあるものもそうじゃないものも。

本を読んでいる時間は、なんだか水中にいるような、時間やからだの重さが変化しているように感じる。特別な時間だ。

昔から、本はすきだった。小学生のときから図書館に通い続けていたし、高校のときは学校の図書館でZINEのようなものをつく

もっとみる
よろしければ、また明日もお会いしましょう。
12

食いしんぼうが出会った、ほっこりやみつきの茶碗蒸し。

わたしは、食いしんぼうである!

ちょっと恥ずかしいので、できるだけ堂々とのたまってみた。珍しいものじゃなく、おいしいものがすきだ。つまりただ高価なものではなく、ありふれててもおいしいほうがすきだし、慣れ親しんでいる。

今夜は、楽しいお食事会だった。和食の料理屋さんで、お刺身もぬた和えも、鰻巻き玉子焼きも……どれも大満足のお店だったのだけれど、なかでもとびきりで「これは家でつくってみよう!」と思

もっとみる
よろしければ、また明日もお会いしましょう。
11

お昼寝をしながら考えていルような。

あまりに書くことが思い浮かばなかったので、いま頭をからっぽにして書いています。そうです、からっぽなのです。けっこういつものことだけど。そんなんなら書かなくてもいいじゃんって言われるけど、これは排泄にも似ていて、書かないでいることも選べないでいて。

ってここまで書くとスルッと書ける。でもこの要らない前段も削らない。

お昼寝がクセになってしまったこのごろ、寝るのって最高だなあと、当たり前のことを思

もっとみる
よろしければ、また明日もお会いしましょう。
13

ふわふわでいたいなって。

東京から台風は過ぎ去ったようだけど、まだ水害などの恐れはあって、静けさがちょっぴり怖い23:30のいま。

家にこもっているだけで、とくに停電や断水などには見舞われず、過ごすことができた。

今日は台風のせいか体調もだるくて、本を読んだりカップラーメンを食べたりして、過ごした。ずっとニュースを見ていて、少しずつ心がかたくなるのを感じた。

そういうネガティブな気持ちを無くすことはできない。無いこと

もっとみる
よろしければ、また明日もお会いしましょう。
13

台風に備えるわくわく感。

あまり暗い気持ちになり過ぎても、ね。

明日、とてつもない台風がくる。交通手段はどれも計画運休、スーパーなどのお店もどこも臨時休業。今日はいたるところで水などが売り切れ。ニュースはずっとこれからの非常事態を伝えている。

命に関わるほどの台風だ。わたしの住む家は、水没などの心配はあまりない。建物の構造的に、屋根は飛ばないはずだ。できるだけの食料を用意してあるから、明日は家から出ないつもり。

台風

もっとみる
よろしければ、また明日もお会いしましょう。
29