ゆるむ

「ゆるむ」が最大の防御

今日から3日間、鎌倉に来ています

紫陽花が見頃の鎌倉

きっとすごい人なんでしょうねー

わたしがお借りしているお家は、そんな喧騒も蚊帳の外

静かです

ーーーーーー

仕事の時には、聞かれたらいつもおはなししてるんですが

筋肉を付ける が流行ってる昨今です

でも、「ゆるむ」ことが最大の防御です(キッパリ)

昨日も、「ハムストリングが弱いから筋トレしようかな」

って言われたんですが

もっとみる

ゆるむ大切さを教えてくれる体。

腰痛が酷くなって、接骨院に行ったら

だるくて、体が頑張りすぎてたんだなと

思って。

その反動なのか、痛みにも、凝りにも敏感で。

無意識に気を張ってる自分がいた。

ふっとさっきゆるんだら楽になって。

いつだって体は教えてくれるね。

力入りすぎてるよって。

その優しさに、体にいっぱい感謝が溢れるよ。

狂った熱源を抱えて

ゆれる視界 ゆがむ世界
平衡感覚を失い 頭が左右に振れる

布団の中は熱い 体は寒い
汗が気持ち悪い 節々が痛い

気づけばいつも天井を見ていた
飽きずに見続けた
見ていられる安定のもの

気づけばそこで思考していた
制御できない思考
思いもよらぬ言葉と出会える

ゆるんだ思考バルブ
ゆるんだ思考壁
その隙間から漏れ出す言葉

考えても出てこない
いつもと違う

狂った熱源に押し出されて
飛び出て

もっとみる

ホントにいいのかよ?

あー、またないものねだりしてるな。
時々立ち止まって意識しないと、「ない」ものばかりに目がいってる。

満たされてる部分には、目がいきにくい。
どうしても問題(って感じてるところ)に意識が行っちゃう。

そしたら、自分を責める。
ずっとこのループだったなあ。
ずっとこのループの中にいるんだから、何も変わらない。

自分が自分の一番の味方になれなかった。
自分を世界で一番不幸な人、にしてた。

まあ

もっとみる

劣等感、タスクとゆるむ。

最近、貧血や月経のことから「ゆるむ」ということを考えていたんだけど、わたしはゆるませること、休むことがとても苦手です。

時間いっぱい「何かをやらなくちゃ」とか「何か有益なことをやらなくちゃ」と思っている。いつも頭がパンパンでバタバタしているのはそのせいです。

なんでこう思うかっていうと、そもそもずっと仕事しながら創作活動をしてきたので、「時間が十分でないから多めに働かねばならない」と思ってきた

もっとみる

手応えはいらない

仕事でも、趣味でも、なんでも、手応えがあると、やった気になるし、達成感がありますよね。

でも、なんか楽に、適当にやったことの方が評価されたり、褒められたり、上手くいったり。

逆に、すごーく頑張ったのに、何でダメだったんだ?ってことも。

頑張ってる時って、誰かに評価されたい、認められたい、褒められたいとか、そういう承認欲求が働いていたり、自分の達成感を感じるためだったり。

それって、何か物足

もっとみる
これからも頑張ります^ ^ありがとうございます♪幸せをあなたに☆

音楽を描く'日々の記録 (ゆれる。ゆるむ)

場面

 大人の個人レッスン。

utenaのやり方で、音楽を基礎から取り組んでみる、という生徒さんと。

目的

最初は、広がる、というテーマでその実感をイメージしながらドローイングしていたのだけど、なんか…と呟く受講者さん。

もう一つ広がるという体感に繋がらなさそう。
ちょうど、この木の芽もつのぐむ季節でもあるし、
ゆるむとかゆれる、という気分に乗ってみるのもよいか、と。

楽器などによる演

もっとみる

伸ばすよりゆるめる

カラダは弛めること
伸ばしてはいけないです。

伸ばしたら縮みます。
ゆるめたらゆるみます。

カラダが硬い人は
ゆるむ事が出来ない人です。
ゆるむ事が出来ないのに
他人に無理に伸ばされたら
ギュッと抵抗するのは当たり前。
ココロと同じなんですから。

自分でゆっくりと
少し感覚を感じる程度伸ばしたら
ゆるんでくるのをじっと待ちます。

ゆるむ前は震えたり緊張したりする。
それはコ

もっとみる

「ゆるめる」ということについて

プロフィールにも書きましたが、私は未知のものに触れたり思考をすることが昔から好きで、特に現在は、所属や専門の枠にとらわれない越境的な学びの場に参加することが大きな楽しみの一つです。そういう場で得られた知見やそれをきっかけに考えたことなどを、せっかくなのでここに書き記していこうと思います。

昨日は株式会社ワークハピネス(私が所属するgCストーリーでワークショップをやってくださったこともある会社)の

もっとみる

緩めない人

なんだか今日はとてつもなくダルい。
そう思って、ひたすら布団にゴロゴロしていた。

 * * * * * * *

元々ゴロゴロするのは大好きだった。
ひとり暮らしの時は誰かとの約束さえなければ、やらなければならない持ち帰り仕事も、溜まっている掃除・洗濯なんかもそっちのけでダラついていた。

まころ(息子・2歳10ヶ月)を出産して以降、休みの日は特にだが
「(平日は保育所に行っている)まころとしっ

もっとみる