<1週間の贈り物🎁>vol.24

<今日の贈り物🎁><1週間の贈り物🎁>
#今日の贈り物🎁 #1週間の贈り物🎁

11/11(月)<今日の1ページ📖>
日部星花さん/「偽りの私達」🗝🏫
・人間自体の推理小説
・構成が出来ている 
・現役高校生作家
#今日の1ページ📖#日部星花 #偽りの私達 #推理小説 #隠し玉

11/12(火)<今日の1ライフ📚>
岡崎琢磨さん
・「日常の謎」の代表格
・珈琲×ミステリー

もっとみる

腕だけじゃないんだよ

美容師あるあるを言いたい。
(なんかの曲に乗せて言いたいけど、ここでは文章なので諦める。)

「指名のお客様が多い美容師さんは実はあんまり技術うまくない。または、この人上手いなーって思う美容師さんは指名のお客様少ない。」

もし身近に美容師さんがいたら、よかったら聞いてみてください笑

私がアシスタントをしてる時、たくさんの先輩の背中を見てる中で、これは凄く強く感じていました。
「この世界、技術職

もっとみる
嬉しいです!
9

前田裕二のメモ魔から 第5問

Q 幼少期の理想の職業は?
A 戦隊ヒーロー

理由は幼少期の僕は体が弱く、なにかと病院の世話になることが多かった。
だからそんな自分とは正反対にいる強くて優しいヒーローへの憧れからきたものだと思う。

子供って未体験や未知の事が多く世界観が限られてるので、自分の知っているものの中から理想の職業を選ぶ。
大抵の場合、周りの子供にも同世代の親がいて、与えられるものだったり見るものが同じだったりする。

もっとみる

欧米が備えてる枠組みに振り回される程度を意識的に抑える事で、現在の人類が持つ知的限界は乗り越えられるはず

2019-11-002

欧米が持つ枠組みの功罪を正確に把握できる程、
欧米が主導する領域でのその枠組みに振り回される程度を抑えやすくなるはずなので、
その正確把握は、近代以降を生きる者にとっての課題と言えるでしょうが、
近代の単なる延長線上でない新たな時代を目指す上でも、
特にその枠組みの限界についての理解は、より望ましい方向性を掴むのに重要と思います。

個人的にその限界として、反動的な解決ア

もっとみる
ありがとうございます
1

スーパースター「ソクラテス」

ある日の休日。

昼下がりカフェにて、友人と二人。

僕らは他愛もない話をただぼんやりと続けていた。

「そういえばこの前、米津玄師のライブ行ってきてん。」

「え〜そうなんや。でも僕、米津玄師聞かんからあんま分からんねんなあ。」

「お前、マジか?!この国で米津玄師聞かんやつおんの?!」

「いや、普通におるやろそんなん。なめんな。」

「じゃあ逆にどんなアーティスト聞くん?」

「僕はそうやな

もっとみる
スキをくれたあなたにいいことがありますように
22

主知主義

魂というのは、おもに3つに分かれているらしい。知性と意志と感情である。これは対立する相手があってのことで、相手に対して立ち位置をしめすときに、主知(または意・情)主義だと表す。

 だからこれといった基準がなく、ヒトによって微妙にちがう意味合いになっていることもある。そもそもギリシャ語から日本語に変換する過程で、変わってしまっている可能性だってある。これについてはまた後ほど。

 ソクラテスは、な

もっとみる

言葉 ~人間は社会的動物である~

人間は社会的動物である。アリストテレスが言ったと世間一般に思われているこの言葉。 実は少々の語弊があるみたいだ。アリストテレスは著書『政治学』において、人間は「zoon politikon(ポリス的動物)である」と述べている。
「ポリス」とは、都市、都市国家、市民権または市民による政体を指すギリシャ語。古代アテナイなど、古代ギリシャに関して使用される場合は「都市国家」と訳されることが通常。

アリ

もっとみる

「善く生きる」と「幸せ」はカンケイないんじゃね(後編)

どもども、ようこそ後編へ
興味を持ってくださりありがとうございます🙇

前編にて掲げたテーマ

「不満足なソクラテスは不幸なの?」
をまたまたわたしの超絶個人的な解釈で
解き進めてしまいます~!

わたしは不満足です

急に〜〜~ぶち込んですみません~~!
だがしかしそうなのです、
わたしはわたしに満足することが殆どありません。

だけどね、幸せなんです。

間違えないでほしいのは、わたしがここ

もっとみる

「善く生きる」と「幸せ」はカンケイないんじゃね(前編)

2本目のnoteにして早速哲学をぶち込んでしまいます。お許しください。
そして前編より後編のほうが面白くなる気がするのでフォローして待っていてください🙏

はじめに結論、言っちゃいます

さて、

「善く生きる」

この概念、皆さん聞いたことはありますよね、たぶん高校とかでちょっとやったはず。

そして、

「幸せ」

こやつについては誰しもが考えたことあるんじゃなかろうか。backnumber

もっとみる

無知の知とソクラテス

とある日に、デルフォイのアポロン神殿の巫女が、この世でソクラテスがいちばん賢いと言った。それを人伝に聞いたソクラテスは、なぜそういわれたのか不思議であった。

 というのもソクラテス自身は、自分は正義や善や美の意味など、なにも知らないのにという自覚があったからだ。それを確かめるために、ソクラテスは方々に行っては、いろんなヒトに論戦をしかける。

 最終的にはそれが原因のひとつになって、死刑判決を受

もっとみる